この日のチャイムを忘れない

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考

強き者よ

秋元康 上田晃司 野中“まさ”雄一 1stシングル 最高5位 売上2.7万枚

青空片想い

秋元康 島崎貴光 野中“まさ”雄一 2ndシングル 最高3位 売上5.1万枚

ごめんね、SUMMER

秋元康 俊龍 原田ナオ 3rdシングル 最高3位 売上9.6万枚

1!2!3!4!ヨロシク!

秋元康 ツキダタダシ 前口渉 4thシングル 最高2位 売上17.5万枚

バンザイVenus

秋元康 佐々倉有吾 野中“まさ”雄一 5thシングル 最高1位 売上27.5万枚

パレオはエメラルド

秋元康 五戸力 原田ナオ 6thシングル 最高1位 売上48.1万枚

オキドキ

秋元康 YUMA 武藤星児 7thシングル 最高1位 売上47.5万枚

片想いFinally

秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ 8thシングル 最高1位 売上59.3万枚

フラフープでGO! GO! GO!/Team S

秋元康 田靡達也 清水哲平  
10

叱ってよ、ダーリン!/Team KU

秋元康 後藤次利 後藤次利  
11

みつばちガール/Team E

秋元康 後藤次利 後藤次利  
12

その先に君がいた/研究生

秋元康 小澤正澄 野中“まさ”雄一  
13

拗ねながら、雨…/セレクション8

秋元康 ツキダタダシ 佐々木裕  
14

ポニーテールとシュシュ/Team E

秋元康 多田慎也 生田真心 AKB48のカバー 通常盤のみ収録
15

Beginner/Team S

秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ AKB48のカバー 通常盤のみ収録

※シングル200位以内データ

※各楽曲歌唱メンバーは曲タイトルにカーソルを合わせると表示されます。

リリースデータ

2012年9月12日 初登場2位 初動11.1万枚、売上15.1万枚 Total Producer:秋元康 エイベックス

メンバー(発売時点での参加メンバー(9,10,11,12に参加しているメンバー))

Team S 大矢真那、加藤るみ、木アゆりあ、鬼頭桃菜、木下有希子、桑原みずき、菅なな子、須田亜香里、
高田志織、出口陽、中西優香、平松可奈子、松井珠理奈(AKB48兼任)、松井玲奈、矢神久美
Team KU 赤枝里々奈、阿比留李帆、井口栞里、石田安奈(AKB48兼任)、小木曽汐莉、加藤智子、後藤理沙子、
佐藤聖羅、佐藤実絵子、高柳明音、秦佐和子、古川愛李、松本梨奈、向田茉夏、矢方美紀、山田澪花
Team E 磯原杏華、上野圭澄、内山命、梅本まどか、金子栞、木本花音、小林亜実、斉藤真木子、酒井萌衣、
柴田阿弥、高木由麻奈、竹内舞、都築里佳、原望奈美、古畑奈和、山下ゆかり
研究生 市野成美、犬塚あさな、岩永亞美、江籠裕奈、大脇有紗、荻野利沙、小林絵未梨、新土居沙也、
日置実希、藤本美月、 二村春香、松村香織、水埜帆乃香、宮前杏実、山田みずほ

SKE48、1stアルバム。レコード会社が3社に渡っていたが、1st〜8thシングルまでがリリース順に収録され、チームごと、セレクション8による新曲5曲が収録されている。通常盤ではAKB48のカバー2曲が収録されているが、初回盤では1曲少なく、Team KUによる「ヘビーローテーション」のカバーになっている。既に発売済みの9thシングル「アイシテラブル!」、同時発売の10thシングル「キスだって左利き」は未収録。初回盤はさらにフォトブック仕様、メンバー全員が1人1曲自ら選曲した自分だけが出演するショートPVを収録したDVD付。なお今作発売時点では8月に卒業を表明したTeam Sの平田璃香子はまだ卒業していなかったが、既に新曲には参加していない。10月23日の公演を持って正式に卒業している。

事実上のシングルコレクションだが、別に「アイシテラブル!」まで収録してもさほど影響は無かったのでは。機械的な並びのせいで、何とも手抜き感が漂う。この構成では後半に登場する新曲はどれもとりあえずそこそこの楽曲を揃えました程度にしか聞こえない。トドメに喜ぶ人がメンバーにもファンにも誰もいないようなAKB48のアレンジまんま流用(ミックスは少し変えている模様)のカバーなんて嫌がらせとしか思えない。それでも初期からのシングルが一気に聞けるので後追いで聞き始めた人には手っ取り早くて非常に重宝される1作である。SKE48の特徴はやはり120%全開!といった感じの圧倒的な元気さだと思う。この勢いは他の48グループや派生ユニットにもない最大の持ち味だ。初期はそうでもないが、「1!2!3!4!ヨロシク!」から一気にはじけていったように思う。なので8曲目までは飽きずに一気に聞ける。カバーを外して全13曲にして曲順をシャッフルすれば、それなりにベスト的なオリジナルアルバムとしての体裁も整えることは普通に可能だったのに、何でこんな手抜き感をわざと前面に出したような構成にしたのかが謎だ。やはり秋元康はアルバムとしてこだわるつもりが全く無くて、質より量という考えなのだろう。

この日のチャイムを忘れない (CD+DVD) (初回限定盤)(初回限定フォトブック仕様) 初回盤DVD&フォトブック付  この日のチャイムを忘れない 通常盤 

印象度★★★★☆

戻る