2008年9月発売編

HANABI Mr.Children 2008/09/03 購入 初登場1位 売上48.5万枚
1.HANABI
ドラマ「コード・ブルー」主題歌。わりとバンドサウンドは控えめだが、バンドの音が確かに支えているという雰囲気のポップソング。前作の壮大さに比べるとこのくらいのポップ感の方が身近で良い。希望の見える歌詞も『GIFT』よりも実生活に寄り添っているというか。近年では『箒星』に続く大当たり。

2.タダダキアッテ
アルバム「シフクノオト」収録の「タガタメ」のリメイク曲。歌詞とメロディーは同じだが、カタカナだった歌詞が漢字に変換されている。というか元々はこっちが原曲だったらしいが、シリアスな歌詞とは対照的な徹底的なまでののほほんとしたアレンジが物凄いギャップ。シリアスな「タガタメ」アレンジからすると桜井もリラックスして歌っていて楽しい雰囲気。ただ「タガタメ」のシリアスな雰囲気に慣れているとやはり違和感は拭えない。

3.夏が終わる〜夏の日のオマージュ〜
しっとりした曲でタイトル通り、過ぎ行く夏にピッタリ。同時に何か遠い夏の日を思い出すような、それは実際の記憶とは違うイメージ的なもののような…。何だかいろいろ浮かんでくる。

さらに今回はCD-EXTRA仕様で「HANABI」のPVも見れる。バンドなのに桜井のソロカットが多い…。

印象度★★★★★

雨傘/
あきれるくらい 僕らは願おう
TOKIO 2008/09/03 レンタル 初登場2位 売上6.7万枚
1.雨傘
作詞作曲:椎名林檎、それだけでなく編曲も東京事変によるもの。中島みゆき以降連続してシンガーソングライターの提供はあったが、提供側のアレンジまでつくのは初。かなり高音のオシャレな曲。最初はなんだこりゃと思ったのだが聞くほどにはまってきた。中島みゆきの2作に続いて歌詞の方は奮い立たせてくれるような応援歌。オシャレなサウンドにバンド感もあるし、ここのところ装飾音が多いのが気になっていたのでけっこういいと思った。

2.渦中の男
通常盤のみ収録。2分ちょいで終わってしまうアップテンポなロック。同じく東京事変による提供曲。やはりキーが高く、高音絶叫気味で歌っている。これまでのTOKIOには無かった音だがこういうのならアリである。シンガーソングライター提供路線になってからは1番バンドっぽさを重視したのではないだろうか。

3.上昇思考
通常盤のみ収録。国分太一がボーカルをしている。元気ロックなアップテンポナンバー。国分の歌声は基本的にTOKIOの中で最もポップで明るいので、かなりハマっており、サビの広がり方とか何気に最高に突き抜けてて気持ちいい。何よりサウンドがしっかりロックバンドしているのもかっこいい。

4.あきれるくらい 僕らは願おう
両A面曲ということでDVD付では2曲目なのだが通常盤では4曲目になっている。通常盤の流れで聞くと、印象が薄く、あまりA面という気がしない。ポップロック系のバラードだが、上の3曲が良かったので何だか物足りないというか…。

今作より嵐と同じジャニーズ内のレーベル、J Stormへ移籍。ソニー→ユニバーサル→J Stormと3社を渡り歩くこととなった。

評価★★★★☆

紅と黒のMATADORA/
I LOVE YOUをさがしてる
GLAY 2008/09/10 レンタル 初登場2位 売上8.7万枚
1.紅と黒のMATADORA
偶然見たi tunesかなにかのレビューで「いつものGLAY」とだけ一言書かれていたのだが、実に的確な表現だ。いつものアップテンポロック版GLAYである。勢いはあるのだが、勢い以外に印象が残らない。軽くしか聞いてないと下手したらここ3作全部同じに聞こえてしまうのではないだろうか。何度も聞いてるとそれなりに馴染んではくるのだが、ここんとこはどうしても「いつものGLAY」の域を越えない…。

