a Teenage Symphony compilation vol.2
一期一会 Sweets for my SPITZ

No タイトル 作詞 作曲 編曲 原曲
1 スピカ /椎名林檎 草野正宗 草野正宗   19thシングル両A面曲
2 ロビンソン /羅針盤 草野正宗 草野正宗 羅針盤 11thシングル
3 楓 /松任谷由実 草野正宗 草野正宗 冨田恵一 19thシングル(カット)
4 青い車 /ゲントウキ 草野正宗 草野正宗 ゲントウキ 9thシングル
5 冷たい頬 /中村一義 草野正宗 草野正宗 100式 18thシングル
6 空も飛べるはず /ぱぱぽっくす 草野正宗 草野正宗 ぱぱぽっくす 8thシングル
7 夢追い虫 /セロファン 草野正宗 草野正宗 セロファン&石田小吉 24thシングル
8 田舎の生活 /LOST IN TIME 草野正宗 草野正宗   ミニアルバム『オーロラになれなかった人のために』収録曲
9 うめぼし /奥田民生 草野正宗 草野正宗   1stアルバム『スピッツ』収録曲
10 猫になりたい /つじあやの 草野正宗 草野正宗 つじあやの 9thシングルC/W
11 チェリー /POLYSICKS 草野正宗 草野正宗   13thシングル
12 Y /GOING UNDER GROUND 草野正宗 草野正宗 上田ケンジ&GOING UNDER GROUND 6thアルバム『ハチミツ』収録曲
13 夏の魔物 /小島麻由美 草野正宗 草野正宗   2ndシングル(カット)

リリースデータ

2002年10月17日 初登場2位 売上18.2万枚 album produced and compiled by 竹内修 ドリーミュージック

スピッツ、トリビュートアルバム。若手からベテランまで13組のアーティストがスピッツの楽曲をカバーしたアルバム。トリビュートアルバムではあるが「トリビュート」の名称は使用しておらず、「草野正宗の作る楽曲の汎用性」がコンセプトになっている。スピッツの担当ディレクターである竹内修がプロデュースをしているが、スピッツの在籍しているユニバーサルではなく、ドリーミュージックからのリリース。当時ドリーミュージックが新たに立ち上げたTeenage Symphonyレーベルからのコンピレーションアルバム第2弾で、作品タイトルには『a Teenage Symphony compilation vol.2』も含まれているが、vol.1はトリビュートではなく『Smells Like Teenage Symphony』という当時の若手を中心としたコンピ盤で今作とは何の繋がりも無い。vol.1との繋がりが希薄であったためか、当時のO社チャート始め各チャートやメディアでは省略されていて単に『一期一会 Sweets for my SPITZ』というタイトルで扱われた。ゲントウキ、ぱぱぽっくす、セロファンは当時Teenage Symphonyレーベルに在籍していたが、Teenage Symphonyレーベルは09年に消滅している。現役バンドのトリビュートアルバムというのは珍しく、話題性もあり初登場2位となるヒットを記録した。初回盤はデジパック仕様。

ロックバンドとしてのスピッツではなく、草野の曲を色々なアーティストがカバーしているといった雰囲気のトリビュートアルバム。松任谷由実がいつもの正隆アレンジではなく冨田恵一のアレンジで参加しているのが目を引くところだろうか。各アーティストかなり自由にカバーしている上に、出てくるアーティストも世代も知名度もバラバラで、草野正宗の楽曲はどんな形になっても耳に残る、という事が唯一の共通項として浮き彫りになるといった寸法。通なリスナーでない限りは半分以上はよく知らないアーティストになりそうだが、選曲は有名な楽曲中心になっているので、それこそ『RECYCLE』しか聞いてなくても半数近くの楽曲は知っている曲となり、スピッツを聞いているリスナーなら入りやすいと思う。

一期一会 Sweets for my SPITZ  

印象度★★★★☆

2016.2.26

戻る