COLOR

No タイトル 作詞 作曲 備考
冒険者 今井千尋 今井千尋  
面影ポーズ 今井千尋 今井千尋 ライブ会場&ファンクラブ限定発売
ミニアルバム『バンドワゴン』収録曲
渡り鳥 今井千尋 今井千尋  
RGB〜InstrumentalT〜   伊藤大介 ギターインスト
一番星 今井千尋 今井千尋  
まだまだ僕には 今井千尋 今井千尋 今井千尋リードボーカル
セルリアン ブルー〜InstrumentalU〜   伊藤大介 ギターインスト
ヒラメケヒラメキ 今井千尋 今井千尋  
バンドワゴン 今井千尋 今井千尋 ライブ会場&ファンクラブ限定発売
ミニアルバム『バンドワゴン』収録曲
10 くちぶえ 大久保伸隆 広沢タダシ  

リリースデータ

2005年11月30日 初登場84位 売上0.2万枚 Produced by Something ELse
Co-Produced by 深沼元昭
Co-Sound Produced by Something ELse(2,4,9)
OMAGATOKI RECORDS

メンバー

Lead Vocal&A.Guitar 大久保伸隆
Vocal&A.Guitar 伊藤大介
Vocal&E.Bass 今井千尋
   
E.Guitar 深沼元昭

Something ELse7thアルバム。帯に「2年振りとなる待望の7thアルバム」とあるのだが1年前のカバーアルバムを6枚目とカウントしないと7枚目にはならない。2年ぶりということは『風見鶏』をさしているようだしオリジナルでは6枚目になるはず。これは「オリジナルとしては」という前置きを忘れているのだろう。04年東芝EMIとの契約が終了、かつて「雷波少年」で契約切れの危機を救われた彼らだが結局再度契約切れとなってしまった。更新できなかったのかしなかったのかは不明だが、事務所も独立し新体制で再始動。FCとライブ会場限定で05年6月に4曲入りミニアルバム『バンドワゴン』を発売。今作で1年ぶりの全国発売にこぎつけた。どうやら新星堂が出資しているインディーズレーベルのようだ。

基本的に3人+エレキギターの深沼の4人編成のシンプルなサウンド。他の音は予算がないのか2でドラムを9でパーカッションを使っている以外はクレジットもなく恐らく全部打ち込みだが安っぽくなったりはしていないどころか全体的に勢いのある曲が多い。ギターインストはやや乱暴な例えだがDEPAPEPEみたいといえば分かりやすいか。1年前はスローテンポばっかりで末期的な雰囲気を感じたのだがインディーズになってむしろ吹っ切れたのか「これからも行くぞ」的な前向きな曲が多くこれからも続けていくことの決意表明ともとれる。これだというインパクトある曲はないのだが全曲非常に安定してレベルが高く一気に聞ける。最高傑作といってもいいかもしれない。正直ここ数年のどんどん悪くなる状況に全く期待していなかったのだがこんなにいいアルバムが聞けるなんて驚いた。

※この後、1年後に解散を発表。今作が最後の作品となってしまった。カバーだった前作がある意味終幕的空気漂っていた中で今作はこれからが楽しみなアルバムだっただけに非常に残念…。解散時の状況はメンバー間の仲も不穏な雰囲気だったようで…。

COLOR

印象度★★★★★

戻る