2005年11月発売編

Triangle SMAP 2005/11/23 新品購入 初登場1位 売上34.1万枚
1.Triangle
ライブや24時間テレビで歌われていた曲を要望に応えて緊急リリース。作詞作曲は『オレンジ』や&G『Wonderful Life』を作った市川喜康。どことなくこれらの曲に通じる良曲だ。歌詞のほうは平和を願うような内容になっている。『世界の一つだけの花』が反戦歌になってしまったのはさすがにどうかと思ったがこの曲くらいになって初めて反戦歌扱いにしてほしいものだ。今回も全員ソロがあるが、サビはそうでもないけどソロパートは少しキーが高すぎたのではないだろうか?テレビだと危なっかしくてしょうがない。CDで聞く感じだと中居もかなり「歌手」しているのだがやはり草なぎの声量がガタガタにダウンしているのが気になる。いや、元からこんなもんだったかな?

2.Piece of world
最近の大人っぽい路線の範囲内といった感じ。普通にいい曲。

評価★★★★★

コブクロ 2005/11/02 レンタル 初登場3位 売上43.1万枚
1.桜
コブクロ結成のきっかけとなった最初の1曲。黒田が旅人、小渕がサラリーマンだったときに路上で意気投合し、小渕が黒田に歌ってほしいと曲を書いたという。しかし黒田はギターが弾けなかったので小渕が弾き、黒田が歌った。メジャーデビュー後、音源化を試みたが納得が行かずセルフプロデュースとなり自信もついた今、ようやくのリリース。最初の1曲という点を考えるとかなりの名曲だと思う。1stアルバムの曲も路上時代の曲ばかりでそこそこいい曲は多いのだがそれと比べても格段にいい。

2.今と未来を繋ぐもの
バラード。普通にいい曲。

3.Starting Line
やはりバラード。普通にいい曲。『今と未来を繋ぐもの』より好き。

いい曲なので問題はないのだがさすがにバラード3連発は…。良さも半減してしまう…。

評価★★★★☆

ORANGE☆NIGHT 愛内里菜 2005/11/02 レンタル 初登場12位 売上1.5万枚
1.ORANGE☆NIGHT
パンクっぽいロック曲。何より声が地声のアニメ声のまま歌っている。異色作ながらこれまでのような何とも中途半端なロック路線よりも突き抜けてるこっちのが断然良い。声も慣れればそんなに気にならないし何気にけっこう気に入った。

2.CALL MY NAME
最近のC/Wにしてはかなり素晴らしい方かも。

3.抱きしめて
2曲目ほどではないが最近の中ではいいほう。復調の気配か?

評価★★★★☆

プレゼント 玉置浩二 2005/11/02 レンタル 初登場13位 売上4.0万枚
1.プレゼント
ドラマ「あいのうた」主題歌。サビよりも冒頭のアア〜アア〜♪の裏声の方が印象的。作詞は松井五郎なのだがドラマの内容ともリンクしていたのでドラマを見ていれば普通にはまる。しばらく玉置浩二から遠ざかっていたが久々に聞いた。やっぱいいね。

2.おいでよ 僕の国へ
路線的には同じような感じ。まあまあいい。

評価★★★★☆

ココロノコンパス 槇原敬之 2005/11/02 レンタル 初登場17位 売上1.2万枚
1.ココロノコンパス
ついにここまで来てしまったか…。ここ最近の曲は教訓ソングが続いてたわけだがあくまで「僕」が主人公であり「僕」が「気づき」それを教訓として実践したり良かったと思ったりする内容だった。しかし今回は「僕」は出てこず、全編マッキーから聞き手への「こうしようよ!」というメッセージになってしまった。教訓的内容もどんどんストレートになってきていたわけだがついに来るとこまで来てしまった。ポンとこの曲が出て来たならまだしもこれまでの流れからしてこんな曲が出てくるとさすがにウンザリしてしまう。だいたい歌ってる内容もここ最近の曲の繰り返しみたいな内容。そもそも曲もアレンジもなんかしっくりこない。

