ゴールデン☆ベスト Something ELse

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
悲しきノンフィクション-Nonfiction- 今井千尋 今井千尋   1stシングル 100位圏外
days go by 今井千尋 今井千尋   2ndシングル 100位圏外
風と行きたかった 今井千尋 今井千尋 河合徹三/Something ELse 3rdシングル 100位圏外
反省のうた 今井千尋 今井千尋 渡辺善太郎 4thシングル 100位圏外
レコード 大久保伸隆/今井千尋 今井千尋 Something ELse 5thシングル 100位圏外
ラストチャンス Something ELse Something ELse 森俊之/Something ELse 6thシングル 最高1位 売上99.8万枚
さよならじゃない Something ELse Something ELse 森俊之 7thシングル 最高7位 売上15.5万枚
あいのうた 今井千尋 今井千尋 森俊之 8thシングル 最高10位 売上8.0万枚
ウソツキ Something ELse 伊藤大介 中村哲 9thシングル 最高24位 売上8.6万枚
10 磁石 今井千尋 伊藤大介 中村哲 10thシングル 最高31位 売上1.9万枚
11 びいだま 今井千尋/福本ゆみ 今井千尋 深沼元昭 11thシングル 最高40位 売上1.2万枚
12 夏のラジオ 売野雅勇 今井千尋 西平彰 12thシングル 最高49位 売上0.7万枚
13 国道16 今井千尋 今井千尋 山川恵津子 13thシングル 最高40位 売上0.4万枚
14 少年 今井千尋 今井千尋 中村仁/Something ELse 14thシングル 最高50位 売上0.4万枚
15 1M 大久保伸隆 今井千尋 深沼元昭/Something ELse 15thシングル 最高47位 売上0.3万枚
16 あの頃のまま 呉田軽穂 呉田軽穂 笹路正徳 16thシングル 最高90位 売上0.2万枚
ブレッド&バターのカバー

※03年以降200位以内データ(『少年』以降)

リリースデータ

2011年2月23日
2013年11月27日
300位圏外 EMIミュージック・ジャパン

メンバー

Lead Vocal,Acoustic Guitar 大久保伸隆
Acoustic Guitar,Vocal 伊藤大介
Bass,Vocal 今井千尋

Something ELseシングルコレクション。レコード会社の企画ベスト「ゴールデン☆ベスト」シリーズの一環。06年の解散時には特に何も出なかったので解散後初のリリース作品。在籍していたEMIからの全シングルをリリース順に収録している。解散までにライブ会場限定シングルとインディーズへ移動してアルバムを出しているが正規のシングルはリリースしていないので、いずれにせよ全シングル集となる。ベスト盤としては99年のミニベスト『502』、03年の2枚組『TICKET』に続く3作目全シングルを網羅した作品は初『1M』はアルバム初収録となった。また『国道16』以降CCCDで発売されていたため(EMIとエイベックスは負の遺産CCCDを通常CDで再発していない)、『国道16』『少年』『1M』の3曲は初のCD化となる(『あの頃のまま』は収録アルバム『夏唄』がCCCDではなかった)。全曲リマスターされているが、ブックレットは歌詞が並んでいるだけである。2013年11月27日にEMIからの「ゴールデン☆ベスト」が999円で再発され、その中に今作も含まれている。

サムエルが『ラストチャンス』だけではないことは以前のベスト『TICKET』でも十分に伝わるが、『TICKET』はその次の新たなるステージへの橋渡し的な内容でもあったのでサムエルの全てという意味でのベストではなかった。それこそサムエルがこだわり続けたアコースティックをサムエルにしかできない音楽として実現させた到達点である『国道16』や『少年』といった曲まで網羅したベストとしては今作が初となるので決定盤だと思う。まあ、サムエルはシングル選びが微妙だった面もあり、アルバム曲にシングルよりも明らかに売れそうないい曲がゴロゴロ転がっていたのでそういう意味でも『TICKET』は捨てがたいベストではあるのだが、やはり活動のほぼすべての時期を網羅できる1枚モノのベストなので今作の方が最初に聞く1枚にはいいのではないかと思う。リマスタリングにより、初期の曲は当時のものよりも格段に音が良くなったほか、CCCD時代の曲はその中間の時期の『ラストチャンス』〜『夏のラジオ』辺りまでと比べても何となくきれいになったような気がしなくもない。アコースティックを掲げたアーティストは他にもたくさんいるが、フォーク系の匂いや玄人ウケのマニアック要素も感じさせず、あくまでバンド寄りのポップスとしてここまでアコースティックを生かしたグループという点でサムエルはオンリーワンな存在だったと思う。後期の曲がいいだけに解散になってしまったのが改めて残念だ。

ゴールデン☆ベスト Something ELse       ゴールデン☆ベスト Something ELse[スペシャル・プライス] 2013年廉価再発盤

印象度★★★★★

戻る