未来大人宣言

No タイトル 作詞 作曲 備考
1 cod-E〜Eの暗号〜 松岡充 松岡充 36thシングル 最高20位 売上1.0万枚
2 -Can you break a hundred million?- 松岡充 黒柳能生・
亀田誠治
最初からリミックス曲
3 月光 松岡充 松岡充 38thシングル 最高16位 売上0.7万枚
4 サヨナラ 愛しのピーターパンシンドローム 松岡充 岡村靖幸 37thシングル 最高10位 売上1.0万枚
5 mute reality 松岡充 都啓一  
6 人間失格 松岡充 都啓一  
7 rainbow rain 松岡充 松岡充 37thシングル両A面曲
8 I will 松岡充 松岡充 38thシングル両A面曲
9 雨ニモマケズニ 松岡充 黒柳能生  
10 ヤングアダルト 松岡充 松岡充  
11 奏鳴曲 松岡充 豊田和貴  
12 未来大人宣言 松岡充 松岡充  
13 happy birthday to you 松岡充 松岡充  
bonus track(初回盤のみ)
14 W-SOPHIA ver.- 松岡充 都啓一 松岡充ソロシングル 最高17位 売上1.3万枚
SOPHIAでセルフカバー

Remix:亀田誠治(2)、編曲:松岡充(14)

リリースデータ

2013年3月6日 初登場15位 売上0.96万枚 Produced by SOPHIA&亀田誠治 avex

メンバー

Vocal 松岡充
Guitar 豊田和貴
Bass 黒柳能生
Drums 赤松芳朋
Keyboards 都啓一

SOPHIA13thアルバム。オリジナルは09年以来。都啓一の闘病に伴う活動休止を経て2011年に活動を再開し最初のアルバム。休止中の松岡ソロシングルからエイベックスに移籍しており、エイベックスでの第1弾アルバムでもある。初回盤DVD付はスリーブケース入り、フォトブック付、DVDにはPV2曲を収録。ボーナストラックの「W-SOPHIA ver.-」は初回盤のみの収録だが、DVD付だけでなくCDのみにも初回盤が存在し、そちらにも収録されている。またBlu-ray Disc Music(BDM)としても発売されている。こちらには初回盤DVDと同じ内容の映像も収録されているが、「W-SOPHIA ver.-」が未収録。今作発売後の4月にアルバムツアーを持って活動を休止すると発表した。当初は20周年に向けてすぐに戻ってくるというようなコメントをしていたが、松岡、豊田、赤松の3人がSOPHIAの魂を受け継いだMICHAELを結成して活動を開始したことからSOPHIAを続けるつもりだった3人と離れた2人という構図が逆に鮮明になってしまい、さらに1年後には赤松がMICHAELを脱退したため、バンドの内部崩壊が決定的となった。松岡と豊田、そしてMICHAELは脱退したものの赤松もいつかSOPHIAを再びやりたいとコメントしている。都はノーコメントを貫いているようで、黒柳は音楽活動を行っておらずラーメン屋をやっているとのこと。

復帰後…というか『We』をピークにして音楽性は大きく変化していないが、どうも勢いが徐々に落ちてきている感じがしていて、特に今作収録のシングル群は過去のシングルに比べてもどうにもしっくりきていなかった。案の定アルバムもそんな感じで、何か変わったわけではなく、いつものSOPHIAなんだけどどうにも勢いがないように感じた。だが、シングルが全て出尽くした後の終盤に向かう「ヤングアダルト」〜「happy birthday to you」の流れは非常に良い。後半グダって聞こえるアルバムは多いけど、前半イマイチだと思っていたアルバムが後半でここまで印象が持ち直すというケースはなかなか珍しい。「ヤングアダルト」「未来大人宣言」の歌詞は、さらに先へ進んだような内容だし、SOPHIAの更なる進化を特に感じられた部分だと思う。最終的な印象は思っていたよりも良かったし、まだまだSOPHIAには期待できるなと思った。それでも今作リリース後、インディーズでのデビュー20周年を翌年(メジャーは2年後2015年)に控えながら活動休止となってしまったのは音楽的な行き詰まりがあったのか…。後のコメントを見る限り松岡にとっては都が復活して今作を作り上げて満足度も高くここからさらに行くぜという気持ちだったようなんだけど…豊田以外のメンバーが松岡についていけなくなってしまった…というのが休止の原因なのかな、やっぱり。

未来大人宣言  (ALBUM+DVD)DVD付  未来大人宣言CDのみ  未来大人宣言  (Blu-ray Disc) (BDM仕様)BDM 

印象度★★★★☆

戻る