beginning

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
星に願いを〜I wish upon a star〜 菅崎茜 増田恵子 尾城九龍  
beginning dream 菅崎茜 大野愛果 大賀好修 1stシングル 最高38位 売上0.9万枚
La La La・・〜夢をみつめたままで〜 菅崎茜 岡本仁志 尾城九龍  
いつまでもずっと 菅崎茜 岡本仁志 小林哲  
君の名前 呼ぶだけで 菅崎茜 徳永暁人 徳永暁人 2ndシングル 最高50位 売上0.3万枚
君に会いたくて 菅崎茜 大野愛果 大賀好修  
Ribbon in the sky 菅崎茜 増田恵子 大賀好修  
春の陽だまりの中で 菅崎茜 大野愛果 小林哲  
Truth 菅崎茜 大野愛果 大賀好修  
10 ボーイフレンド 菅崎茜 岡本仁志 大賀好修 3rdシングルC/W
11 Promises 菅崎茜 麻井寛史 小林哲 1stシングルC/W
12 恋ごころ 菅崎茜 大野愛果 小林哲 3rdシングル 最高38位 売上0.6万枚

リリースデータ

2003年10月22日 初登場47位 売上0.5万枚 Produced by KANONJI GIZA studio

菅崎茜1stアルバム。結果的に唯一のアルバムにしてラストリリースとなった。89年1月7日という昭和最後の日に生まれて02年に13歳でデビュー。これ以降、翌年の岸本早未を始めとして中高生でのデビューがGIZA内でも見られるようになった。結局、アニメ『探偵学園Q』EDというタイアップの『恋ごころ』もさほど伸びずに1stアルバムを迎えて案の定伸び悩み。これにてリリースは停止。公式ページではコラムの更新はマメに続いており、GIZA御用達のパン工場ライブにも定期的に出演。05年頃は出演も多かったが成長期だったせいか、高校生となった菅崎は容姿が当時の面影ゼロな勢いで変化していた。コラムではレコーディングやリリースを示唆する発言も何度か見られた。同時期に3年のブランクを経て上原あずみが復活を果たすというGIZAにとっても初となる凍結歌手の完全復活劇があったため、期待も高まっていた。だが06年3月になってコラムが突如停止。ライブ出演もなくなってしまう。そのまま07年春、自身の高校卒業の時期と重なるようにGIZAの所属歌手リスト、事務所からも名前が消滅。そして公式ページも消滅してしまい完全にフェードアウトした。

よく倉木麻衣の後継的なポジションと言われていたが、Cybersoundを使っていないのでR&B的な歌謡曲といった雰囲気で日本的な雰囲気が強い。アコースティックギターの使用頻度も高く、R&Bを基調とした落ち着いた打ち込みポップスが並んでいる。範囲内ではあるが、けっこういろいろな曲調があるので一本調子にならず、曲もけっこう耳に残るものが多い。GIZAファンなら聞いておくべきアルバムだろう。当時13歳〜14歳という時期にして既にAZUKI 七の手を借りずに全曲作詞している点も注目である。大人っぽい歌唱や曲調なのであまりそんな気はしないのだが、けっこう歌詞は中学生の等身大な面も見せている。GIZAファンからの評判も悪くなかっただけにこれ1枚で終わってしまったのは非常に残念である。

ちなみにリリース時期だけ見るとこの1ヵ月後に出たTAK MATSUMOTO『THE HIT PARADE』に収録された『「いちご白書」をもう一度』のカバーが菅崎の最後にリリースされた音源となる。さらに2ndシングルC/W『fly high』だけが唯一アルバム未収録となっている(1stシングルにのみ表題曲リミックスもある)。

beginning

印象度★★★★☆

戻る