OVER THE BORDER

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
OVER THE BORDER AIMI AIMI ステレオポニー&BOND×mw  
ツキアカリのミチシルベ AIMI AIMI ステレオポニー&BOND×mw 5thシングル 最高8位 売上2.3万枚
スマイライフ AIMI AIMI ステレオポニー&BOND×mw 4thシングル 最高20位 売上0.7万枚
happy “A” NOHANA AIMI ステレオポニー&BOND×mw  
Never Look Back AIMI AIMI ステレオポニー&BOND×mw  
友達の恋人 AIMI AIMI ステレオポニー&BOND×mw  
妄想ジェット NOHANA AIMI ステレオポニー&BOND×mw  
Cherry my... AIMI AIMI ステレオポニー&BOND×mw 6thシングルC/W
はんぶんこ 堤晋一 堤晋一 ステレオポニー&BOND×mw 6thシングル 最高21位 売上0.6万枚
Bivattcheeのカバー
10 星屑カンテラ AIMI AIMI ステレオポニー
&BOND×R_MEN_SOUL
 
11 100パラリズム ステレオポニー AIMI ステレオポニー&BOND×mw  
12 OVER DRIVE AIMI AIMI ステレオポニー&BOND×L!th!um 7thシングル 最高28位 売上0.5万枚
13 咲音 SHIHO AIMI ステレオポニー&BOND×mw  
  シークレットトラック       13曲目終了後「11分5秒」から開始

リリースデータ

2010年6月5日 初登場12位 売上1.0万枚 Sound Produced&Directed by BOND ソニー

メンバー

Vocal&Guitar AIMI
Bass NOHANA
Drums SHIHO

ステレオポニー2ndアルバム。前作を最後にプロデューサーが交代した。初回盤はライブダイジェストを収録したDVD付。ラスト『咲音』終了後、長い無音の後に「11分5秒」(デビュー日が11月5日)になるとアコースティック調のシークレットトラックが収録されている。

一気に路線変更。一言で言うと爽快さとバンド感が増した。前作まではYUIと同じプロデューサーだったのでYUIに似た雰囲気があったが、それが全く無くなった。前作の時点でアルバム曲は等身大で青春全開な明るい曲も多かったが、今作ではシングルの時点で明るい曲が多かったので全体的にも明るく垢抜けてきた印象。個人的には前作の近藤プロデューサーの特徴であるややこじんまりまとめた感のあるサウンドはバンドとしてはマイナスだと思っていたので、この変化は嬉しい。正直1stアルバムで聞くの辞めようと思っていたけど『スマイライフ』以降のシングルはどれもハマって持ち直したどころか、最初の頃より好きになった。ただデビュー当初のシングルが比較的シリアスな作風だったので、あの雰囲気が好きでファンになった人にとってはなんでもない普通のさわやかガールズバンドになっちゃったなとガッカリする人もいるかもしれない。ていうかここに来て人気が定着せず下がってしまったということはそういう人の方が多いのかな。個人的にはアルバム曲でややインパクトに欠ける曲が多かったものの全体的な雰囲気は格段に良くなったし今後にも期待できるアルバムだった。初期シングルであくまで一面に過ぎなかったYUI的な方向をちょっと意図的に前面に打ち出しすぎていただけで(実際1stアルバムの曲で早くも明るい曲が多かった)、自然体で等身大のステレオポニーはどっちかというとこのアルバム寄りなんじゃないだろうか。

OVER THE BORDER(初回生産限定盤)(DVD付) 初回盤DVD付  OVER THE BORDER 通常盤

印象度★★★★☆

戻る