人気者で行こう

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 JAPANEGGAE(ジャパネゲエ) 桑田佳祐 桑田佳祐 サザンオールスターズ&矢口博康  
2 よどみ萎え、枯れて舞え 桑田佳祐 桑田佳祐 サザンオールスターズ  
3 ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY) 桑田佳祐 桑田佳祐 サザンオールスターズ 20thシングル 最高6位 売上30.2万枚
4 開きっ放しのマシュルーム 桑田佳祐 桑田佳祐 サザンオールスターズ&矢口博康  
5 あっという間の夢のTONIGHT 桑田佳祐 桑田佳祐 サザンオールスターズ  
6 シャボン 桑田佳祐 桑田佳祐 サザンオールスターズ 原由子ボーカル曲
7 桑田佳祐 桑田佳祐 サザンオールスターズ ジューシィ・フルーツへ提供 セルフカバー
8 夕方Hold On Me 桑田佳祐 桑田佳祐 サザンオールスターズ  
9 女のカッパ 桑田佳祐 桑田佳祐 サザンオールスターズ  
10 メリケン情緒は涙のカラー 桑田佳祐 桑田佳祐 サザンオールスターズ  
11 なんば君の事務所   大森隆志 サザンオールスターズ&藤井丈司 20thシングルC/W インスト
12 祭はラッパッパ 桑田佳祐 桑田佳祐 サザンオールスターズ&藤井丈司  
13 Dear John 桑田佳祐 桑田佳祐・
八木正生
八木正生  

弦編曲:新田一郎(3)、八木正生(6)
管編曲:新田一郎(7,8)

※シングル200位以内データ(05年再発加算)

リリースデータ

1984年7月7日(LP)
1984年7月7日(CT)
1984年7月21日(初CD化)
1989年6月25日(CD、CT)
1998年5月22日(CD)
2008年12月3日(リマスターCD)
最高1位
最高1位
-
-
最高76位
初登場91位
売上51.6万枚
売上29.4万枚
-
-
売上0.4万枚
売上0.2万枚
Producer:サザンオールスターズ、高垣健 ビクター

メンバー

Lead Vocals,Chorus 桑田佳祐
Electric&Acoustic Guitars,Guitar Synthesizer,Chorus 大森隆志
Piano,Organ,Synthesizer,Vocals 原由子
Bass,Chorus 関口和之
Drums,Electric Rhythm Equipments,Chorus 松田弘
Purcussions,Chorus 野沢"毛ガニ"秀行

サザンオールスターズ7thアルバム。1ヵ月前にリリースされた「ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY)」とそのC/W「なんば君の事務所」を収録。前年のシングルで紅白にも出場した「東京シャッフル」は未収録。先行シングルがヒットしていた事もあり、前作を上回る売上を記録した。まだレコードとカセットが主流だったが、発売から2週間後にはCD版も発売されている。今作の1ヵ月前に5thまでが初CD化されており、CD時代への移行が緩やかに始まった。89年に1stから今作までをCD再発、20周年を迎えた98年には音量を調整した上で6thまでを4月に、7th〜11thを5月、『バラッド』2作を6月と3ヶ月に渡って連続再発した。98年盤の初回盤は紙ジャケ仕様。以降10年間は98年盤が現行盤となっていたが、オリジナルアルバム13作全てが08年に初のリマスター盤で再発され、現在はこのリマスター盤が現行盤となる。ビクター独自のK2HDマスタリングが施されている。リマスターは袴田剛史が担当。リマスター盤の初回盤はデジパック仕様。

今作でマニュピレーターとして起用され、編曲にも参加している藤井丈司のクレジットはTechno。当時YMOがヒットしテクノサウンドがブームになっており、そういった流れに乗っていった感のある1作だ。当時最先端だったコンピューターサウンドが全面的に導入されており、生のバンドサウンドとの融合が果たされている。今となっては古く聞こえるものの「人気者で行こう」というタイトルにしただけあって、渋さが全面に出ていた前作よりも聞きやすいアルバムだ。とはいえ分かりやすい曲ばかりではなく実験的な曲も多いので、やはり90年代後半以降のリスナーがいきなり聞くとよく分からない事になりそうではある。個人的には「ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY)」「海」といった有名曲以外でもブラスをフューチャーした「夕方Hold On Me」はかなり明るいノリの曲で珍しく1発でピンと来たものの、今作の良さが分かったのはもう少し経ってからだった。

人気者でいこう(リマスタリング盤)2008年リマスター盤  人気者で行こう98年盤 

印象度★★★★☆

戻る