ハイド.ランジアが咲いている

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
青春に、その涙が必要だ! AIMI AIMI ステレオポニー&northa+  
I do it AIMI YUI ステレオポニー&northa+ 3rdシングル 最高11位 売上1.1万枚
木漏れ日のジャーニー AIMI AIMI ステレオポニー&Cruz.7th  
泪のムコウ AIMI AIMI ステレオポニー&northa+ 2ndシングル 最高2位 売上5.8万枚
乙女心 Hey Hey Hey AIMI AIMI ステレオポニー&R'dh+  
泣かないで AIMI AIMI ステレオポニー&Tsuyoshi Kinoe  
effective line AIMI AIMI ステレオポニー&Cruz.7th  
スウィート・ブルー AIMI AIMI,
SHIHO
ステレオポニー&R'dh+  
都会ノ森 AIMI AIMI ステレオポニー&R'dh+  
10 幸せの丘で暮らしたい AIMI AIMI ステレオポニー&R'dh+  
11 マイミステイク AIMI AIMI ステレオポニー&Mikio Sakai  
12 ヒトヒラのハナビラ AIMI AIMI ステレオポニー 1stシングル 最高25位 売上1.1万枚
13 青春 Very good days!! AIMI AIMI ステレオポニー&Cruz.7th  

リリースデータ

2009年6月17日 初登場7位 売上2.8万枚 Sound Produce&Directed by HISASHI KONDO gr8!records(ソニー)

メンバー

Vocal,Guitar AIMI
Bass NOHANA
Drums SHIHO

ステレオポニー1stアルバム。沖縄出身のガールズバンドで、同時期に同じソニーからデビューしたSCANDALとは同世代である(ステレオポニーは89年、90年生まれで、SCANDALは88年〜91年生まれ。ただしステレオポニーは最初からボーカルとギターのAIMIが作詞作曲を一手に手がけている自作バンドである。プロデューサーが同じという縁で『I do it』ではYUIが作曲コーラスで参加している。クレジットではAIMIも作曲していることになっているが、シングル時はYUIの単独作曲提供作だった。どうもクレジットが適当というかAIMIの部分に全てlyric,music,vocal,chorus,guitarと表記しているため8もSHIHOの単独作曲かもしれない。初回盤はシングル3曲と、リード曲『青春に、その涙が必要だ!』のPVとドキュメント収録のDVD付。なおハイドランジアとはアジサイのことである。何故ドットがついているのかは不明。

一言で言うとこの時点では非常にYUIっぽい。YUIとプロデューサーが同じということだがどうもこのプロデューサーのサウンドメイクはどこかこじんまりしているというか、ダイナミックさに欠けるような気がして個人的にあまり好きになれない。全体的に1曲が短く42分程度で終わるので一気に聞けるがそこまで強い印象を残す曲はない。この辺りもYUIと印象が被る。シングルではあまり明るい部分はなく、シリアスな作風しか見せていなかったが、アルバムではリード曲でいきなり明るく青春を歌いだすなど年齢相応な一面も見せており、激しい曲やバラードまで一気に幅が広がっている。とはいえ全体的には歌詞含めてもYUIみたいな作風が多いのでどうにもYUIのフォロワーバンドみたいな印象が強いこのアルバムを最後にプロデューサーが変わり、サウンドも垢抜けてバンド感が増したものへと変化して、一気にYUIのフォロワー的な雰囲気は無くなるのだが正直それが正解だったと思う。

ハイド.ランジアが咲いている(初回生産限定盤)(DVD付) 初回盤DVD付   ハイド.ランジアが咲いている 通常盤 

印象度★★★☆☆

戻る