Diary

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
桜色 AZUKI 七 桂花 小林哲 6thシングル 最高56位 売上0.3万枚
いびつな果実 竹井詩織里 Hiya&Katsuma 小林哲  
迷子の街 竹井詩織里 竹井詩織里 小林哲  
最後のカーブ 竹井詩織里 宝仙明伽音 NAKEDGRUN  
milky way 竹井詩織里 大野愛果 小林哲  
きっともう恋にはならない AZUKI 七 大野愛果 小林哲 7thシングル 最高88位 売上0.2万枚
サイクル 竹井詩織里 桂花 大賀好修  
Like a little Love AZUKI 七 徳永暁人 小林哲 8thシングル 最高59位 売上0.2万枚
並木道 竹井詩織里 後藤康二 藤原知之  
10 sweet home 竹井詩織里 小澤正澄 NAKEDGRUN  
11 同じ夜 違う朝 竹井詩織里 桂花 NAKEDGRUN  
12 夢のつづき 竹井詩織里 後藤康二 小林哲 9thシングル 最高94位 売上0.1万枚
13 Sleep 竹井詩織里 竹井詩織里 岡本仁志 13トラック目であるが表記は「outro.」となっている

リリースデータ

2007年4月18日 初登場48位 売上0.3万枚 excutive produced by KANONJI GIZA studio

竹井詩織里3rdアルバム。移り変わる季節を表現しており、1曲目の「桜色」が3月にあたり、12曲目の「夢のつづき」の2月まで1曲ごとに12ヶ月を表現している。13曲目はoutro.という表記で、2月と3月をつなぐ「冬眠」の意味があるという。2ndの時点で全作詞は竹井本人になっていたが、今作で再びAZUKI 七の作詞が3曲ある。これはこの3曲はどれも「ライブで暖めてきた」とか、前からあった曲であるようなコメントを残している事からAZUKI 七による提供を受けていた1stアルバム頃からあった曲だからだと思われる。前作以降、C/Wなどで登場していた本人作曲だが今作でも2曲を自作、特に『Sleep』ではピアノも竹井本人が弾いている。

声が気に入って前作の頃にははまって購入していたのだが、いかんせん地味な作風に飽きてきてしまい「夢のつづき」からはレンタルに格下げしてしまった。今回はすっかり熱も冷めて、大して期待せずに聞いたのだが思っていたよりも良かった。地味でパッとしないところは変わらないのだが、予想以上に、どバラードがなかった。「桜色」「Like a little Love」くらいがスローバラードで後はわりかしテンポのある曲が並んでいたので間延びしない。個人的には1番退屈だったのだが冒頭の「桜色」で、いきなり期待が大幅に下がったもののそれ以降はすんなりと聞けた。作風にしても下手にポップすぎる方向にも走らず、BGM的にもなりすぎずちょうどよくて心地いい。何より今作がいいのがようやく生音にこだわり始めたところ。これまではC/Wで数曲ドラムを使った曲があるくらいでほぼ全ての曲のリズムは打ち込みで他の楽器さえ打ち込みで済ます曲が少なくなかった。だが今作はパーカッション、ドラムを使った曲が7曲にも及んでいる(ドラムは3曲)。この手のアコースティック調な作風で行くならやはり打ち込みではあまりに軽くなりすぎてしまうので生音にこだわり始めたのは個人的には非常にいいことだと思う。自身作曲も始めたし、今後の展開もけっこう楽しみである。ただ地味は地味なので、聞く人は選ぶ。落ち着いたポップスを聞きたい気分の人にはおススメ

Diary

印象度★★★★☆

戻る