高橋優2013日本武道館【YOU CAN BREAK THE SILENCE IN BUDOKAN】

No タイトル 備考
1   バイトのアナウンスの子が急に観客を煽り始めるOP
2 ボーリング ミニアルバム『僕らの平成ロックンロールA』収録曲
3 陽はまた昇る 7thシングル
4 こどものうた インディーズシングル
5   MC
6 HITO-TO-HITO 6thシングル『卒業』C/W
7 花のように 4thシングル『誰がために鐘は鳴る』C/W
8 3rdアルバム『BREAK MY SILENCE』収録曲
9 ほんとのきもち 2ndシングル
10   MC
11 テレビを見ながら 3rdアルバム『BREAK MY SILENCE』初回特典CD『ボツ曲大全集@』収録曲
パンクバンドバージョン
12 サンドイッチ 1stアルバム『リアルタイム・シンガーソングライター』収録曲
13 靴紐 1stアルバム『リアルタイム・シンガーソングライター』収録曲
14 8月6日 1stシングルC/W
15   MC
16 CANDY 3rdアルバム『BREAK MY SILENCE』収録曲
17 少年であれ 1stアルバム『リアルタイム・シンガーソングライター』収録曲
18   MC
19 (Where's)THE SILENT MAJORITY? 8thシングル
20 泣ぐ子はいねが 3rdアルバム『BREAK MY SILENCE』収録曲
21 頭ん中そればっかり インディーズアルバム『僕らの平成ロックンロール』収録曲
22 現実という名の怪物と戦う者たち 3rdシングル両A面曲
23 素晴らしき日常 1stシングル
24   MC
25 同じ空の下 9thシングル
アンコール
26 旅人 ライブ当時初公開新曲  10thシングル両A面曲
27 友へ インディーズアルバム『僕らの平成ロックンロール』収録曲
28   MC
29 福笑い 3rdシングル
30   MC Wアンコール
31 駱駝 インディーズアルバム『僕らの平成ロックンロール』収録曲 弾き語り
32   エンドクレジット BGM「同じ空の下」
<特典映像>
  高橋優すべってもくじけないライブMC集2011〜2012 ライブMC集4本
  噛みんぐTune〜カミカミ10連発〜 MCで噛んだシーン10連発(1発目は今作本編のMCと被り)

※DVDでは25曲目までDISC-1、アンコール以降はDISC-2

リリースデータ

2014年5月28日 音楽Blu-rayチャート初登場6位(総合20位圏外)
音楽DVDチャート初登場4位(総合7位)
売上0.19万枚
売上0.35万枚
Produced by 箭内道彦 ワーナー

高橋優2ndライブ映像作品。DVDとBlu-rayでの発売でBlu-rayとしては初の作品2013年11月24日に行われた初の武道館公演の模様を全曲収録。アンコール前後でステージを去るまでの部分など一部はカットされている。特典映像として過去の4つのライブのMC部分とMCで噛んだシーンのみを抜粋した10連発映像が収録されている。初回プレス盤には80Pに渡る別冊「武道館と高橋」と題されたブックレットが付属する。シングル「太陽と花」と同時発売。連動特典として応募者全員にオリジナルイヤホンがプレゼントされる。

当日の感想はこちら。見所の1つだった注意事項を読み上げるアナウンスのバイトの子が観客を煽る部分からしっかり入っているのが嬉しい。なおこのバイトの子は「Voice:バイトの柏木ちゃん」とクレジットされている。この時点での活動中期に当たる曲がほぼごっそり抜けており、最新作と初期作を中心に披露しているが、流れが非常に良く、終盤になるにつれてテンションが上がっていくという非常に魅力的なラインナップ。当日は文字通り沈黙をぶち破っての合唱の嵐だったが、その熱気もしっかりパッケージされている。ただ非常に残念なのがミックスバランスがメチャメチャ悪い。CD作品でもこの傾向はあるが、今作でも妙に低音に重心が行き気味+アコギの音はシャカシャカ、真ん中がちょっと抑えめといったバランスになっている。ライブだとそれが余計ブーストされた感じになっており、ベース音やドラムのキックなど低めの音ばかりが随分でっかく鳴っていて、これに続いて埋もれがちなはずのアコギが妙にシャカシャカ鳴ってて、続いてボーカル、その次になってようやく本来は1番目立って聞こえるはずのエレキギター、そしてピアノっていう感じ。ここまで極端なバランスに仕上げているライブ作品は正直初めて見たような気がする。もっとボーカルとギターに前に出て欲しいのに壁が1つある感じ。せっかくのいいライブがもったいない。ただこれはBlu-rayプレイヤーから音声のみを光ケーブルでミニコンポEX-AR3に繋いで鳴らしたらこんな事になったんだけど、TVのスピーカーだけで聞いたら昔のカセットデッキみたい音質になった(これは使用しているSHARP16インチTV(このサイズは既に生産中止)のスピーカーが価格.comのレビューでも大半の人に音は弱いと書かれまくるくらい貧弱なため)ものの、ボーカル+バンドという感じにボーカルが立って聞こえた。恐らく標準的なTVスピーカーで視聴すれば普通にボーカルがメインで聞こえるようなミックスにしているのかもしれない。もっとBlu-ray視聴に適した相応の環境で聞いたらどうなるか分からないが、少なくとも俺の視聴環境とは相性が最悪だったようだ。

またライブの熱気が冷めやらないアンコール終了後にBGMとして「(Where's)THE SILENT MAJORITY?」がかかり、観客が熱唱。高橋優もサビだけ熱唱した部分やWアンコールが終わって去るまでの間に今度は「同じ空の下」がBGMとして流れたので大合唱になったという部分は全てバッサリカットされてしまった。本編終了からアンコールへの流れもそうだけど、余韻を持たせずに切ってしまって次につなげているのでアンコール付近の編集はちょっと当日の空気が伝わりにくくなってしまっているように思う。バイトの柏木ちゃんを残したのは良かったんだけど、ミックスの変なバランスといい、アンコール付近の編集の切り方といい、当日の感動をもう1度!というところまでは行かなかった。それでもまあ普通にここ2,3年くらいの間に発売されたTVで視聴する分にはたぶん変には聞こえないと思うし、ライブ自体は文句なしの熱さなので十分いい作品だとは思う。

高橋優2013日本武道館 【YOU CAN BREAK THE SILENCE IN BUDOKAN】 [Blu-ray]Blu-ray   高橋優2013日本武道館 【YOU CAN BREAK THE SILENCE IN BUDOKAN】 [DVD]DVD 

印象度★★★★☆

戻る