2.I LOVE YOUをさがしてる
そしてこちらは「いつものバラード版GLAY」。03年くらいからバラードは決まってこの路線。全盛期のような圧倒的なメロディーで聞く者を魅了するような派手さが皆無の、おとなしめのバラード。何だかすっかりお疲れモードなので、『時の雫』辺りからはお疲れ気味バラードなどとも呼んでいるが、ある程度の切なさとかはあるのだが、どうにも煮え切らない感じがする。それなりにいいことはいいんだけど、全盛期過ぎちゃった感がどうにもなぁ。『HOWEVER』に続くラブソングだとTAKUROが語ったらしいが、あの圧倒的な名曲と並べることは個人的にはとても出来ない…。

3.SUFFRAGETTE CITY
3作連続の3曲目カバー、今回はデヴィッド・ボウイのカバー。英語詞になっているとはいえ、サウンドはやっぱり「いつものGLAY」。何をやっても圧倒的にGLAYになってしまうのはある意味でこのバンドの最大の魅力かもしれない。そういう意味では最強の安定感。

印象度★★★☆☆

クラゲ、流れ星 大塚愛 2008/09/10 レンタル 初登場4位 売上4.7万枚
1.クラゲ、流れ星
超王道バラード。初めて聞いたときから既にどこかで聞いたことがあるような気分になった。それほどまでにデジャヴ感が強い曲だが、感想自体は普通にいい曲くらいしかない。

2.H2O
バンド色の強い楽曲。個人的にこういうバンドサウンドの方が好きだが、曲自体はあまり印象に残らず。

3.雨の粒、ワルツ〜LOVE MUSiC〜
ベスト盤にも収録された3rdアルバム表題曲のBメロを引用して、サビにして発展させたという曲。やはりシンプル系バラード。お得意なこの路線も、さすがに数が多すぎる気がして、印象に残らない。

ていうか今回借りたのは通常盤ジャケットのこれまでにない色っぽさに思わず手にとってしまったという曲関係ない理由だったりする。個人的にこれまでの中でベストオブジャケット

印象度★★★☆☆

さよなら 大好きな人 MARIA 2008/09/10 レンタル 初登場41位 売上0.2万枚
1.さよなら 大好きな人
00年の花*花の最大のヒット作のカバー。編曲は前作に続いて明石昌夫。原曲と同じようなフレーズをエレキギターで再現したロックっぽいイントロから、原曲同様に静かに歌いだすが、1パート終えるとアップテンポ化「Rock Version」と聞いて思い浮かべるような雰囲気そのままである。これはこれでかっこいいのだが、あえてこの曲をロックバージョンにする必然性は全く感じない。このタイミングでカバーというのもよく分からないし。

2.哀哭の果て
あゆか作詞作曲。やや暗めのロック調の楽曲。何故MARIAにイマイチ魅力を感じないかというと、やはり楽曲インパクト不足のような気がする。ZONEとは違うということで、バンド色は強いけど、適度なロック具合でこれといった方向性みたいなものはない。これまで上のカバー以外は全曲自作を貫いてはいるものの編曲には1度も参加してないので個性が出てこないのではないだろうか。

3.Break out
アップテンポ。サザンオールスターズ「BOHBO No.5」の印象的な進行「ジャッジャ〜ン、ジャララ〜、ジャッジャ〜ン♪」が連発される。もうそのたびに「BOHBO No.5」が思い出され、肝心の楽曲はメロディーは全く似ていないのだが印象には残らない。

印象度★★★☆☆

LIGHT IN YOUR HEART/Swing! V6 2008/09/17 レンタル 初登場1位 売上10.2万枚
1.LIGHT IN YOUR HEART
長野主演の映画「大決戦!超ウルトラ8兄弟」主題歌。昭和と平成以降のウルトラマンの中から選抜された8兄弟が活躍するという、新しい試みのウルトラ映画だが、その中でティガを演じていたのが長野だったので主題歌、という非常に分かりやすくもあるが何故にティガ?というねじ込み具合も感じる。デジロック調の曲。普通にいいが、ファン以外別に聞かないだろうなぁという気もする。

2.Swing!
パーティーラップ系のノリノリソング。とにかく楽しくていい感じだが、このキャリアでこういう曲を歌えるのはある意味でV6の強みでもあり、現在何故V6だけが一向に2,30万に達するようなロングヒットを5年以上も生み出せていないのか(平均値が低いタッキー&翼やTOKIOでもたまに30万クラスのヒットを出せる)という答えも同時に分かるような気がする。たくさん他にもジャニーズポップがある中で、あえてV6を手に取るほどの良さではないのだ。

