君の話

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 君の話 大橋卓弥,常田真太郎 大橋卓弥,常田真太郎 大橋卓弥,常田真太郎  
2 太陽 大橋卓弥,常田真太郎 大橋卓弥,常田真太郎 大橋卓弥,常田真太郎  
3 メロドラマ 大橋卓弥,常田真太郎 大橋卓弥,常田真太郎 大橋卓弥,常田真太郎  
4 君のこと全部 大橋卓弥,常田真太郎 大橋卓弥,常田真太郎 大橋卓弥,常田真太郎  
5 view〜オーヴァードライヴMIX〜 大橋卓弥,常田真太郎 大橋卓弥,常田真太郎 大橋卓弥,常田真太郎 1stシングル 最高68位 売上0.9万枚
6 ただそれだけの風景 大橋卓弥,常田真太郎 大橋卓弥,常田真太郎 大橋卓弥,常田真太郎  

strings arrangement:常田真太郎(2)、住友紀人,常田真太郎(4,5,6)

リリースデータ

2003年9月17日
2018年1月3日(再発)
初登場30位 売上2.1万枚 Produced by スキマスイッチ BMG JAPAN
Augusta Records(ユニバーサル)

メンバー

vocal,guitar,harmonica 大橋卓弥
piano,other instruments,total sound produce 常田真太郎

スキマスイッチ1stミニアルバム。03年7月にシングル「view」でメジャーデビューし、2ヶ月後に今作がリリースされた。「view」は別ミックスで収録。この当時はサポートギターを入れていなかったため、ギターは全て大橋の演奏と思われる。2017年に事務所オーガスタがユニバーサルと業務提携した事により、ユニバーサル傘下にオーガスタレコードが設立され移籍。これに伴い2018年1月3日にライブ盤を除く全アルバムとシングルは「奏」「全力少年」「LINE」の3作のみが一斉に再発された。レコード会社移動に伴う再発で音源もそのままのため特に告知もされていない。

年明け3月にリリースした「奏(かなで)」で一気に知名度を広げていくので、アルバムでは今作が唯一売れる前の作品ということになる。当時メンバーは誰かプロデューサーをつけてくれとお願いした事もあったそうだが、周囲スタッフはそれを拒否して2人でやらせたという。確かに今作を聞く限り、プロデューサーによる余計な介入はいらないと思う。常田真太郎のアレンジ能力は当時からかなり高かったようで、早くもストリングスアレンジまでこなしている。この編成だとどうしても大橋が作詞で、常田が作編曲に思われがちだが、大橋も作編曲は一緒に行っているし、常田も作詞を一緒に行っているようで、2人の才能が溶け合って既に強烈な個性を放っているが、そこだけでは終わらないポピュラリティが最初からちゃんとあると思う。

今作に関してはさらにエレキを入れずにアコースティックギターとピアノサウンドを中心にサウンドを構築するのを1つのルールとしていたようで、アコースティック色が強いのも特徴。特にアレンジが冴え渡るのは「view」や「君の話」の勢い溢れるアップテンポな曲だが、これ以外はミディアム〜バラードで歌を聞かせる方にシフトしているので、もう1曲くらいアップテンポなのがあった方が良かったかなとも思う。いずれにせよスキマスイッチの最初の自己紹介としてこの上ない6曲が並んだ聞きやすい作品だ。

君の話     君の話2018年再発盤  

印象度★★★★☆

2018.5.20修正

戻る