T-BOLAN BEST LIVE&CLIPS

DISC-1-BEST LIVE-
No タイトル 会場 作詞 作曲 備考
悲しみが痛いよ 1st TOUR "First Live" 1992/4/23 新宿日清パワーステーション 川島だりあ 川島だりあ 1stシングル
JUST ILLUSION 1st TOUR "First Live" 1992/4/23 新宿日清パワーステーション 高樹沙耶 織田哲郎 3rdシングル
サヨナラから始めよう 1st TOUR "First Live" 1992/4/23 新宿日清パワーステーション 森友嵐士 織田哲郎 4thシングル
離したくはない 1st TOUR "First Live" 1992/4/23 新宿日清パワーステーション 森友嵐士 森友嵐士 1stアルバム『T-BOLAN』収録Ver.
2ndシングル(カット)
じれったい愛 3rd TOUR"SO BAD" 1992/12/26 渋谷公会堂 森友嵐士 森友嵐士 5thシングル
薔薇色の悪女 3rd TOUR"SO BAD" 1992/12/26 渋谷公会堂 森友嵐士 織田哲郎 2ndアルバム『BABY BLUE』収録曲
Bye For Now 3rd TOUR"SO BAD" 1992/12/26 渋谷公会堂 森友嵐士 森友嵐士 6thシングル
すれ違いの純情 4th TOUR"LIVE HEAVEN 1993-HEART OF STONE-" 1993/7/2 渋谷公会堂 森友嵐士 織田哲郎 8thシングル
おさえきれない この気持ち 4th TOUR"LIVE HEAVEN 1993-HEART OF STONE-" 1993/7/2 渋谷公会堂 森友嵐士 森友嵐士 7thシングル
10 刹那さを消せやしない 4th TOUR"LIVE HEAVEN 1993-HEART OF STONE-" 1993/7/2 渋谷公会堂 森友嵐士 森友嵐士,
五味孝氏
9thシングル
11 傷だらけを抱きしめて 4th TOUR"LIVE HEAVEN 1993-HEART OF STONE-" 1993/7/2 渋谷公会堂 森友嵐士 森友嵐士 9thシングル両A面曲
12 SO BAD 3rd TOUR"SO BAD" 1992/12/26 渋谷公会堂 森友嵐士 森友嵐士 3rdアルバム『SO BAD』収録曲
13 あふれでる感情 3rd TOUR"SO BAD" 1992/12/26 渋谷公会堂 森友嵐士 森友嵐士 2ndアルバム『BABY BLUE』収録曲
14 瑠璃色のため息 3rd TOUR"SO BAD" 1992/12/26 渋谷公会堂 森友嵐士 織田哲郎 3rdアルバム『SO BAD』収録曲
15 泥だらけのエピローグ 5th TOUR"LIVE HEAVEN '93-'94-LOOZ-" 1994/3/19 中野サンプラザ 森友嵐士 森友嵐士 4thアルバム『HEART OF STONE』収録曲
16 わがままに抱き合えたなら 5th TOUR"LIVE HEAVEN '93-'94-LOOZ-" 1994/3/19 中野サンプラザ 森友嵐士 森友嵐士 10thシングル
17   4th TOUR"LIVE HEAVEN 1993-HEART OF STONE-" 1993/7/2 渋谷公会堂     「遠い恋のリフレイン」披露前のMC
18 遠い恋のリフレイン 4th TOUR"LIVE HEAVEN 1993-HEART OF STONE-" 1993/7/2 渋谷公会堂 森友嵐士 森友嵐士 1stミニアルバム『夏の終わりに』収録曲
19 Only Lonely Crazy Heart 4th TOUR"LIVE HEAVEN 1993-HEART OF STONE-" 1993/7/2 渋谷公会堂 森友嵐士 青木和義 4thアルバム『HEART OF STONE』収録曲
20 My Life is My way 5th TOUR"LIVE HEAVEN '93-'94-LOOZ-" 1994/3/19 中野サンプラザ 森友嵐士 森友嵐士 3rdアルバム『SO BAD』収録曲
21 びしょ濡れの優しさの中 5th TOUR"LIVE HEAVEN '93-'94-LOOZ-" 1994/3/19 中野サンプラザ 森友嵐士 森友嵐士 4thアルバム『HEART OF STONE』収録曲
22 Heart of Gold 4th TOUR"LIVE HEAVEN 1993-HEART OF STONE-" 1993/7/2 渋谷公会堂 森友嵐士 川島だりあ 2ndシングルC/W

 

