アナタトミライヲ/浅岡雄也

2017年7月29日
自社通販・ライブ会場限定

7月30日のソロデビュー記念日に向け、Twitterではアルバム制作をほのめかし続けていたが、ソロデビュー14周年記念シングル。自主通販初期の頃はミニアルバムと言い張り、途中からはミニアルバムともシングルとも言わない曖昧な扱いとなっていたが今作では明確にシングルと明言されている。

これまで同様の超薄型のCD-Rケース仕様だが、前2作での市販CD-Rから銀色盤面のプレスCDへ戻った。β版と称した歌詞カードも無い格安CD-R(盤面の色素も薄いやつ)→歌詞カード復活&CD-R(色素が濃いやつ)→プレスCD、と前々作まで下がる一方だったグレードが2作連続で上昇した事に。

新曲は表題曲のみ。来るニューアルバムへの先行シングル的扱いになると思われる。

3~6曲目は「MinusOne」とされたカラオケバージョンを収録。要するに全演奏のうちボーカルパートを抜いているのでマイナスワンという事だと思われる。




1.アナタトミライヲ

ストレートなバンドサウンドによるストレートにアップテンポでストレートにさわやかなこれぞ浅岡雄也など真ん中王道の1曲。今作はサポートミュージシャンを呼んでのバンド演奏が復活していて真新しさは正直無いが期待通りの1曲。
★★★★☆

2.イマイルセカイヲアイデカザロウ_v2

今作発売時点で品切れになっていて入手不能な前作の別バージョン。ギター以外打ち込みで制作されていた原曲に対して「アナタトミライヲ」で招いたバンドメンバーによる演奏で再録音されている模様。このため基本アレンジはそのままだが、演奏の躍動感が増した。
★★★★☆

3.ヒカリハキミデボクハカゲデ_2017

09年のアルバム『ウタハトビラヲアケテユク』収録曲のリメイク。こちらは前2曲とは一転して全面打ち込み。ストレートなバンドサウンドの連発は直球すぎるところはあるが、ちょっとひねったりバンド風の打ち込みにするとパッとしない…となってしまうので結局ストレートなバンドサウンドの方がいいな…っていう。
★★★☆☆

自社通販限定

コメントを残す