PICORINPIN

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
Fire Ball HitomiHitomitti/Chara Chara Chara/田渕ひさ子  
MUSIC HitomiHitomitti Koji Nakamura Koji Nakamura 12thシングル 最高200位 売上0.03万枚
walkin' HitomiHitomitti/Chara HitomiHitomitti Chara/橋本竜樹/野崎貴朗  
Le Theatre du Grand-Guignol HitomiHitomitti/ROLLY ROLLY ROLLY/長谷川智樹  
恋するピエロッティ(修学旅行Ver.) HitomiHitomitti ROLLY ROLLY/長谷川智樹 11thシングル 最高128位 売上0.05万枚
プールサイド HitomiHitomitti/
H ZETT M&micci
H ZETT M H ZETT M 13thシングル 最高200位 売上0.03万枚
「高橋 "Hello"H ZETT M」名義
ウォーアイニー 高橋瞳 BEAT CRUSADERS BEAT CRUSADERS 10thシングル 最高14位 売上1.0万枚
「高橋瞳×BEAT CRUSADERS」名義
ジレンマ HitomiHitomitti ヒダカトオル ヒダカトオル  
neon sign HitomiHitomitti Koji Nakamura Koji Nakamura  
10 お天気雨 HitomiHitomitti H ZETT M H ZETT M  

※シングル200位以内データ

リリースデータ

2011年9月28日 初登場226位 売上0.05万枚(300位集計) Produced by Chara,Koji Nakamura,ROLLY,H ZETT M,BEAT CRUSADERS,ヒダカトオル ソニー

高橋瞳3rdアルバム。07年以来ほぼ4年ぶりのアルバム。結果的にラストリリース。「ウォーアイニー」以降シングルごとにプロデューサーを迎えてコラボを展開しておりコラボ展開をまとめた作品となっている。そのため前作以降の最古である08年唯一のシングル「あたしの街、明日の街」は未収録となった。なお作詞名義は「恋するピエロッティ」以降はHitomiHitomittiに変更した模様。また本人名義で作曲まで手掛けたのは初である。初回盤は「Fire Ball」PVを収録したDVD付。今作の後にはライブも行ったものの、その後は動きが無くなり、ブログ更新も滞りがちになっていく。やがて12年3月31日をもって事務所スターダストとの契約が終了したことが明かされた。ソニーとの契約終了ではなく事務所との契約が終わったため、終了発表が閉鎖が決定したFCサイトのみで、ソニー運営の公式サイトは放置されたまま、ブログには意味深な「戻ってくる」旨の記事が上がったのみというひっそりした契約終了だった。

売れ線ではないが、コアな音楽ファンの間では評価が高い(と思われる)人々が集結したので、その筋の人たちが見れば豪華だが、これまで高橋瞳が勝負していたヒットチャートの世界では特に有名で無かったり関心を持たれていないような人たちでもあり、正直なところファン層が全くかみ合っていない。これまでのファンにとってはロック路線という軸は変わっていないものの、これまでのような分かりやすいヒット性があるかというとあまり無いわけで離れてしまうのは仕方ない気がする。そして肝心のコアな音楽ファンは基本的にチャートミュージックやアニメタイアップ中心の高橋瞳にそもそも全く関心が無い。結果としてファンがいなくなってしまったということだと思われる。個人的に「ウォーアイニー」はアニメのおかげでヒットしたもののあまり好きな曲ではなかったし、「きゅんきゅきゅん」とかやり始めた「恋するピエロッティ」が出た当初はあまりのわけの分からなさにのけぞった。「MUSIC」はストレートにロックしているので気に入ったがこれとてシングルとしては地味でありヒットする気がしない。「プールサイド」はついにレンタルから追放されてしまったので初めて聞いたがかなり激しいピアノロックでこれはかなりいいと思った。Charaプロデュースの作品はあのChara?という感じだが高橋瞳としては自然にロックしている印象。アルバム全体そんな感じだが、メチャクチャコアで分かりにくいことはなく、40分程度の短さもあってかなりあっさりと聞ける。個人的にはROLLY作品以外はわりかしすんなり聞けたし(「Le Theatre du Grand-Guignol」は中世ヨーロピアンなアルバム内では異色すぎる怪曲)、前2作の売れ線ロックよりも飽きずに繰り返し聞ける1作だと思う。ここまでアニメタイアップで聞いてきたファンにとっては確かに戸惑いはある作品だとは思うがさすがにここまでいきなりファンがいなくなるほど違う世界へ行ってしまったわけではないので、これまで聞いてきた人ならとりあえず聞いて損は無い作品だと思う。

PICORINPIN(初回生産限定盤)(DVD付) 初回盤DVD付   PICORINPIN 通常盤 

印象度★★★★☆

戻る