SMAP AID

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
freebird シライシ紗トリ シライシ紗トリ シライシ紗トリ 34thシングル 最高1位 売上30.6万枚
Fine,Peace! 佐藤けいこ 日比野元気 春川仁志 16thアルバム『SAMPLE BANG!』収録曲
This is love LOVE PSYCHEDELICO   45thシングル 最高1位 売上35.2万枚
がんばりましょう 小倉めぐみ 庄野賢一 庄野賢一 14thシングル 最高1位 売上72.0万枚
この瞬間、きっと夢じゃない Hi-Fi CAMP Hi-Fi CAMP 長岡成貢 43rdシングル 最高1位 売上13.1万枚
6 どうか届きますように MORISHINS' MORISHINS' REO 18thアルバム『super.modern.artistic.performance』収録曲
夜空ノムコウ スガシカオ 川村結花 CHOKKAKU 27thシングル 最高1位 売上162.4万枚
オレンジ 市川喜康 市川喜康 ZAKI 32ndシングル『らいおんハート』C/W
STAY 佐原けいこ 日比野元気 宗像仁志 17thアルバム『Pop Up! SMAP』収録曲
10 ありがとう MORISHINS' MORISHINS' REO 40thシングル 最高1位 売上37.7万枚
11 世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン) 槇原敬之 槇原敬之 槇原敬之 35thシングル(カット) 最高1位 売上307.6万枚
12 ススメ! 多田琢 TAKUYA 田辺憲二 15thアルバム『SMAP 016/MIJ』収録曲
13 not alone〜幸せになろうよ〜 権八成裕 菅野よう子 菅野よう子 モバイル配信限定シングル 初CD化
14 はじまりのうた 島崎貴光 島崎貴光 島崎貴光 18thアルバム『super.modern.artistic.performance』収録曲
15 オリジナルスマイル 森浩美 MARK DAVIS CHOKKAKU 13thシングル 最高2位 売上40.7万枚
<BONUS TRACK>
16 世界上唯一的花
(世界に一つだけの花 Chinese Version)
林明陽 槇原敬之 槇原敬之 中国語バージョン(アレンジシングルと全く同じ) 初CD化

ストリングスアレンジ:前嶋康明(10)、門倉聡(11,16)

リリースデータ

2011年8月17日 初登場1位 売上41.8万枚 Producer:飯島美智 ビクター

メンバー

中居正広
木村拓哉
稲垣吾郎
草g剛
香取慎吾
 
森且行(4,15)

SMAP5thベストアルバム。『Cool』『Wool』、01年の『SMAP Vest』『ウラスマ』に続く10年ぶり通算5枚目のベスト盤2011年一杯の期間限定生産とされている。東日本大震災を受けて「みんなを勇気づける曲」をテーマにして特設サイト上でファン投票が行われてその結果をそのまま反映している。ファン投票ベストは『Cool』に続く2作目となる。上位15曲がそのまま15〜1位にさかのぼる形で収録されている。ラストにボーナストラックで中国語バージョンの「世界上唯一的花」を収録。これは延期を重ねながら2011年にようやく開催されることになったSMAP初の海外公演となる中国でのライブを受けてのものと思われる。配信限定だった「not alone〜幸せになろうよ〜」も票を集めて晴れて初CD化。「世界上唯一的花」と合わせて2曲が初CD化となる。またアルバム未収録だった「This is love」「ありがとう」「世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)」がアルバム初収録となったが、「Smac」「BANG! BANG! バカンス!」「弾丸ファイター」はアルバム未収録のままとなった。以前の4枚のベスト盤と被っているのは「オリジナルスマイル」「がんばりましょう」「夜空ノムコウ」「オレンジ」にとどまり、それ以外はベスト盤初収録楽曲となる。「しあわせのYELLOW-AID」「げんきのRED-AID」の2種類で発売されており、ジャケットの色と特典のハンカチの色が異なる。9月9日に行われるファンミーティングに抽選で1万人招待のモバイル応募コード付となっている。ケータイ電子チケットのシステムを使っており、応募自体は1台から何通でも可能にはなっている。3570円でそのうち200円が義援金として寄付されると発表されている(正式には直接寄付ではなくジャニーズが震災復興支援のために立ち上げたMarching Jを通す形)。

驚きなのはアルバム曲が全て『016』以降で00年代の楽曲中心になっている事。懐古主義が今まで以上に強くなってしまった現状からしてもっと古い有名曲で埋め尽くされると思っていたので意外である。90年代とほとんどイコールだが以前のベストと被っているのは震災後のTV出演で真っ先に取り上げられた「がんばりましょう」、やや遅れてむしろこちらの方が元気づける曲として一気に株を上げた「オリジナルスマイル」、CMでアカペラ熱唱していた「夜空ノムコウ」程度。しかもどの曲も応援系のフレーズが入った曲で、単なる人気投票にもなっていない。唯一ファン人気が高いC/Wの「オレンジ」だけは応援的なフレーズが皆無の完全な失恋ソングになっているというくらいで、不特定多数のファン投票という中でも(ちゃんと集計しているかは確かめようは無いとはいえ)ちゃんとコンセプトに合ったベスト盤となっている。00年代以降のSMAPを大雑把に聞く上でもいい内容だ。正直「ススメ!」以外のアルバム曲は記憶に残っていなかったんだけど改めていい曲だなぁと思った。ちょっと気が利いてないないなと思ったのは1位の「オリジナルスマイル」をシングルバージョンのまま収録した事である。震災後のTV出演では冒頭に木村がソロでサビをバラード調に歌いあげてから曲が始まるという構成になっていた。実はこのバージョンは当時のアルバム『006』でしっかり音源化されており、TV用のアレンジではなく単にアルバムバージョンで歌っていただけなのだが、ここはそっちのバージョンで入れてほしかった。

「世界上唯一的花」に関してはオケはそのままシングル・ヴァージョンの使いまわし、歌割もシングルと同様である。さすがに中国語で新たにマッキーにコーラスだけ入れてもらうというわけにはいなかったのか、コーラスを別人に差し替え、5人のボーカルを差し替えただけとなる。

あと妙にSMAPだけが電力使用を気にしてリリースもライブもやらないとした点は気になる。発表当初はまあそうだろうなと思っていたが、後になってみればそこまで気を遣いまくったのはSMAPだけで、実質的に今のSMAPより倍以上シングルを売れるジャニーズの後輩たちも遠慮なくシングルを出したりライブをやっている。「not alone〜幸せになろうよ〜」シングル中止の理由とされた生産が追い付かないに関しては、直後にチーム・アミューズ!!が超緊急制作で大量生産してリリースしたりしたので、もはやなんだったのか意味が分からないほどである(その時に記事では30万は生産しなきゃいけないので無理という具体的な数字が出たが複数商法なしのSMAPではここ数年15万にも届いていない)。今作の値段設定といいちょっと謎なところはある。この値段なら需要の高い曲が多く歴史もあるんだから2枚組でも全く問題なかったのでは?

スマップ・エイド(しあわせのYELLOW-AIDハンカチ、げんきのRED-AIDハンカチのいずれか1種封入)

印象度★★★★★

戻る