We

No タイトル 作詞 作曲 備考
1 零と宇宙 松岡充 都啓一  
2 まるごし 松岡充 松岡充  
3 growing up 松岡充 都啓一  
4 one summer day 松岡充 松岡充 28thシングル 最高8位 売上2.4万枚
5 願いよ 届け 松岡充 松岡充  
6 Whatever 松岡充 黒柳能生  
7 sunday diary 松岡充 豊田和貴  
8 brother&sister 松岡充 松岡充 30thシングル(29th同発) 最高19位 売上1.4万枚、29thシングルC/W
9 game 松岡充 都啓一  
10 エンドロール 松岡充 豊田和貴 29thシングル(30th同発) 最高17位 売上1.6万枚、30thシングルC/W
11 ANSWER-イチバンタダシイコタエ- 松岡充 松岡充 27thシングル 最高11位 売上2.4万枚

リリースデータ

2006年3月23日 初登場11位 売上2.1万枚 Produced by 亀田誠治&SOPHIA 東芝EMI

メンバー

Vocal 松岡充
Guitar 豊田和貴
Bass 黒柳能生
Drums 赤松芳朋
Keyboards 都啓一

SOPHIA10thアルバム。10周年ベストを挟んで2年ぶりのオリジナル。2枚同時発売された29th、30thシングルは表題曲とC/Wを入れ替えただけの実質的な2種発売に過ぎなかったが、公式でも別々のシングルとして扱われ、O社でも別作品扱いされた。売上はさらに低迷し、再びトップ10落ちし、アルバム売上がシングル売上を下回った。初回盤はライブ映像&ドキュメント収録のDVD付になっているらしい。

基本的には前作の延長戦にある作風だけど、前作よりさらに勢いを増した個人的にSOPHIA最高傑作。亀田誠治と出会って以降のストレートかつ洗練されたバンドサウンド路線が今作で極まったリアルタイムで聞き始めたオリジナルは今作が最初で、きっかけは10周年ベストのラスト4曲で今のSOPHIAってメチャクチャ凄くなってね?と感じ、期待して今作を手に取ったんだけど軽く期待以上だった。「-僕はここにいる-」「青い季節」という前2作にあった代表的な1曲は今作では「ANSWER-イチバンタダシイコタエ-」辺りが該当し、この曲自体はそこまででもないんだけど(それでも期待以上)、今作はトータルでの印象がこれまでで最も高い。「零と宇宙」の勢いからしてデビュー10年を越えたバンドとは思えないほどの勢いが感じられるし、何より頼もしい。痛みや悩みを共有するというより、一緒に越えていってやろうぜ!的な前向きさは今作が最も強いように思う。

We(初回限定盤)(DVD付) 初回盤DVD付     We 通常盤

印象度★★★★★

戻る