2.ゥンチャカ
みんなで楽しく歌い踊ろうというライブなんかでほのぼの盛り上がりそうな曲だが主張は悲しみや憎しみを捨てようみたいなテーマになっていてさらには世界平和も示唆するようなスケールのでかい話になっている。なんともかんとも…。

ここまでの流れからしてどんどん主張がエスカレートしてきている気がしてならない。真理なのは確かだが、毎度のように真理を連発した挙句にだんだん主張だけになっていく歌詞、ここまで来ると押し付けがましくなってくる。ついには「僕」不在、最初から最後まで直接教訓を歌った今回のシングルはここが頂点、総ざらい的な部分になればいいのだがこれ以上エスカレートしたらますますファンが離れると思う。

評価★★☆☆☆

もう一度君に Tourbillon 2005/11/02 レンタル用CCCD 初登場15位 売上1.1万枚
1.もう一度君に
3枚目はRYUICHI曲。7分に及ぶ大作バラード。静かな1番から2番でロックサウンドへ移行する。けっこうはまればはまる曲なのだがサビは裏声で案外シンプルだったりとシングルにするにはちょっと…。アルバムの中の名作といった感じ。あくまでアルバムの宣伝と割り切ったシングルだろうからあえてシングルにしたのかな?

2.FIORENTINA
RYUICHI曲。3枚目にしてようやくまともに歌の入ったアップテンポなC/W曲。なかなかいい感じ。

評価★★★☆☆

Growing of my heart 倉木麻衣 2005/11/09 レンタル 初登場7位 売上6.0万枚
1.Growing of my heart
大野愛果×葉山たけし。ついに倉木麻衣にも葉山たけしが!これまでと違って厚めの演奏。これまでと違うがZARDと同じにはなっていないのは葉山たけしの力量によるところか。この曲に関してはまあアリだとは思う。

2.Seven Nights
大野愛果×葉山たけし。Cybersoundとか今までのアレンジを葉山たけし風にやってみたような曲。シンプルなんだけど打ち込みの響きが違う。アレンジとしては好きなんだけど倉木の曲としては少々違和感が残る。なんだかんだこの声にはもっと乾いたリズムが似合うような。

3.Winter*Swear
Cybersoundが編曲だけなく作曲も手がけたことになっている。ただし公式ページでは作曲はMichael Africkとなっている。上の2曲と違い本来の倉木の乾いた雰囲気のサウンドが聞ける。曲自体も3曲目になっているわりにはもったいない出来。やはり倉木にはCybersoundが一番相性がよいというかしっくりくるなと思ったのだがこれがなんとけっこう前のストック曲らしい。アルバムでもCybersoundの姿はなかったので、しばらくCybersoundからは離れている事になる。Cybersoundカムバック!

評価★★★☆☆

WISH 2005/11/16 レンタル 初登場1位 売上30.1万枚
1.WISH
クリスマスという単語は出てこないがクリスマスっぽいポップソング。ソロパートもラップもないのであまり嵐らしい感じがしないのだがこれまでのラップなしの曲(『ナイスな心意気』『とまどいながら』とか)のつまらなさに比べると単純に曲がいいと感じた。

2.イチオクノホシ
こちらもラップなしの聞かせる曲。なかなか良い。

3.二人の記念日(通常盤のみ収録)
ジャニーズ商法により通常盤のみに収録されているこの曲だがここでやっと櫻井のラップが聞けるというのがセコイ。やはり彼のラップが来ると嵐だなと感じる。

評価★★★★☆

粉雪 レミオロメン 2005/11/16 レンタル 初登場4位 最高2位 
売上85.6万枚
1.粉雪
名バラード。ドラマ『1リットルの涙』で毎回いいところでかかりまくっていたのも印象深い。これまでのシングルと比べても圧倒的にヒット性があるような気がする。

