BEST OF BEST 1000 T-BOLAN

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
離したくはない 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN・明石昌夫 2ndシングル 最高15位 売上47.2万枚
Bye For Now 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN・明石昌夫 6thシングル 最高2位 売上118.3万枚
じれったい愛 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN・明石昌夫 5thシングル 最高2位 売上68.4万枚
マリア 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN・明石昌夫 12thシングル 最高3位 売上78.2万枚
サヨナラから始めよう 森友嵐士 織田哲郎 T-BOLAN・明石昌夫 4thシングル 最高13位 売上21.6万枚
おさえきれない この気持ち 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN・明石昌夫 7thシングル 最高1位 売上82.6万枚
刹那さを消せやしない 森友嵐士 森友嵐士・
五味孝氏
T-BOLAN・明石昌夫 9thシングル 最高1位 売上73.2万枚
わがままに抱き合えたなら 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN・明石昌夫 10thシングル 最高3位 売上40.4万枚
Heart of Gold 森友嵐士 川島だりあ T-BOLAN・明石昌夫 2ndシングルC/W
10 すれ違いの純情 森友嵐士 織田哲郎 T-BOLAN・葉山たけし 8thシングル 最高2位 売上74.3万枚
11 傷だらけを抱きしめて 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN・明石昌夫 9thシングル両A面曲

リリースデータ

2007年12月12日 初登場62位、最高42位 売上2.2万枚 B-Gram Records

メンバー

Vocal 森友嵐士
Drums 青木和義
Guitar 五味孝氏
Bass 上野博文

T-BOLAN5thベストアルバム。1050円の廉価で10作まとめて発売された90年代ビーイングのBEST OF BEST 1000シリーズの1つ。シリーズ公式サイトはこちら。02年〜03年にかけて発売されたat the BEING studioのさらに簡易版のような作品集でZYYG以外は収録曲含めて内容がかなり被っている。シングルサイズのジャケットでライナーノーツが付属されている。91年デビュー、96年を最後に凍結。98年〜99年にリミックス作品があったものの99年末解散発表。ベスト盤は通算5枚目となり、オリジナルアルバムの作品数と並んだ。

94年までのシングルを1st、3rdを除いて収録。『Heart of Gold』は過去2連続で同一のライブバージョンでの収録になっていたが、スタジオ録音バージョンはベスト盤初収録となる。亀田大毅が06年5月にKO勝利後にこの曲を熱唱し、その後ボーカルの森友との親交が芽生え、06年8月には森友が国歌斉唱を歌い久々にメディアの前に姿を見せたという流れがあった事が今回のシリーズ中最も売れた理由だろうか(at the BEING studioの時は発売直後に24時間テレビで偶然にも収録されている2曲を熱唱した大黒が最大ヒットになった)。だいたいいつも通りの選曲だが、後期の曲がない。とはいえ代表ヒットはこれ1枚で抑えられるというかT-BOLANのベストはどれも毎回微妙に選曲が違いながらも押さえるところは押さえてあるのでどれを聞いても問題ない

ライナーノーツに関しての変な箇所は以下の通り。
前身バンドの名前をat the BEING studioでは「BOLAN」と記載していたのに今回は「Tear BOLAN」としている。
・「離したくはない」がオリコンチャート2位を記録したと記載→実際には最高15位
「Hot Hip Love」が森友と五味の共作ナンバーであると記載→ここで例として他に挙げている曲(「刹那さを消せやしない」「くちびるはNO KISS」「Be Myself」)は
作曲が2人の共作という楽曲である。しかし、この曲は作詞が森友、作曲が五味。このパターンの楽曲も他にもあるにも関わらず、記載されていないので、作曲が2人の共作と勘違いして記載してしまったと思われる。
・「マリア」をバラードナンバーと表記→Acoustic Versionはバラードだけど、シングル版はアップテンポじゃね?
・「マリア」は元々「夏の終わりにT」に収録→そんなタイトルの作品は
存在せず、第1弾「夏の終わりに」には数字は振られていない。収録されていたのは「夏の終わりにU」

BEST OF BEST 1000 T-BOLAN

印象度★★★★☆

戻る