スピッツ

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 ニノウデの世界 草野正宗 草野正宗 スピッツ 2ndシングルC/W(カット)
2 海とピンク 草野正宗 草野正宗 スピッツ  
3 ビー玉 草野正宗 草野正宗 スピッツ 1stシングルC/W(同時発売)
4 五千光年の夢 草野正宗 草野正宗 スピッツ  
5 月に帰る 草野正宗 三輪徹也 スピッツ  
6 テレビ 草野正宗 草野正宗 スピッツ  
7 タンポポ 草野正宗 草野正宗 スピッツ  
8 死神の岬へ 草野正宗 三輪徹也 スピッツ  
9 トンビ飛べなかった 草野正宗 草野正宗 スピッツ  
10 夏の魔物 草野正宗 草野正宗 スピッツ 2ndシングル(カット) 100位圏外
11 うめぼし 草野正宗 草野正宗 塩谷哲 15thシングル『スカーレット』C/W(ライブバージョン)
12 ヒバリのこころ 草野正宗 草野正宗 スピッツ 1stシングル(同時発売) 100位圏外

リリースデータ

1991年3月25日(廃盤)
2002年10月16日(リマスター盤)
2008年12月17日(SHM-CD)
100位圏外 Produced by スピッツ&高橋信彦(Road&Sky) ポリドール
ユニバーサル
ユニバーサル

メンバー

Vocal、Acoustic Guitars、Harmonica 草野マサムネ
Electric Guitars、Acoustic Guitar、Electric&Acoustic12Strings Guitar、Leslie Guitar&Classic Guitar 三輪テツヤ
4 Strings&8 Strings Bass 田村アキヒロ
Drums、Percussions(Tambourine、Cabassa、Triangle&Claves) 崎山龍男

スピッツ1stアルバム。メジャーデビュー作として1stシングル「ヒバリのこころ」と同時発売。C/W「ビー玉」共々収録されているが、「ヒバリのこころ」はアウトロがフェードアウトし始めるのがシングルよりも遅くなっているため演奏時間が30秒ほど長い。3ヶ月後に2ndシングルとして「夏の魔物」がシングルカットされた。C/WはFM802ヘビーローテーションとなった「ニノウデの世界」をカットしている。ブックレットは表紙のみがカラーでそれ以外は全面的に白黒で紙の質も異なるものとなっている。シングル/アルバム共に100位以内にチャートインせず、ブレイク後に浮上した記録も残っていない。ブレイク後に帯のみ新調されたことはあったが(『空の飛び方』までのアルバム案内が裏側に掲載されているもので中古に出回っているものはこれが多い)、02年に8thアルバムまでがリマスター盤として再発売された。また08年12月には02年リマスター音源をSHM-CDとして新たに再発している。

今作を初めて聞いたのはいくつかのシングル『インディゴ地平線』からスピッツを聞き始めた翌年の97年頃だったと思う。その時は2ndと一緒にレンタルしてきてテープ録音して聞いた(その後00年頃に旧盤を購入し、06年頃に02年リマスター盤を購入)。シングルのまとめ借りで「魔女旅に出る」「青い車」「空も飛べるはず」と「ロビンソン」以降のシングルはC/W含めて聞いていたので、今作を最初に聞いた時点でのスピッツのイメージはそれらを元にしたポップでおとなしめのバンドというものだったが、その印象のままほとんど違和感無く聞けた。歌詞がこの頃の方が分かりにくいというか正直何を言っているのか全く分からなくて意味不明だけど、なんかシュールだなといった程度。この頃は売れなかったし売れ線を目指していたわけでもないと語られているけど、だからといって曲がキャッチーさに欠けるとかそういったことも全く無く、どの曲も確かなメロディーで耳に残るし、しばらくするとすっかり全曲耳に馴染んでいた。それくらい最初からスピッツはスピッツだった。「夏の魔物」「ヒバリのこころ」といったシングル以外では「ニノウデの世界」や三輪が作曲している「月に帰る」が個人的には好き。

スピッツ         スピッツ 02年リマスター盤       スピッツ 08年SHM-CD盤

印象度★★★★☆

戻る