HEART OF STONE

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 びしょ濡れの優しさの中 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN,明石昌夫  
2 すれ違いの純情 森友嵐士 織田哲郎 T-BOLAN,葉山たけし 8thシングル 最高2位 売上74.3万枚
3 涙の笑顔 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN,葉山たけし  
4 Only Lonely Crazy Heart 森友嵐士 青木和義 T-BOLAN,明石昌夫  
5 Shiny Days 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN,葉山たけし  
6 Out of Time 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN,明石昌夫  
7 おさえきれない この気持ち 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN,明石昌夫 7thシングル 最高1位 売上82.6万枚
8 泥だらけのエピローグ 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN,明石昌夫  
9 Friends 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN,葉山たけし  
10 Heart of Stone 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN,葉山たけし  
11 Bye For Now 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN,明石昌夫 6thシングル 最高2位 売上118.3万枚

リリースデータ

1993年5月26日 初登場1位 売上86.6万枚 Sound Produced by 森友嵐士
Produced by 長戸大幸
ZAIN RECORDS

メンバー

Vocal 森友嵐士
Drums 青木和義
Guitar 五味孝氏
Bass 上野博文

T-BOLAN4thアルバム。前作から半年でのリリース。その間にシングルでの初ミリオン(唯一)、初の1位獲得(シングル・アルバム両方)、と絶頂期を迎えたかに見えたが、アルバムでは3週連続1位獲得(ちなみにその後TUBEが3週連続、ZARDが2週連続、1週置いて3週連続…とビーイングブーム全盛)にも関わらず、ミリオン達成どころか(90年代前半は爆発的に伸びたシングルに比べてアルバムセールスの方がやや遅れをとっており、こういうケースも多かった)、前作より下がってしまった。結局オリジナルアルバムでの1位獲得は今作のみとなる。前作に続いて初回盤はBOX入り、別冊ブックレット写真集付、さらにはライナーノーツも付属。今作よりビーイング直営のZAIN RECORDSに移動した。

T-BOLAN王道サウンドの完成。また後輩が大量にデビューしチャートを席巻するなど、ビーイングブームを迎え、ビーイングサウンド自体がトレンドにもなった。タイトル曲「Heart of Stone」ではコーラスで近藤房之助、坪倉唯子(共にB.B.クィーンズ)、川島だりあ(FEEL SO BAD)、宇徳敬子(当時Mi-Ke)、大田紳一郎(当時BAAD)らが参加。他の曲でも栗林誠一郎(当時ZYYG)や大黒摩季などもコーラス参加しているが、自作体制であるT-BOLANは逆に他へ提供したり、参加するような事はしていなかったようだ。「泥だらけのエピローグ」は解散時に森友が出したエッセイ本のタイトルにもなっており、夢をひたすらに追いかけるという歌詞もロック調のサウンドもT-BOLANの代名詞のような曲サウンド面ではここがT-BOLANの到達点であり、5枚のオリジナルアルバムの中では最もT-BOLANのイメージに沿った内容になっていると思う。93年当時のビーイングサウンド自体が既に古くなってきている事もあり、全く古さを感じないというほどではないが、少なくとも時代錯誤な感じはかなり薄れた。ベスト盤以外で最初に聞くなら今作がいいと思う。

HEART OF STONE

印象度★★★★☆

戻る