2.No Border
特にコメントなし。

3.3/9 with Quartet
『3月9日』は小林武史に出会う前の曲だった。今回それを小林アレンジでリメイク。ほとんどストリングスだけで弱々しい感じになってしまいあまり好きじゃない方向に。

評価★★★★★

ジョバイロ/DON'T CALL ME CRAZY ポルノグラフィティ 2005/11/16 レンタル 初登場3位 売上18.7万枚
1.ジョバイロ
ak.honma曲。そこそこのインパクトはあるのだがこれまでに比べると…といった感じがする。とりあえず前作のどうしようもない失敗作よりは圧倒的にマシだがそれでも2人になってからはパワーダウンした気がしてならない。ドラマ主題歌だったがドラマは大コケ。

2.DON'T CALL ME CRAZY
晴一曲。両A面ということで通常よりは頑張っているが…といった感じ。

3.Free and Freedom
自作曲。う〜ん、特に何も言う事は…。

評価★★★☆☆

風花 森山直太朗 2005/11/16 レンタル 初登場10位 売上2.7万枚
1.風花
朝ドラ『風のハルカ』主題歌。見ているので毎日聞いているのでかなりCD聞く前からなじんでいた。ほとんど裏声なので歌いにくそうな曲。ただなんだかんだこの人のシングル曲に未だハズレはない

2.君とパスタの日々
特にコメントなし。

3.伝説
お得意の弾き語りなのだが実は弾き語り曲は長いしシンプルすぎておもしろくないのであまり好きじゃない。

元々作詞だけ連名だった御徒町凪という人物がいつの間にか作詞作曲で直太朗と連名になっている。完全な共同作業になっているようだ。

評価★★★★☆

晴れ時計 GARNET CROW 2005/11/23 レンタル 初登場13位 売上2.0万枚
1.晴れ時計
暗い曲の多いこの人たちの中ではかなり明るいポップソング。しかも明るいだけでなく前作に続いて勢いのあるアレンジ。何気に今までで一番好きかも。本来の彼ららしさはあまり感じないのだがそれでもやはり個人的にはこういう曲が好きである。

2.たとえば12月の夜に
3.CANDY POP
特にコメントなし。悪くない。

評価★★★★★

スター aiko 2005/11/30 レンタル 初登場4位 売上11.0万枚
1.スター
退屈バラード系。『おやすみなさい』『えりあし』『三国駅』とかに比べればけっこういいと思うが『キラキラ』をさしおいてまで紅白で歌う曲だろうか…。

2.蝶の羽飾り
3.こんぺいとう

C/Wに関しては特に何も。あまり聞かない。

評価★★★☆☆

青空のナミダ 高橋瞳 2005/11/30 レンタル 初登場8位 売上8.1万枚
1.青空のナミダ
アニメ『BLOOD+』主題歌ということで再びヒットになった今作。これで売れるなら前作だって売れていいはず。単にタイアップで売れているだけだな、これは。曲はけっこう安定していいし声もいいので個人的には好きなんだが今回は買わなかった。

2.もうひとつの夜明け
3.My Answer

なかなか良い曲だがこれらがアルバムに入ってくるとかなると途端に微妙に思えてくる。頼むからC/Wはなしで統一してくれ。

評価★★★★☆

冬の磁石 キンモクセイ 2005/11/30 レンタル 初登場49位 売上0.2万枚
1.冬の磁石
前作が夏全開だったが今回は冬全開。冬の冷たい空気が冒頭から全開になっている。この冬の空気が個人的にとても好きなので最初はイマイチかと思ったけど聞き込んだらけっこう好きな曲になった。

2.優しい人になりたい
初期に比べれば「あの頃の匂い」色を抑えたせいでかなりC/Wも聞けるようになってきた。

評価★★★★☆

戻る