TICKET

TO THE CITY DISC-1
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
be there 今井千尋 今井千尋 深沼元昭 9thシングルC/W
さよならじゃない Something ELse Something ELse 森俊之 7thシングル 最高7位 売上15.5万枚
悲しきノンフィクション 今井千尋 今井千尋 Anything ELse 1stシングル 100位圏外
旅に出れば 今井千尋 今井千尋 森俊之 シングルコレクション『502』収録曲
いつか 伊藤大介 伊藤大介 深沼元昭 2ndアルバム『ギターマン』収録曲
ギターマン 今井千尋 今井千尋 森俊之 2ndアルバム『ギターマン』収録曲
夏のラジオ 売野雅勇 今井千尋 西平彰 12thシングル 最高49位 売上0.7万枚
桜雨〜あの日の雨と今日の雨U〜 伊藤大介 伊藤大介 中村哲 11thシングル『びいだま』C/W
あいのうた 今井千尋 今井千尋 森俊之 8thシングル 最高10位 売上8.0万枚
10 光の糸 今井千尋 今井千尋 中村哲 3rdアルバム『光の糸』収録曲
Bonus.
11 レコード(未発表音源) 大久保伸隆&
今井千尋
今井千尋 Anything ELse 5thシングル 未発表音源(デモ)

 

TO NATURE DISC-2
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
風と行きたかった 今井千尋 今井千尋 河合徹三&
Something ELse
3rdシングル 100位圏外
ビデオテープ 今井千尋 今井千尋 森俊之 2ndアルバム『ギターマン』収録曲
ラストチャンス Something ELse Something ELse 森俊之&
Something ELse
6thシングル 最高1位 売上99.8万枚
ウソツキ Something ELse 伊藤大介 中村哲 9thシングル 最高24位 売上8.6万枚
反省のうた 今井千尋 今井千尋 渡辺善太郎 4thシングル 100位圏外
ひまわりのうた-柏 Street Live Ver.- 今井千尋 今井千尋 Something ELse 2ndアルバム『ギターマン』収録曲
元気ですか? 今井千尋 伊藤大介 山川恵津子 12thシングルC/W
旅路 大久保伸隆 大久保伸隆 森俊之 2ndアルバム『ギターマン』収録曲
夕立ち 今井千尋 今井千尋 河野圭 3rdアルバム『光の糸』収録曲
10 自転車ラプソディ#1 大久保伸隆 大久保伸隆 本田優一郎 3rdアルバム『光の糸』収録曲
Bonus.
11 さよならは最後に言う(未発表音源) 今井千尋 今井千尋 Anything ELse 1stアルバム『Triple Play』収録曲 未発表音源(デモ)

リリースデータ

2003年3月12日 初登場55位 売上0.5万枚 Produced by Something ELse 東芝EMI

メンバー

vocal&a.guitar 伊藤大介
lead vocal&a.guitar 大久保伸隆
vocal&bass 今井千尋

Something ELse初のベスト盤。シングルコレクション『502』があったものの、今作は帯にも「初のベスト」と書いてある。2枚組でTO THE CITY朝、通勤通学の電車の中でというコンセプトで選曲されていてTO NATURE帰りの電車の中でというコンセプトで選曲。ファン投票も実施したが最終的にはメンバー3人が決めたようだ。シングルではここ2枚ほどCCCD化を余儀なくされたが今回はCD-EXTRA仕様で回避。DISC-1のほうには海外でのミニライブ映像と今回未収録の14thシングル『少年』の楽屋での3人弾き語りバージョンベスト記念のホームページへのリンクが収録されている。DISC-2のほうにはやはり今回未収録の13thシングル『国道16』のフルPVに3人がやってるラジオの公式ページへのリンクとDISC-1と同じベスト記念のホームページへのリンクがついている。ちなみに未発表音源とされている2曲は未発表曲ではなく既存曲のデモ音源のような荒めのテイクとなっている。

シングルにこだわらずアルバム中心の選曲。名作2ndアルバム『ギターマン』からの選曲が特に多くて『さよならじゃない』『あいのうた』『ウソツキ』『be there』『あの日の雨と今日の雨』の最初のバージョンもこのアルバム収録なので収録されずに残ったのは2曲しかない。いくらなんでも偏りすぎな感じもするがよほどの自信作だったのでこの機会に再度聞いてもらいたかったのだろうか。

個人的にはあまり好きな曲ではないが少し違った側面を見せた10th、11th『磁石』『びいだま』が外されたのが残念。けっこう新しいことにチャレンジしたような曲たちだったし入れればさらに幅が出たと思うんだけど。しかも『Y』からは「夏のラジオ」のみ。あのアルバムの開放的な雰囲気で次回オリジナルへの期待をつなげばいいのに…。実はサムエルの魅力が全て詰まったベストとはいえない気がする。あくまで「ギターマン」という過去を中心にまとめているので、非常に一面的でこれからどころか『Y』を機にして向かおうとしていた新たなサムエルの姿さえこのアルバムからは見えない。その新しいサムエルはさらに魅力的なのでその片鱗を見せている前作『Y』や次回作『風見鶏』も是非チェックして欲しい。

何にせよ、企画モノだとバカにして聞いてなかった人や1発屋という認識しかない人には入り口としてはちょうどいいベストだと思うのでこれだけでもどうぞ。

TICKET

印象度★★★★★

戻る