3.Believe
通常盤のみ収録。小中学校の卒業式の定番曲のカバーらしいが、全く聞いた事が無かった。「学校へ行こう!MAX」終了にあたっての収録らしい。卒業式らしいさわやかでまっすぐな普遍的な名曲。

4.あの空
通常盤のみ収録。前作に比べればさわやかポップ色が強いのかな?この曲もなかなかに良かった。ただやはり何かもう少しこれぞ!という個性が足りない気はする。とにかく全部王道ジャニーズポップではあるんだけど…。

印象度★★★☆☆

あなたと 絢香×コブクロ 2008/09/17 レンタル 初登場2位 売上14.7万枚
1.あなたと
日産キューブのCMソングで、1曲+カラオケの555円と前作と形式が全く同じ。昨年には既にライブでは披露されていたという。前作はお互いの曲ではあまりないようなアップテンポでノリが良く、まさにコラボの賜物!という感じが凄くした。今回はお互いイメージの強いバラード。しかもコテコテ。驚きもインパクトもこの時点で格段に薄いし、いい曲ではあるがけっこう普通で前作には及ばない感じがする。相変わらず3人のハーモニーは凄いが、特に小渕は前作以上に裏声連発の高音コーラスを熱唱。絢香はメインメロディーでこれまた高い歌唱力を存分に示しているが、キーの低い黒田の印象が若干薄くなってしまった気がする。

印象度★★★☆☆

ペッパー警部 モーニング娘。 2008/09/17 レンタル 初登場3位 売上4.5万枚
1.ペッパー警部
76年のピンク・レディーのデビュー曲のカバー。大胆なリメイクはせずに、けっこう原曲の古さを感じるアレンジになっている。「LOVEマシーン」とか特にそのあとの「恋のダンスサイト」辺りは特にそうだろうけど、その時代だから売れたのであって、今になってみるとこんな飛び道具みたいなわけ分からん曲が何故売れたのか?という気になる。特にこの曲はリアルタイムでは知らないので、当時の映像とか見ても衣装といい振り付けといいギャグか悪夢かという気さえするがきっと当時はマジで売れていたのだろう。それにしても雰囲気が安っぽいのは原曲へのリスペクトなのだろうか…。ここんところはけっこう一時期よりも、いい曲が増えてきて復調しているように感じていたのでここでこういうカバーは残念。もっと全盛期にやってればもう少し話題になったんだろうけど、ただ単に紅白対策にしか思えない。ポイントは最後の道重さんの「ペッパー警部よ」の謎の台詞か。この人、歌よりもこういう台詞が多くないか?

2.ロマンス
こちらは75年の岩崎宏美の2ndシングルカバー。大ヒットした曲らしいが聞き覚えは無かった。やはりアレンジはかなり昭和テイストを含んで現代風で味付けしたという雰囲気。近年、作曲家を差し置いてやたらと賛美されまくり、さらに亡くなると物凄い勢いで大讃美されている作詞家の阿久悠大先生であるが、この人の凄さというのが功績的な話を聞けば凄い気はするんだけど、今改めて作品を通して見てもさっぱり分からない。この時代に活躍して現在も活躍中の今作の作曲家である筒美京平さんとかも、既にトリビュート盤などで賛美はされているが、そこまでではない。亡くなったりしたらこんなに賛美されるのだろうか?ていうか筒美京平は現在でもヒットを飛ばしているが、シンガーソングライターの台頭やメッセージ性やラブソングが受けるようになった時代の変化で、あまり意味自体はよく分からない雰囲気的なものである阿久悠の作詞は早い段階で時代に合わなくなってしまったのか、ヒットはあまりない。逆にそれが昭和という過去の時代の象徴という風に思い出の枠に閉じ込められ、「古きよきあの頃」的な部分が強くなって、やたら賛美されるのだろうか。いずれにせよ阿久悠の作詞作品のカバーアルバムをこの後、出すらしいが今のリスナーには作詞家だけがピックアップされるというこの状況はよく分からないのではないだろうか。

あとピンク・レディーのヒット曲って「ペッパー警部」も「UFO」もだいたいは都倉俊一さんが作曲しているのに、阿久悠=ピンク・レディーをヒットさせたみたいな印象になるようなテレビでの紹介の仕方ばかりされるのが疑問を抱いたきっかけである。

印象度★★★☆☆

戻る