More! More!! More!!!

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
Introduction   新井弘毅 ステレオポニー&新井弘毅 インスト&朗読
Blowin' in the wind SHIHO,
稲増五生
新井弘毅 新井弘毅  
ハナヒラクオカ AIMI AIMI ステレオポニー&シライシ紗トリ  
アイ アム ア ヒーロー AIMI CHI-MEY ステレオポニー&BOND×R_MEN_SOUL  
たとえば唄えなくなったら 前川真悟 前川真悟 ステレオポニー&BOND×PRISM147 9thシングル 最高52位 売上0.2万枚
「ステレオポニー×かりゆし58」名義
小さな魔法 AIMI AIMI ステレオポニー&BOND×R_MEN_SOUL 8thシングル 最高23位 売上0.6万枚
ビバラ・ビバラ NOHANA AIMI 新井弘毅  
Amaryllis AIMI AIMI ステレオポニー&Ace Shotaro  
スーパーガール AIMI AIMI ステレオポニー&Rdh+  
10 おしゃれ番長2011
〜feat.NAOTO from ORANGE RANGE
ORANGE RANGE
NAOTO,AIMI,
NOHANA,SHIHO
ORANGE RANGE
NAOTO
NAOTO ORANGE RANGEのカバー
11 ありがとう AIMI AIMI ステレオポニー&BOND 10thシングル 最高26位 売上0.3万枚
12 キャンバスに私だけの色をのせて SHIHO AIMI ステレオポニー&BOND×L!th!um  

word producer:稲増五生(7,12)

リリースデータ

2011年12月7日 初登場33位 売上0.4万枚 Produed&Directed by シライシ紗トリ(1,2,3,7,10)、BOND(4,5,6,11,12)、近藤ひさし(8,9) ソニー

メンバー

Vocal&Guitar AIMI
Bass NOHANA
Drums SHIHO

ステレオポニー3rdアルバム。前作以降の3シングルを収録。「たとえば唄えなくなったら」はかりゆし58とのコラボ(正確にはかりゆし58のボーカルとギターの2人だけ)で、今作でもシングルと同じデュエット音源のまま収録されている。「おしゃれ番長2011」ではORANGE RANGEのリーダーNAOTOが自らアレンジを担当して楽曲にも参加している。両者の繋がりは共に沖縄出身であることである(かりゆし58も同様)。他にもserial TV dramaからギターの2人が制作と演奏に参加している(「Blowin' in the wind」のみAIMIが完全にギターを弾いていない)。また1stアルバムのプロデューサーだった近藤ひさしが復帰し、2ndアルバム以降のプロデューサーだったBONDに加えて、アルバムではORANGE RANGEを担当していたシライシ紗トリが新たに参加し、3組のプロデューサーによって制作されている。初回盤DVD付がA,Bと2種存在し、それぞれANIME NEXT 2010、ANIME Boston 2011に参加した際のドキュメントを収録している。通常盤含めて3種2パターン複数商法となった。

前作まではシングルでYUI提供があったのと、カバーをやった以外は完全に自作曲だったが、今作では外部提供を積極的に取り入れている。初めて三線を取り入れて沖縄っぽさを出した1曲目のインストから、これまでにない雰囲気。かなり意欲的にバンドの枠を広げようとしたのは確かなようで、その勢いはすさまじい。今までからは想像できないはじけっぷりを見せる「ビバラ・ビバラ」や「おしゃれ番長」は特に衝撃的である。「おしゃれ番長」に関してはさすがに似合ってないかと当初は思ったが、アルバムの流れで聞いてみると意外とハマっている。新しい挑戦としてありだと思うし、AIMIのキュートさが前面に出ていて新たなバンドの魅力を魅せられたんじゃないかと思う。なお全員が作詞にクレジットされているのは2行だけ歌詞を変更したためと思われる(天さんとか餃子とかDBネタだった部分が女子サッカーの川澄ネタになっている)。前作と同じBONDアレンジにしても今回は前作で最多だったmwが参加していないので少々色が変わっていて全体的に少しエレクトロ色もスパイス的に入っている印象だ(Cherieでのロック+エレクトロ路線をメインで担当していたのがR_MEN_SOUL)。一方で近藤ひさしがプロデュースについた8,9辺りではわりかしシンプルなロックを聞かせてくれるし、シングルとしてはなんでもなかった「ありがとう」もこの流れだといい具合に聞こえてくる。これまでの殻をぶち破っていこうというタイトル通りにアグレッシブな1作で個人的にはこの勢いに大いに圧倒された。今までにそこはかとなくあった地味さが一気に払拭されたんじゃないかと思う。この経験を経ての次回作ではさらに進化したステレオポニーが聞けそうだが(なのでまだ★1つ残しておく)、3枚目までの時点では少なくともこれが最高傑作になったと思う。…ただ売上がいきなりヤバいラインに差し掛かってきているので次回作がやたら遠くなりそうなのが不安…と書いていたら本当にこれが最終オリジナルアルバムになってしまった…。

あと通常盤のジャケ写、ブックレットはやりすぎちゃっててイケてないと思う。A,Bはカッコ良さそうなのに…。

More! More!! More!!!(初回生産限定盤A)(DVD付) 初回DVD付A   More! More!! More!!!(初回生産限定盤B)(DVD付) 初回DVD付B  More! More!! More!!! 通常盤 

印象度★★★★☆

戻る