BABY BLUE

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 あふれでる感情 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN・葉山たけし  
2 WALKIN' IN THE RAIN 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN・明石昌夫  
3 JUST ILLUSION 高樹沙耶 織田哲郎 明石昌夫 3rdシングル 最高22位 売上9.8万枚
4 Heart Of Gold 森友嵐士 川島だりあ T-BOLAN・明石昌夫 2ndシングルC/W
5 想い出がさがしてる 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN・葉山たけし  
6 Lovin' you 森友嵐士 五味孝氏 T-BOLAN・明石昌夫  
7 薔薇色の悪女 森友嵐士 織田哲郎 T-BOLAN・明石昌夫  
8 Sorry My Love 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN・葉山たけし  
9 Baby Blue 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN・葉山たけし  
10 離したくはない(アコースティックバージョン) 森友嵐士 森友嵐士 西田昌史 1stアルバム『T-BOLAN』収録曲
2ndシングル(カット) リメイク

リリースデータ

1992年4月22日
1993年4月2日
初登場4位 売上62.9万枚 Produced by 長戸大幸
Sound Produced by 明石昌夫、葉山たけし、西田MARCY
ROCKIT RECORDS
ZAIN RECORDS

メンバー

Vocal 森友嵐士
Drums 青木和義
Guitar 五味孝氏
Bass 上野博文

T-BOLAN2ndアルバム。前作からわずか5ヶ月での発売。前作からシングルカットされた「離したくはない」がロングヒットしていたことを受けてか、「離したくはない」はアコースティックバージョンとして再録音されている。歌詞はシングルバージョンになっている。また先行シングルの「JUST ILLUSION」はさほどヒットしなかったが、アルバム自体は初のトップ10入りを果たし、前作の累計も上回るヒットを記録した。なお何故か「JUST ILLUSION」だけシングルで唯一どのベスト盤にも収録されていない。前作同様ZAIN RECORDSに移動してから93年に再発売されている。

先行の「JUST ILLUSION」こそ前作の路線を引き継いだギラギラ系打ち込みロックだが、それ以外はわりと暖かみのあるサウンドも多くて幅が広がり、1stほどのギラギラ感はない。とはいっても相変わらず打ち込みっぽい音色は変わらず、特にアップテンポになると全体的な音の響きに対してかなり古臭さと商業ロックっぽさを感じてしまう。「薔薇色の悪女」が「JUST ILLUSION」とどことなくメロディーが似ていて印象が被るのは、1年後のMANISH「声にならないほど愛しい」とWANDS「愛を語るより口づけをかわそう」の関係性に通じるものがある(すべて織田哲郎作曲)。「あふれでる感情」は1つ抜けてシングル級の名曲だけど、タム回しの音の異様なマヌケさが今となっては少しもったいない。もう少しシンプルなサウンドに抑えた「Lovin' you」辺りだと時代錯誤感は薄れる。シンプルな歌メロ重視のバラードになるほど古さを感じない。それだけに生音重視でリメイクするだけで相当化けそうな作品だ。アコースティックバージョンの「離したくはない」はアコースティックギターを強調した仕上がりで一応バンドスタイルにはなっている。相変わらずリズムが打ち込みっぽくて時代を感じるものの、原曲よりは古さを感じないサウンドになっているので後追いだと案外こっちの方が聞きやすいかも。

BABY BLUE

印象度★★★☆☆

戻る