Bamboo Collage

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
グラデュエイション TAKUYA TAKUYA TAKUYA  
キャンディ・ライン 高橋瞳 TAKUYA TAKUYA 6thシングル 最高14位 売上1.8万枚
PRIDE shogo.k shogo.k TAKUYA 7thシングルC/W
ブレイクスルー Kohei Japan TAKUYA TAKUYA  
夜のメロディー 山本聡 山本聡 TAKUYA  
強くなれ TAKUYA+
高橋瞳+mavie
TAKUYA TAKUYA 8thシングル 最高68位 売上0.1万枚
恋愛狂の詩 コザック前田 コザック前田 TAKUYA  
セレクション 高橋瞳+田中秀典 平野航 TAKUYA  
コミュニケイション 高橋瞳+渡邊亜希子 TAKUYA TAKUYA 4thシングル 最高60位 売上0.2万枚
10 コ・モ・レ・ビ-Bamboo Ver.- 高橋瞳+渡邊亜希子 TAKUYA TAKUYA 5thシングル 最高50位 売上0.2万枚
11 JET BOY JET GIRL 高橋瞳+mavie TAKUYA TAKUYA 7thシングル 最高33位 売上0.5万枚
12 STAY TUNE Kohei Japan TAKUYA TAKUYA  
13 感じるまま 桑原康伸 桑原康伸 TAKUYA 6thシングルC/W

リリースデータ

2007年10月24日 初登場63位 売上0.3万枚 Produced by TAKUYA ソニー

高橋瞳2ndアルバム。1stアルバム以降は元JUDY AND MARYのTAKUYAをプロデューサーに迎えて制作を開始。TAKUYAの紹介で175Rのshogo.kが楽曲提供。さらに高橋瞳本人が楽曲提供を依頼してガガガSPのコザック前田、桑原康伸、山本聡、加えて同じレーベルの平野航も曲を提供している。ずっと共同作詞が続いていたが、初の単独作詞まで一度は行ったものの提供の際は詞も含めて提供される事が多くなったため結果的に本人作詞は減った。また「コ・モ・レ・ビ」はシングルとは全く違うアレンジのロックバージョンで収録されている。またTAKUYAと同じく元JUDY AND MARYのドラマー五十嵐公太はシングル曲である2,3,6,11,13では参加しているがアルバム曲で新たには参加してない。

シングルの時点で毎回曲調が変わり一貫性が無かったが、シングル曲で半分が埋まったこのアルバムもやはり色んな曲調が入っている。それでいてそれなりに芯も通っているような気もした。少なくともシングルで聞いてきた時よりはまとまって聞こえるから不思議だ。あえて言うならど根性ロック的なたぶんガガガSPの影響なのかなと思われるような雰囲気は随所に感じた。歌い方もかなり変わってきている。アルバム単位ではけっこう飽きずに聞けたのでいいアルバムだと思うし可能性も広がったとは思うけど、突き抜けるならもっと突き抜けて売れ線に走るならもっと徹底した方がいいような気はした。コアなファンをつけたいならもっと全体のミックスを厚くしてロック具合を増すべきだし、アニメタイアップで攻めてるように同世代やライトリスナー狙いなら正直もっと分かりやすくないと売れないだろう。この辺はアニメでしか売れないソニー歌手全般にいえることかもしれない。なんかこう綺麗にまとめすぎて引っ掛かりがないからコアなファンがつかなくて困るっていう。そういう意味ではけっこう振り切ってきたとは思うけどまだ足りない。

「コ・モ・レ・ビ-Bamboo Ver.-」は原曲がかなり切なげな声で歌う新境地的な静かな曲だったので、アルバムの雰囲気に合わせるためにロックバージョンにして歌声も元気な感じにしたんだろうけどどうにも違和感だった。

Bamboo Collage(初回生産限定盤)(DVD付) 初回盤DVD付    Bamboo Collage 通常盤

印象度★★★★☆

戻る