DOUBLES BEST

No タイトル 作詞 作曲 編曲 原曲・投票順位
全力少年 スキマスイッチ スキマスイッチ スキマスイッチ 5thシングル 3位
アイスクリーム シンドローム スキマスイッチ スキマスイッチ スキマスイッチ 13thシングル 7位
ふれて未来を スキマスイッチ スキマスイッチ スキマスイッチ 3rdシングル 5位
スキマスイッチ スキマスイッチ スキマスイッチ 3rdアルバム『夕風ブレンド』収録曲 2位
螺旋 スキマスイッチ スキマスイッチ スキマスイッチ 1stアルバム『夏雲ノイズ』収録曲 6位
ボクノート スキマスイッチ スキマスイッチ スキマスイッチ 7thシングル 4位
スキマスイッチ スキマスイッチ スキマスイッチ 11thシングル『虹のレシピ』C/W 12位
晴ときどき曇 スキマスイッチ スキマスイッチ スキマスイッチ 15thシングル 9位
view スキマスイッチ スキマスイッチ スキマスイッチ 1stシングル 11位
10 ガラナ スキマスイッチ スキマスイッチ スキマスイッチ 8thシングル 8位
11 奏(かなで) スキマスイッチ スキマスイッチ スキマスイッチ 2ndシングル 1位
12 ただそれだけの風景 スキマスイッチ スキマスイッチ スキマスイッチ 1stミニアルバム『君の話』収録曲 10位

 

初回盤A,BのみボーナスCD
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
ラストシーン スキマスイッチ スキマスイッチ スキマスイッチ 16thシングル 最高10位 売上1.2万枚
ユリーカ スキマスイッチ スキマスイッチ スキマスイッチ 17thシングル 最高16位 売上1.6万枚

リリースデータ

2012年8月22日 初登場4位 初動2.9万枚、売上6.6万枚 Produced by スキマスイッチ Ariola Japan

メンバー

Vocal,Chorus(1,2,5,6,8,10,12),Acoustic Guitar(1,2,8,9,11,12),Electric Guitar(5,10),
Bass(5,10,12),Drums(2,8,10,12),Piano(4),cowbell(10),Percussions(10),Hand Clap(10)
大橋卓弥
Piano(1,2,3,4,5,7,9,10,11,12),Organ(4,5),Wurlitzer(5,12),Rhodes(6),鍵盤ハーモニカ(8),
Other Instruments(2,510,12),Percussions(10),Hand Clap(10)
常田真太郎

スキマスイッチ1stセルフカバーアルバム。1月〜3月まで実施されたファン投票で選ばれた上位12曲2人だけでリメイクしている。「2003年7月9日のデビューから満9周年を迎え、10周年記念イヤーへ突入した」とされているが、意味が通っておらず、10年目には突入したものの9周年と自分で言っているわけで10周年イヤーには当然突入していない。10周年イヤーというなら2013年7月9日〜2014年7月8日のはずだ。あくまで10周年へ向けてというなら意味が通るのだが…。初回盤Aはレコーディングドキュメント映像DVD、最新2シングルを加えたボーナスCD付、初回盤BはボーナスCDのみ付属となる。A,BはBlu-spec CD仕様で、さらに応募者全員にスペシャルDVDがプレゼントされる。

2人だけのセルフカバーということで基本はボーカルとピアノ、もしくはボーカルアコギとピアノだが、曲によっては大橋はベースやドラムまで手掛けており、常田の打ち込みが入ったりもしていて2人だけで再現可能なサウンドになっているわけではない。基本的には原曲よりシンプルになったアコースティック路線。原曲がカッチリ作りこまれていて完成度が高いので、ブラッシュアップされたというよりかは2人だけで自由にやってみたというイメージ。なので原曲を知っているのが前提だと思う。ほとんどの曲は大きくアレンジが変わっているので歌が始まるまでは分からないし、「ふれて未来を」なんかはメロディーもかなり変えて歌っているので、聞きなれた曲でも新鮮に聴くことが出来る。「2人だけ」というイメージよりは非常に面白い作品だと思う。

ボーナスCDは最新の2シングルがそのまま放り込まれている。コンセプトが違うシングルなので次回のオリジナルアルバム収録だろうと思っていたが、なぜこうなったのかは経緯がジャケット部分に手書きで記載されており、簡単に書くとコンセプトが違うので入れたくなかったスタッフが入れろと言うので妥協案としてジャケットに経緯を記すことを条件に別DISCとして梱包することになったという。次のオリジナルアルバムにも収録するなら、マイナスになるとしか思えないが何故スタッフは収録を主張したのか分からない。「ビジネス的に」とされてはいるが、ビジネス的にも正直ヒットしたわけでもないシングルでしかも比較的ファン向けのセルフカバーCDに入れたってしょうがないだろうに。9周年って言ってるそばから10周年記念イヤーに突入などと異次元な表現をしてみたりと正常な判断が不可能なほどレコード会社に余裕が無いのだろうか。それともベストでつられるリスナーに現在のシングルもいいからこれからまた買ってくれという次回作へ繋げる考えがあったのだろうか(目先しか見て無さそうだからこれは無いか)。

DOUBLES BEST(初回生産限定盤A)(DVD付) 初回盤A(DVD+ボーナスCD付)  DOUBLES BEST(初回生産限定盤B) 初回盤B(ボーナスCD付)  DOUBLES BEST 通常盤 

印象度★★★★☆

戻る