The note of my twenty years

No タイトル クレジット 編曲 公式による解説
The Girl From Ipanema Antonio Carlos Jobim-
Vinicius de Moraes
工藤勝洋 世界的なボサノバの大流行のきっかけとなった楽曲
Groovin' F.Cavaliere-
E.Brigati
Tomoyuki Fujiwara 60年代にアメリカで活躍したThe Rascalsの大ヒット曲
Desafinado Antonio Carlos Jobim-
Newton Mendoca
古賀和憲 Antonio Carlos Jobim作曲
This Masquerade Leon Russell-
Leon Russell
工藤勝洋 70年代に活躍したレオン・ラッセルの作品
カーペンターズ、ジョージ・ベンソンもカバーした事がある。
Aruanda Calros Lyra-
Geraldo Vandre-
Norman Mendoca
Tomoyuki Fujiwara Astrud Gilbertoのバージョンが有名
Time After Time Cyndi Lauper-
Robert Hyman
アマオトラァラ 83年に世界的大ヒットとなったシンディ・ローパーの名曲

リリースデータ

2006年2月1日発売 300位圏外
インディーズチャート初登場13位
TENT HOUSE

竹井詩織里3rdカバーミニアルバム。18歳、19歳とメジャーデビュー直前から毎年リリースしているカバーミニアルバムの第3弾。これはインディーズからのリリース。といってもGIZAの支配圏内のレーベル。3年連続で3作続いたシリーズは今作が最後となっている。シングル『桜色』と同時発売。シングルが3曲入り1260円、今作が1300円。その差わずか40円。メジャーとインディーズの違いのせいかなんとも微妙な値段設定。なんだかな…。

全英語詞。アコースティック楽器がッチャ〜チャチャッチャッ♪と心地よく鳴ってるようなボサノバ全開のアルバム。この手のジャンルはまともに聞いたことがないので有名な曲のカバーだろうと全くもって知らない。あんまり下手なことも言えないのだが…。竹井さんの声とこのボサノバの空気はとても合っていてすんなり聞くことが出来た。この手のジャンルが好きな人、竹井さんのボーカルが好きな人は聞いて損はないと思う。

The note of my twenty years

印象度★★★☆☆

戻る