Sparkling☆Point1

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
潮風感じて Dance×3 Sparkling☆Point Perry Geyer Cybersound  
トロピカルビーチ Sparkling☆Point 大野愛果 night clubbers 4thシングル 最高191位 売上0.058万枚
Hey Hey Baby! You're NO.1! Sparkling☆Point 大野愛果 豆田将 1stシングル 最高73位 売上0.3万枚
We'll be alright Sparkling☆Point 川島だりあ night clubbers  
Have a good time! Sparkling☆Point 徳永暁人 徳永暁人 3rdシングル 200位圏外
ズット Sparkling☆Point 瀬尾義経 小澤正澄  
Please again Sparkling☆Point 沢井美緒 Dreddy D 2ndシングルC/W
最後の夏休み Sparkling☆Point 宇徳敬子 Toru Yuki  
So stay together Sparkling☆Point 大野愛果 小澤正澄 2ndシングル 最高98位 売上0.2万枚
10 Only One Sparkling☆Point 大野愛果 Cybersound 1stシングルC/W
11 海へ行こうよ Sparkling☆Point 川島だりあ BOOTEE  
12 Hey Hey Baby! You're NO.1!
-AMAMI RUB A DUB-
Sparkling☆Point 大野愛果 DAYTRACK 1stシングル リミックス

※シングル200位以内データ

リリースデータ

2005年7月13日 初登場163位 売上0.1万枚 Produced by KANONJI GIZA studio

メンバー

亜衣里
明日香

スパークリング☆ポイント1stアルバム。鹿児島の奄美大島出身の3人によるガールズボーカルグループ。04年9月にデビュー。87〜88年生まれで今作リリース当時は高校生だった。ここまでのシングル4曲と一部のC/Wを収録。ラストにはリミックスが収録されている。初回盤はスリーブケース入りで別冊のフォトブックが付属。メンバーによる楽曲解説等も記載されている。

アニメ系のシンガーソングライターazusaが10代の頃に在籍していたグループ、といったほうが2010年以降は分かりやすいだろうか。一応アイドルグループではなく「ガールズ・ボーカル・グループ」となっている。制作陣がビーイングの主力作家をふんだんに使っていて、GIZAにおいては出番の多くない90年代ビーイングの川島だりあと宇徳敬子まで参加している辺りは地味に豪華である。基本的には夏全開なサマーポップアルバム。ただビーイングGIZAは匿名性を最大の武器にして楽曲至上主義でやってきた会社である。若さを前面に出すようないわゆるアイドル的なノウハウは全く持っていないと思われ、そんな不慣れ感が全面に出ているように感じる。全メンバー作詞の歌詞や曲中に多数の掛け声が入っている辺りはいかにも10代らしい若さが溢れていてアイドルらしい元気さがあるのだが、トラックはアイドルポップとは言い難くけっこうカッコいい方向になっている。ただビーイングGIZAなりにポップ感を演出しようとしたのか、かっこよさとポップのバランスがちぐはぐになってしまい結果的に妙にダサい雰囲気が満開になってしまっている。アイドルでも本格ボーカルグループでも無いという実に中途半端な状態になっている。そういう意味ではオンリーワンな存在だったと思うが、少なくともアイドル冬の時代だったとはいえ、売れなかったのは納得である。最初聞いた時はあまりのちぐはぐ感とダサさにぶっ飛んだが、数回聞いていたら意外とクセになるダサさなのではないかとも思えてきた。他とは一味違うGIZA流の唯一無二なアイドル路線を聞いてみたい人、azusaの以前の活動を知りたい人にはお勧め。

SPARKLING☆POINT 1(初回限定盤) 初回盤    SPARKLING☆POINT 1 通常盤 

印象度★★★☆☆

戻る