BEST of STEREOPONY

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
さよならの季節 AIMI AIMI ステレオポニー&R'dh+ 未発表曲
ヒトヒラのハナビラ AIMI AIMI ステレオポニー 1stシングル 最高25位 売上1.1万枚
泪のムコウ AIMI AIMI ステレオポニー&northa+ 2ndシングル 最高2位 売上5.8万枚
I do it AIMI YUI ステレオポニー&northa+ 3rdシングル 最高11位 売上1.1万枚
青春に、その涙が必要だ! AIMI AIMI ステレオポニー&northa+ 1stアルバム『ハイド.ランジアが咲いている』収録曲
スマイライフ AIMI AIMI ステレオポニー&BOND×mw 4thシングル 最高20位 売上0.7万枚
ツキアカリのミチシルベ AIMI AIMI ステレオポニー&BOND×mw 5thシングル 最高8位 売上2.3万枚
はんぶんこ 堤晋一 堤晋一 ステレオポニー&BOND×mw 6thシングル 最高21位 売上0.6万枚
Bivattcheeのカバー
OVER DRIVE AIMI AIMI ステレオポニー&BOND×L!th!um 7thシングル 最高28位 売上0.5万枚
10 Everything OK!!! AIMI AIMI ステレオポニー&BOND×mw 8thシングルC/W
11 小さな魔法 AIMI AIMI ステレオポニー&BOND×R_MEN_SOUL 8thシングル 最高23位 売上0.6万枚
12 たとえば唄えなくなったら 前川真悟 前川真悟 ステレオポニー&BOND×PRISM147 9thシングル 最高52位 売上0.2万枚
「ステレオポニー×かりゆし58」名義
13 ありがとう AIMI AIMI ステレオポニー&BOND 10thシングル 最高26位 売上0.3万枚
14 スーパーガール AIMI AIMI ステレオポニー&Rdh+ 3rdアルバム『More! More!! More!!!』収録曲
15 ビバラ・ビバラ NOHANA AIMI 新井弘毅 3rdアルバム『More! More!! More!!!』収録曲
16 星屑カンテラ AIMI AIMI ステレオポニー&BOND×R_MEN_SOUL 2ndアルバム『OVER THE BORDER』収録曲
17 stand by me AIMI AIMI ステレオポニー&BOND 11thシングル 最高30位 売上0.3万枚
18 ステレオポニーの旅はつづく AIMI AIMI ステレオポニー&R'dh+ 2ndシングルC/W
19 青春 Very good days!! AIMI AIMI ステレオポニー&Cruz.7th 1stアルバム『ハイド.ランジアが咲いている』収録曲

リリースデータ

2012年11月21日 初登場40位 売上0.3万枚 ソニー

メンバー

Vocal&Guitar AIMI
Bass&Chorus NOHANA
Drums&Chorus SHIHO

ステレオポニー初のベストアルバム。2012年8月にAIMIが喉の手術のために1ヵ月ほど活動を休止。復帰早々に2012年10月に解散を発表したため、総決算的なラストベストとなった。解散を宣言する前にリリースが発表されており、解散発表後にリリースされたEVANPONY/ステレオポニー名義での「Just rock with me/涙なんて見してやんない」の2作は未収録。それより前の全シングルA面、C/W、3作のオリジナルアルバムから選曲されている。またデビュー曲候補だったという未発表曲「さよならの季節」も収録されている。11thシングル「stand by me」、C/Wの「Everything OK!!!」と「ステレオポニーの旅はつづく」はアルバム初収録。全曲リマスタリング。初回盤は4月に行ったアメリカツアーの模様とこれまでのオフショットを収録したDVD付。

タイアップの都合でデビュー作が「ヒトヒラのハナビラ」に変更になり、そのままお蔵入りしたという「さよならの季節」はいきなり今作唯一のストリングスを盛り込んだミディアムナンバー。初期3シングルどころか、他に似た系統のシングルが無いくらいにおとなしい曲調。強いて言うなら「ありがとう」くらいか。もし「さよならの季節」でデビューになっていたら全く違う方向性になっていたんじゃないだろうか。初期の3シングルはYUI提供曲もあるが、ややシリアスでダークなイメージだったが、1stアルバム曲ではさわやかに青春を歌ってみたりもして、以降は明るめのロックナンバーも多い。意外とAIMIはルックスだけでなく歌声もキュートだがそれを前面には一切出さずに、あくまでバンド然としているが、デビュー時期が同じSCANDALと比べると見た目どころかサウンド面でも明らかにあちらの方が楽器をガンガン鳴らしていて派手。AIMIのメロディーセンスは非凡なものがあったと思うけど、どうしても地味な印象になってしまった感が否めない。特に3rdアルバムではそこを脱却しようとかなりはっちゃけたこともやっていたので今後に期待していたし、「stand by me」からはたくましさを増してきたバンドの勢いが感じられたのだが…。それっきり解散になってしまったので(ラストシングルは今までずっと曲を作ってきたAIMIが関与していない)結局ソニーに振り回されて迷走してしまったようにも思えてくる。せめて同じソニー系列でもチャットモンチーやねごとが在籍しているキューンレコードだったら、もっとしっかり個性を確立できたような気がしてならない。並んでいる楽曲はどれもいいし、まだ聞いたことが無い人にも決定盤的ベストだとは思うんだけど、まだまだここからのバンドだったと思うのでこれで終わってしまうのは本当に残念だ。

なお1stアルバムの頃はわざと抑えたようなサウンドでバンドとしてのダイナミックさが圧倒的に欠けていたが、今回はリマスターで2nd以降との統一が図られたのか、初期の楽曲の迫力が格段に増している。下の図は「ヒトヒラのハナビラ」冒頭サビの開始部分。あかさらまに持ち上がっていてむしろこれ上げすぎなんじゃないかというくらいだが、ダイナミックさが増した初期楽曲群はようやくロックバンドっぽくなった。当時の音源よりは格段にこっちの方がいいと思う。

BEST of STEREOPONY(初回生産限定盤)(DVD付) 初回盤DVD付  BEST of STEREOPONY通常盤 

印象度★★★★★

戻る