Lie,Lie,Lie,/大黒摩季

2017年9月27日
初登場20位 売上0.34万枚
名探偵コナン盤、配信で「Mama forever」

Lie, Lie, Lie, (名探偵コナン盤)

通常盤が無く、2500円のBIG盤とアニメ仕様の名探偵コナン盤の2種発売

BIG盤はA4サイズスペシャルパッケージ仕様、スペシャル歌詞ブックレット、Rockin’ MaMa(大黒摩季・原田喧太・徳永暁人) コメント映像視聴用URL・QRコード封入、本人直筆メッセージ(プリント)入り、ピクチャーレーベル仕様。
3曲目の「Mama forever」はBIG盤のみの収録。
名探偵コナン盤は代わりに「Lie, Lie, Lie,(TV Size)」が収録されている。
InstrumentalはどちらもC/Wまで収録。

また配信ではTV sizeを先行配信し、CDと同時にBIG盤のInstrumental無しの形で配信したため、曲だけ入手したいなら配信では1/3以下の値段で全曲入手可能である。

シングルで2500円&巨大サイズという規格外のBIG盤を買わないと曲が揃わないという状況から復活に沸いたファンの買い控えも続出したのか、コナンタイアップの効果も弱くなっているとはいえ、休止前の最低迷期(ライダータイアップ前)とほぼ変わらない売上となった。




1.Lie,Lie,Lie,

アニメ『名探偵コナン』OP。編曲はRockin’ MaMaとなっているが徳永暁人が参加している。
コナンの主題歌がビーイングになったのが97年で、大黒摩季は99年まで在籍していたもののこの間「中華一番!」の主題歌はやったがコナンは回ってこなかったのでビーイングに復帰していきなり初コナン主題歌。いきなり派手なカード切ってきた勝負作は…ラテン調のノリによる情熱ナンバー。ダンス動画まで出してバズらせようという感じだが…なんか見事にコケてしまったような…。

ノリはいいんだけど単純に曲があまりパッとしない…。1曲1曲のインパクトの弱さはEMI移籍以降からの傾向なので久々の新曲で注目度は上がっていてもまあ劇的に良くなるわけもないか。アップテンポなのに5分を越えてなかなか終わらない…というところもあまり変化なし。
★★★☆☆

Lie,Lie,Lie,
大黒摩季
2017/09/27 ¥250

2.リベンジ

作曲が作曲:原田喧太・徳永暁人・大黒摩季の3人連名で編曲はRockin’ MaMa。ドラムが打ち込み全開の特撮タイアップみたいなロックナンバー。やはりメロディーの印象は薄いが佇まい自体は非常にカッコいい。ラテンでダンスするよりもこういったロックの方がカッコよく決まっていると思う。しかしやっぱり曲が長い。なぜこんなアッパーな曲で5分を越えてしまうのか。
★★★☆☆

リベンジ
大黒摩季
2017/09/27 ¥250

名探偵コナン盤のみ
3.Lie, Lie, Lie,(TV SIZE)

文字通りのコナンOPでかかっているショートサイズバージョン。サビ始まりの構成を変えず2ブロックも削らずに行っているので、サビ始まり2ブロック→普通に平メロ、と来たところでもう時間が足りなくなってしまい、その後のサビを途中でぶった切って終わってしまうというかなり強引な構成。本当に途中でサビが切られてしまった感じで中途半端な…。
★★★☆☆

Lie, Lie, Lie,(TV-size)
大黒摩季
2017/09/27 ¥250

BIG盤のみ(配信で入手)
3.Mama forever

自身のピアノ演奏による熱唱バラード。高齢で既に自由に動けない(らしき)母へのストレートな思いを綴った私的なメッセージソング。パブリックイメージのヒット曲とは異なる姿だが、EMI時代にはこの手のかなり私的な思いを綴ったような熱唱バラードもいくつかやっていて、そういった際の大黒摩季の感情のこもった熱唱はグッとくるものがある。相変わらずな曲の長さではあるけど、こういう曲は特別なものがあると思うのでこれでいいんだろう。また歌われているのは極めて私的な母への思いではあるが、高齢の親の介護を考える時、そこに直面した時には激しく心に響く曲になってくると思う。
★★★★☆

Mama forever
大黒摩季
2017/09/27 ¥250

Lie, Lie, Lie, (BIG盤) A4サイズスペシャルパッケージ仕様
大黒摩季
Being (2017-09-27)
売り上げランキング: 2,818
Lie, Lie, Lie, (名探偵コナン盤)
大黒摩季
Being (2017-09-27)
売り上げランキング: 2,197

コメントを残す