DISC-2-BEST CLIPS-
No タイトル 作詞 作曲 備考
悲しみが痛いよ 川島だりあ 川島だりあ 1stシングル
離したくはない 森友嵐士 森友嵐士 2ndシングル(カット)
JUST ILLUSION 高樹沙耶 織田哲郎 3rdシングル
サヨナラから始めよう 森友嵐士 織田哲郎 4thシングル
じれったい愛 森友嵐士 森友嵐士 5thシングル
Bye For Now 森友嵐士 森友嵐士 6thシングル
おさえきれない この気持ち 森友嵐士 森友嵐士 7thシングル TVオンエア・サイズ
すれ違いの純情 森友嵐士 織田哲郎 8thシングル
刹那さを消せやしない 森友嵐士 森友嵐士,
五味孝氏
9thシングル TVオンエア・サイズ
10 傷だらけを抱きしめて 森友嵐士 森友嵐士 9thシングル両A面曲 TVオンエア・サイズ
11 わがままに抱き合えたなら 森友嵐士 森友嵐士 10thシングル TVオンエア・サイズ
12 LOVE 森友嵐士 森友嵐士 11thシングル
13 マリア 森友嵐士 森友嵐士 12thシングル TVオンエア・サイズ
14 SHAKE IT 森下桂人 森友嵐士 13thシングル
15 愛のために 愛の中で 森友嵐士 森友嵐士 14thシングル
16 Be Myself 森友嵐士 森友嵐士・
五味孝氏
15thシングル
17 Lookin'for the eighth color of the rainbow 森友嵐士 森友嵐士 2ndミニアルバム『夏の終わりにU』収録曲
18 マリア〜Acoustic version〜 森友嵐士 森友嵐士 2ndミニアルバム『夏の終わりにU』収録曲

リリースデータ

2012年8月8日 音楽DVDチャート初登場12位
総合DVDチャート初登場35位
売上0.1万枚 Produced by 長戸大幸 Being Group

メンバー

Vocal 森友嵐士
Drums 青木和義
Guitar 五味孝氏
Bass 上野博文

T-BOLANベストLIVE&PV集DVD。映像作品は解散時にリリースした99年の『FINAL BEST LIVE HEAVEN〜LIVE&CLIPS〜』以来2作目。2010年のベスト盤『LEGEND』にもPVとライブを収録したDVDが付属していた。『FINAL BEST LIVE HEAVEN〜LIVE&CLIPS〜』の方を所有していないので詳しくは不明だが、PVといくつかのライブ映像に関してはこの2作と被っているものと思われる。ただDISC-1の「すれ違いの純情」と「刹那さを消せやしない」は『LEGEND』収録のものと同日のライブながら映像編集が異なっており、ブックレットには編集(TAKUMA OSAKI)やミックス、マスタリング(共にZARDのBOXリマスターを行った島田勝弘)のクレジットまで掲載されているので今作用に新たな映像編集や音源のリマスターがなされているものと思われる。同時発売でWANDS、オムニバスも発売された。オムニバスの方にもT-BOLANのライブ映像が3曲収録されており、曲目は被っているが3曲とも今作とは別の日の映像となる。発売元はB-GramやZAINではなく、Being Groupという表記になっており、新たに「Being Group」ロゴが作られている。

BEST LIVE
熱い。CDよりとにかく熱い。CDでは特にドラム辺りが生なのか打ち込みなのか微妙な機械っぽい響きの曲が多いので、完全な生演奏のライブ音源は迫力が桁違いである。T-BOLANを聞くなら最後にこれを見なくてはダメだと言える程に素晴らしい。編集にも気合が入っていて、前述のように既出のライブ映像でも新たな編集がされている上に、各楽曲もほとんどの曲で次の曲へ歓声が繋がっているといった細かい編集がされていて、会場が切り替わっても自然に流れていく。このため、全体通して1つのライブを見ているようである。最後が「Heart of Gold」なのも文句なし。なお「Heart of Gold」は過去に2度CD化されたライブ音源ではなく、別の日のライブである。まさかここまで気合を入れて仕上げてくるとは思っていなかった。ただ編集にはやや偏りがあり、基本的に森友ばかりがアップで映りまくる。フロントマンなのでそれはいいとして森友の後ろでドラムを叩いている青木や、ギターソロがある五味はけっこう頻繁に映るものの、パフォーマンス上の見せ場があまり無い上野だけ極端に映ってないような…。また常にサポートキーボードがいるようだが、彼に関しては誰なのか判別する事すら不可能なほどにカメラが向かない。

BEST PV
この時代は今のように気合の入ったPVを制作するような習慣も無かったので、ライブ映像やスタジオでの映像を組み合わせた程度のものが多く、「作品」というよりは本来の意味での宣伝用の映像という域を出ていない。「SHAKE IT」がちょっと映像作品としてこだわったのかなという程度だ。TV・オンエアサイズになっている曲に関しては基本的に1コーラス程度。TV・オンエアサイズになるとさらに素材をちょっと組み合わせた程度感が強い。バンドのイメージの都合上なのか、ほとんどが暗めの映像だし、ライブを見た後だとどうしてもしょぼさは否めない。とりあえずメンバーがバンバン映っているので動くメンバーを見れるだけでも価値があると思う。

たぶんこれまでは動くT-BOLANを見たいなら『FINAL BEST LIVE HEAVEN〜LIVE&CLIPS〜』が決定盤だったんだろうけど、間違いなくこれからはこれが決定盤。現在T-BOLAN最初の1作としては『LEGEND』が決定盤だが、いきなり今作でもいいくらいである。また全ベスト盤に収録を外された唯一のシングル「JUST ILLUSION」がライブとPV両方でバッチリ収録されているのもポイントである。なおT-BOLANは全部で6回のツアーを行っており、今作には2ndTOURと最後になった6thTOURは収録されていない。さらに95年3月以降ライブを行っていない事もあり、ライブ映像に後期の曲が入っていない。2012年再結成したということでこれら後期の楽曲もいずれライブで聞けることを楽しみにしたい。

T-BOLAN BEST LIVE & CLIPS [DVD]  

印象度★★★★★

戻る