little circus

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 CLIO   K.Miyako SOPHIA Instrumental
2 DANCE〜tarantellaを華やかに〜 M.Matsuoka K.Toyota SOPHIA  
3 Lucifer M.Matsuoka K.Toyota SOPHIA  
4 float M.Matsuoka Y.Kuroyanagi SOPHIA  
5 liitle cloud M.Matsuoka M.Matsuoka SOPHIA 4thシングル 最高14位 売上14.3万枚
6 Chicken Heart M.Matsuoka K.Miyako SOPHIA  
7 ポトス M.Matsuoka K.Miyako SOPHIA  
8 Hungry Life M.Matsuoka K.Toyota SOPHIA  
9 Believe M.Matsuoka K.Toyota SOPHIA 3rdシングル 最高14位 売上6.2万枚
10 「  」 M.Matsuoka K.Toyota SOPHIA  
11 M.Matsuoka M.Matsuoka SOPHIA 5thシングル(カット) 最高13位 売上33.2万枚
12 CIRCUS M.Matsuoka M.Matsuoka SOPHIA  
13 CLIO'S BLUE   K.Miyako SOPHIA Instrumental

リリースデータ

1997年4月23日 初登場6位 売上29.7万枚 Produced by SOPHIA TOY'S FACTORY

メンバー

Vocal 松岡充
Guitar 豊田和貴
Bass 黒柳能生
Drums 赤松芳朋
Keyboards 都啓一

SOPHIA4thアルバム。ミニアルバムが3作続いていたので初のフルアルバムとなる。シングル2作を収録。シングルでのトップ10ヒットは出ていなかったが先行シングル「little cloud」は10万越えのロングヒットを記録し、今作はトップ10入りを果たした。6週ランクイン後に1度トップ100圏外となったが、7月に「街」がSingle Versionとしてシングルカットされ、これもトップ10入りはしなかったが最大ヒットを記録。「街(Single Version)」リリース後に再びトップ100復帰し、98年2月まで断続的に合計30週ランクインするロングヒット作となった。初回盤は紙ジャケ仕様。

ブレイク期の勢いが良く出た飛躍作にして傑作。前作の色々とアイデアを詰め込みすぎて曲が長くなるという欠点は早くも克服。サーカスをテーマにしており、インストを挟んだり、実質的なインタールード的な短い曲を挟んだりしながら、文字通りサーカスのような華やかで多彩なサウンドが展開する。一方で歌詞はやや重いものも多く、「CIRCUS」ではピエロの哀しみを歌っていたりもする。単なるポップで楽しいアルバムにはならないのはSOPHIAの特色でもあり、だからこそSOPHIAに救われたというリスナーも多いのかも。ただこれ以降さらに複雑になり、重さが増していく事を考えると今作は非常に入りやすくて聞きやすい。トイズ時代のオリジナルアルバムで最初に聞くならひとまず今作だと思う。

「街」に関しては後のベスト盤に収録されるのは全てSingle Versionであり、オリジナルバージョンは今作でしか聞けない。数々のベスト盤で毎回Single Versionを聞いていながらオリジナルは知らなかったのでどんな違いがあるのかと思ったらSingle Versionがフェードアウトで終わるのに対してこのオリジナルではちゃんと演奏が完了する。それ以外はシングルでは改めて再録音したのかな?という感じでアレンジは同じなんだけどそこはかとなく演奏やボーカルのノリが異なる…ような気がする。

little circus  

印象度★★★★☆

戻る