タキツバベスト

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
Overture   YU YU インスト 新曲
True Heart 松井五郎 Mr.Funemyr CHOKKAKU 1stアルバム『Hatachi』収録曲
キ・セ・キ/滝沢秀明 Kenn Kato Hironari Tatsumi CHOKKAKU 1stアルバム『Hatachi』収録曲
Get Down/今井翼 宮崎歩 宮崎歩 ha-j 1stアルバム『Hatachi』収録曲
卒業〜さよならは明日のために〜 Kenn Kato 松本良喜 CHOKKAKU 1stシングル『To be,To be,Ten made,To be』収録曲
最高3位 売上10.7万枚
夢物語 羽場仁志 羽場仁志 安部潤 2ndシングル 最高1位 売上19.9万枚
One Day,One Dream 小幡英之 吉川慶 CHOKKAKU 3rdシングル 最高1位 売上11.1万枚
セレナーデ
愛想曲
羽場仁志 羽場仁志 h-wonder 4thシングル 最高3位 売上9.1万枚
仮面 小幡英之 酒井ミキオ 鈴木雅也 5thシングル 最高1位 売上12.4万枚
10 未来航海 森元康介・
田形美喜子
森元康介 CHOKKAKU 5thシングル両A面曲
11 Venus 羽場仁志 羽場仁志 CHOKKAKU 6thシングル 最高1位 売上30.1万枚
12 Ho! サマー 羽場仁志 羽場仁志 CHOKKAKU 7thシングル 最高2位 売上14.3万枚
13 ×〜ダメ〜 min-hwa 鈴木盛広 前嶋康明 8thシングル 最高1位 売上9.8万枚
14 Crazy Rainbow TAKESHI・
森元康介
森元康介 CHOKKAKU 8thシングル両A面曲
15 SAMURAI 羽場仁志&
井筒日美
羽場仁志 CHOKKAKU 9thシングル 最高1位 売上8.5万枚
16 Daydreamer 藤井フミヤ 藤井尚之 増本直樹 新曲 赤盤のみ収録

※シングル200位以内データ

青盤は全15曲のCD+DVD付(PVメドレー&ヒストリー映像)
緑盤は全15曲のCD+Jr.時代の楽曲を収録した全10曲のボーナスCD
赤盤は新曲を収録した全16曲とブックレットが特典としてついている。

リリースデータ

2007年10月17日 初登場1位 売上11.2万枚 エイベックス

メンバー

滝沢秀明
今井翼

タッキー&翼、初のベスト盤。デビュー5周年記念で、デビュー盤『Hatachi』から1曲目と2人のソロ曲、そしてここまでのシングルA面を網羅。DVD付の赤盤、Jr.時代の楽曲を収録した緑盤、新曲収録の赤盤という3パターンジャニーズ商法。タッキーの『キ・セ・キ』は02年の自身主演ドラマ「太陽の季節」主題歌。翼のほうは自身は出演していないバラエティ「裸の少年」ED。

ジャニーズJr.時代から2人の名前はジャニーズファンだけでなく、ドラマ出演などでの人気もあって名前を知らない者はいないくらいの人気があった。ところがKinKi Kidsのように「待望のCDデビュー」からの大爆発ヒットを狙ったのか、CDデビューをじらした結果、いざデビューしたら期待通りにはいかず、正直コケたといっていいレベルに終わってしまった。デビュー曲が最大のヒットになる近年のジャニーズにおいてスタートダッシュ失敗は例の無い事態。彼らがデビューした02年はジャニーズがCD不況のあおりを受けて近年では最も低迷していた時期だったのも厳しかった。トドメに以降のNEWSやKAT-TUNは不況の中でも先輩の自力を上回る売上で続々デビューしていってしまったため、彼らの影は薄くなる一方。『夢物語』のロングヒットで持ち直して、『Venus』などのヒットはあったものの、Jr.時代が完全にピークだったのは否めない感じになってしまっている。これは2人がCDデビュー時期を境にして連ドラ出演を停止してしまい、お茶の間からの印象が薄くなってしまったことも原因の1つにあると思う(『ズバリ言うわよ』は…ねぇ?)。翼は連ドラ主演級には届かず、早いうちにドラマからは消えてしまったが、タッキーのほうは主演も続いて大河『義経』までいったのに、それっきりである。舞台のほうに行ってしまうと一般的にはますます影が薄くなる一方だ。

失敗してしまったデビュー当初の楽曲は今の韓国アイドルみたいな2枚目路線で、キャッチーさに欠ける。20歳までデビューを待ったので少し「大人」な路線でかっこよくいきたかったのだろう。「夢物語」での歌謡路線が当たるとそっちへシフト。インパクトのある手振りも含めて、ある程度の方向性は確定した感じで、インパクト重視の楽曲が続く。これは一歩間違えると、若干ハズし気味になってしまう危険はあるものの(『×〜ダメ〜』は1番ハズしちゃった例だと思う)、けっこう楽しめる。シングルが並ぶベストとなるとかなり楽しく、最後まで飽きずに聞ける。『Ho! サマー』とかはさすがにハジケすぎだが、それ以外はけっこう大人っぽさも見せるなど、意外と他のジャニーズには無いタキツバとしての個性がある。当初の目論見とは全く違う方向へ向かってしまったとはいえ、この路線で独自の道を進んで欲しい。

タキツバベスト 通常盤(新曲付)  タキツバベスト(初回限定生産盤・ジャケットA)(DVD付) DVD付  タキツバベスト(初回限定生産盤・ジャケットB) 全10曲のボーナスDISC付

印象度★★★★☆

戻る