Best Angle for the Pianist-SUEMITSU&THE SUEMITH 05-08-(初回盤)

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
"SUEMITSU" Here Plays Mean Piano
(Duck Rock Pulsatile Remix)
  末光篤 末光篤 デビューアルバム『Man Here Plays Mean Piano』収録曲 リミックス
インディーズ作品をメジャーデビュー作として再発したため、公式にはメジャー1st扱いではない
Astaire いしわたり淳治 末光篤 末光篤 2ndシングル『Astaire e.p.』 最高25位 売上2.1万枚
Allegro Cantabile 末光篤 末光篤 末光篤 4thシングル『Allegro Cantabile e.p.』 最高20位 売上1.6万枚 
Sherbet Snow and the Airplane いしわたり淳治 末光篤 末光篤 1stシングル 最高69位 売上0.4万枚
It's OK (I Guess) いしわたり淳治 末光篤 末光篤 新曲
Soul Accident 末光篤 末光篤 末光篤 ドラマ『花嫁は厄年ッ!』サントラ
『SUITE Of "Unlucky Year for the Bride" 』収録曲  NEW MIX
Boyz, Boy Don't Cry 末光篤 末光篤 末光篤 7thシングル『Boyz, Boy Don't Cry e.p.』 最高130位 売上0.07万枚  NEW EDIT
Peppermint Blue Vespa 末光篤 末光篤 末光篤 メジャー2ndアルバム『Shock On The Piano』収録曲 NEW EDIT 
Arabesque
"Melody played by great pianist"
Japanese version
いしわたり淳治 末光篤 末光篤 デビューアルバム『Man Here Plays Mean Piano』収録曲
10 Sagittarius 末光篤 末光篤 末光篤 5thシングル『Sagittarius e.p.』 最高66位 売上0.3万枚  NEW EDIT
11 The Status Quo いしわたり淳治 末光篤 末光篤 新曲
12 Merry Christmas Baby 末光篤 末光篤 末光篤 6thシングル『Rock a Nova e.p.』C/W NEW EDIT
13 Sunday'z Sun 末光篤 末光篤 末光篤 3rdシングル『Sunday'z Sun e.p.』 最高110位 売上0.16万枚
14 Saga 末光篤 末光篤 末光篤 メジャー1stアルバム『The Piano It's Me』収録曲
15 Rock a Nova 末光篤 末光篤 末光篤 6thシングル『Rock a Nova e.p.』 最高96位 売上0.1万枚
16 Amen 末光篤 末光篤 末光篤 新曲
17 Irony"Bittersweet Irony"
Japanese Version
いしわたり淳治 末光篤 末光篤 デビューアルバム『Man Here Plays Mean Piano』収録曲 NEW VERSION
18 All I Want For Christmas Is You AFANASIEFF walter n./
CAREY mariah
末光篤 マライア・キャリーのカバー 新録曲 初回盤のみ収録

※シングル200位以内データ

初回盤DVD
No タイトル 備考
Irony"Bittersweet Irony"Japanese Version デビューアルバム『Man Here Plays Mean Piano』収録曲 PV
Sherbet Snow and the Airplane 1stシングル PV
Astaire 2ndシングル PV
Sunday'z Sun 3rdシングル PV
Allegro Cantabile 4thシングル PV
Sagittarius 5thシングル PV
Rock a Nova 6thシングル PV
Boyz, Boy Don't Cry 7thシングル PV
November is the Ballade(Pf ver.) メジャー2ndアルバム『Shock On The Piano』収録曲 PV
CM-SPOT集

リリースデータ

2008年12月3日 初登場81位 売上0.2万枚 Produced by 末光篤  

SUEMITSU=末光篤(Vocal,Piano,Chorus,Synthesizaer,Tambourine,Bell&Tubular Bell)

THE SUEMITHメンバー

Guitar(2〜15,17),Chorus(7) 鈴木俊介
Bass(2,3,8,11,13),Chorus(7) MITO
Bass(4,14) 三輪ジョータロー
Bass(15) 中尾憲太郎
Bass(10,12) 小山晃一
Bass(6) Sting Miyamoto
Bass(5,9,17) Takahashi Jun
Drums(1〜4,6〜8,10,16,18),Tambourine(2,4,6〜8,18),
Castanet(18),Sleigh Bell(18),Chorus(7)
柏倉隆史
Drums(5,9,17) 田井基良

SUEMITSU&THE SUEMITH初のベストアルバム。ここまでのシングル7作の表題曲全てとアルバム3作、C/Wから選曲され、新曲が3曲収録。初回盤にはマライア・キャリーのカバーがボーナストラックとして追加収録され、PVとCM集を収録したDVDが付属する。今作を持って自身のアーティスト活動を休止すると発表、それを受けてのベスト盤となった。2011年には「末光篤」名義で復帰作をリリースしているが、その間にも作家としての活動は行っていた。基本的に末光篤のソロプロジェクトであり、バンドメンバーは流動的であるがクレジットには上記メンバーがTHE SUEMITHであるとされており、それ以外の管弦楽器やコーラス等はAdditional Musiciansとして別枠でクレジットされている。

とにかく勢いのあるピアノロック。ピアノとロックサウンドを前面に押し出したサウンドはひたすら爽快。星村麻衣もユンナも一時的にしかピアノロックをやらずに違う方向へ行ってしまったのでこういうのを待っていた!というような全開のピアノロックである。ドラマ『花嫁は厄年ッ!』を当時見ていたがドラマ自体は正直記憶に無いくらい面白くなかったものの、ドラマでかかっていた「Astaire」のイントロはキャッチーで非常に耳に残っていた。メロディーとアレンジに関しては本当に天才的な才能を持った「作家」だと思う。だがしかしイマイチ売れずに休止になってしまったのはまず1つに分かりにくく長いアーティスト名&英語タイトルの連発というのもあるが、それ以上にパッとしないのがボーカルである。圧倒的なまでに声量が無くサウンドに埋もれてしまっているので前述のAstaire」も曲よりも演奏のフレーズの方が印象に残っていたくらいである。そもそもにキーも異常に低く、高音の女性ボーカルの曲を下の地声で歌っている男性みたいなイメージである。その上に声が全体的に加工されたかのようなラジオボイスになっており、歌詞も聞き取りにくい。まさにバンドにおいてボーカルではないメンバーが、アルバムやC/Wの1曲でボーカルにチャレンジしたとか、本職がラッパーなのに無理して歌にチャレンジしたけど不慣れ、みたいな感じなので、正直せっかくのメロディーとアレンジを生かせているとはあまり思えなかった。正直このボーカルがイマイチすぎて全18曲はかなり長く感じてしまったのだが、もしボーカリストを誰かに任せていれば曲とアレンジは文句なしにいいので最高の作品になると思うし、確実にドカ売れしていたと思う

DVDの方では風貌が明らかにYO!YO!Check it out!とか言い出しそうな怖そうなおじさんだったのにビックリ。オーディオコメンタリーがついており、そこで曲やPVの制作秘話を語っていてこれが最大の聞きどころ。語り口は丁寧で怖そうな風貌とは正反対に謙虚でいい人であり、話も分かりやすい。激しくピアノを弾きながら歌っている絵はかなり様になっているのでカッコいいのだがやはりボーカルが…

Best Angle for the Pianist-SUEMITSU&THE SUEMITH 05-08-(初回生産限定盤)(DVD付) 初回盤DVD付   Best Angle for the Pianist-SUEMITSU&THE SUEMITH 05-08- 通常盤 

印象度★★★★☆

戻る