BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー /モーニング娘。’17

2017年3月8日
通常盤A
初登場2位 売上8.8万枚

初回盤AとBにはそれぞれのMVを収録したDVD付。
一応Aが「BRAND NEW MORNING」メイン、Bが「ジェラシー ジェラシー」メインという扱いだが今回は曲順の入れ替えが施されておらず、Bでも1曲目は「BRAND NEW MORNING」となっている。
これ以外にSP盤が存在し、「モーニングコーヒー」のリメイクである「モーニングみそ汁」、AKB48のアルバム『サムネイル』Type-Aに収録された指原莉乃とのコラボ名義“サシニング娘。”の「Get you!」をシングルカットで追加収録している。

「モーニングみそ汁」は販路は限られているもののYou Tubeでは普通にMVが公開されているので、そちらで視聴可能




1.BRAND NEW MORNING

作詞:星部ショウ、作曲:Jean Luc Ponpon&星部ショウ、編曲:Jean Luc Ponpon
非つんく楽曲。20周年を意識して新時代を切り開こうという決意がみなぎる攻めの1曲。電子音主体でサウンド自体はここ最近の作風からそんなに離れてはいないが、つんく特有の妄想めいたお花畑系女の子目線の歌詞じゃなくて力強く未来を切り開こうとする歌詞も含めてけっこう本格的にカッコいいのがポイントだろうか。曲冒頭のラップめいた部分もつんくがやるとどこかユーモアが漂ってネタ要素が出てきてそれはそれで全盛期には味があったのも確かだけど(「ねぇ笑って」とかピースラップとか努力未来アビューティホォスターとか)、今回なんか普通にカッコいい
あと決意を秘めた強めの歌詞といい、衣装や一部の振付に若干の軍隊要素があり、欅坂46が昨年評価されたのを凄い勢いで取り入れてないか?というところもある。
★★★★☆

2.ジェラシー ジェラシー

作詞作曲:つんく、編曲:大久保薫
いつもの制作陣による曲で、方向性も電子音系でほぼいつも通り。こちらもカッコいい感じにはなっているが、歌詞が女の子のジェラシーというテーマでいかにもなつんく節と間奏のラップがどうしても関西ノリみたいな陽気さが出てしまうところで「BRAND NEW MORNING」と差がついている感じ。とりあえず3曲A面から解放され、両A面になった事で聞きやすくなった。2曲ともここ最近の時々1曲当たり、後はあまり覚えてない状態も脱して2曲ともいつもより良かった。
★★★☆☆

公式視聴リンク(3曲再生)

コメントを残す