群像の星

No タイトル 作詞 作曲 原曲、享年
1 みんな夢の中 浜口庫之助 浜口庫之助 浜口庫之助(作詞作曲) 享年73歳
2 愛の讃歌 訳詞:岩谷時子 Marqueritte Monnot 越地吹雪 享年56歳
3 圭子の夢は夜ひらく 石坂まさを 曽根孝明 藤圭子 享年62歳
4 やっぱ好きやねん 鹿紋太郎 鹿紋太郎 やしきたかじん 享年64歳
5 I LOVE YOU 尾崎豊 尾崎豊 尾崎豊 享年26歳
6 月のあかり 下田逸郎 桑名正博 桑名正博 享年59歳
7 初恋 村下孝蔵 村下孝蔵 村下孝蔵 享年46歳
8 時代おくれ 阿久悠 森田公一 河島英五 享年48歳
9 あの素晴らしい愛をもう一度 北山修 加藤和彦 加藤和彦(作曲) 享年62歳
10 上を向いて歩こう 永六輔 中村八大 坂本九 享年43歳
11 男はつらいよ 星野哲郎 山本直純 渥美清 享年68歳
12 みんな夢の中〜リプライズ〜 浜口庫之助 浜口庫之助 1曲目のリプライズ

ARRANGEMENT:玉置浩二、トオミヨウ、佐野聡、矢萩渉、YUICHI NITTA

リリースデータ

2014年11月19日(通販先行)
2014年12月3日(一般発売)
初登場31位 売上0.7万枚 Saltmoderate

玉置浩二、初のカバーアルバム。オリジナルアルバム『GOLD』から8ヶ月でのリリース。セルフカバーはあったがカバーアルバムは初となる。同じ時代を共有してきたアーティストであり既に亡くなった人々の楽曲をカバーした作品。このため目次部分には楽曲とオリジナル歌唱者もしくは作者の名前に享年が併記されるといった珍しい事になっている。前作までは自主レーベルでのリリースながらソニーが販売委託という形だったが、今作にはソニーは関与せず、2012年以降、自主レーベルとなったSaltmoderateの流通はソニーが請け負い、ソニーのサイトにも情報が掲載されていたが今作はソニーではなくスペースシャワーミュージックが流通を請け負っている模様。発足当時はちゃんと中身があったもののソニー委託後はSaltmoderateのホームページがトップのみとなり、後はソニーのサイトに飛ばす仕様に変わってしまっていたため、今作はFCサイトのペラ1枚でしか公式な情報を得ることができなかった。初回盤はライブDVD付。またFC限定盤では加えて今作の11曲の弾き語りCDが付属する。通販限定で11月19日に先行販売され、12月3日に一般発売された。O社では一般発売後のランクインとなり、後から一括申告したのか先行販売分は集計対象外なのかは不明。

制作陣はここ最近と同じ。一括クレジットなので1曲ごとには不明だが、例によってアコースティックと鍵盤系のシンプルなサウンドに管弦を加えた形で、リズム部分はかなり軽く仕上がっているので今回もトオミヨウが主軸になっていると思われる。安全地帯からはギターキーボード、アレンジャーの1人として矢萩のみ参加。玉置浩二のクレジットはギター、パーカッションとドラムになっているほか、妻の青田典子(クレジットは玉置工子でエグゼクティブプロデューサーにもなっている)もボーカルとしてクレジットされており、女性コーラスが聞こえる部分は青田典子の声と思われる。故人の曲なので、結果的に昭和歌謡ポップスのカバーアルバムといった色が強くなっていて(徳永的にはVINTAGE)、現在の広く知られたヒット曲カバーというカバーアルバムブームの主軸からは少し外れて昭和懐古に浸れる年配者向け。半分程度しか聞いたことのある曲が無く、全部生まれる前の曲なので"昔の曲"という認識か、そもそも知らない曲だけだったが、玉置浩二のボーカルが乗ることで圧倒的に玉置浩二の楽曲になっていて、個人的には玉置浩二のボーカリストとしての深みさと楽曲の普遍性を再認識するアルバムといった印象。思っていたよりもいいアルバムだった。

群像の星 (生産限定盤)限定盤DVD付  群像の星 (通常盤)通常盤 

印象度★★★★☆

戻る