LOOZ

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 わがままに抱き合えたなら 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN,明石昌夫 10thシングル 最高3位 売上40.4万枚
2 悪魔の魅力 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN,明石昌夫  
3 Dear 森友嵐士 五味孝氏 T-BOLAN,明石昌夫  
4 傷だらけを抱きしめて 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN,明石昌夫 9thシングル両A面曲
5 想い出の落書き 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN,明石昌夫  
6 Hot Hip Love 森友嵐士 五味孝氏 T-BOLAN,明石昌夫  
7 刹那さを消せやしない 森友嵐士 森友嵐士,
五味孝氏
T-BOLAN,明石昌夫 9thシングル 最高1位 売上73.2万枚
8 Pretty Woman 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN,明石昌夫  
9 Rockin' In The Life 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN,明石昌夫  
10 不安なくちびる 森友嵐士 五味孝氏 T-BOLAN,明石昌夫  
11 真夜中のLove Song 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN  

リリースデータ

1993年12月8日 初登場2位 売上61.8万枚 Sound Produced by 森友嵐士 ZAIN RECORDS

メンバー

Vocal 森友嵐士
Drums 青木和義
Guitar 五味孝氏
Bass 上野博文

T-BOLAN5thアルバム。前作から6ヶ月でのリリース。半年おきのハイペースでのリリースが続いていたが、結果的にオリジナルアルバムのリリースは今作が最後となってしまう。森友自身が解散時に発売されたエッセイ「泥だらけのエピローグ」で『HEART OF STONE』を作った後から迷いが生じて曲が書けなくなってきたと告白している。初動は28万で前作より10万下げてしまい、2週目のドリカムが50万枚をたたき出したため2位に終わる(ドリカムはそのまま6週連続1位)。ビーイングブームとなったこの年だったが、他にたくさん出てきて印象が薄くなったのか、売上は大きくダウンしてしまっている。初回盤はBOX仕様、写真集ブックレット付。前作に続いてライナーノーツも付属している。

シングルになった3曲ではこれまでとの大きな違いは無かったが、アルバム曲ではアレンジ面での試行錯誤を繰り返したようでサウンド面に変化が見られる。新しい試みとして1つの曲に対してテンポやキー、アレンジを変えて何テイクも作ったらしく、特に「真夜中のLove Song」は8テイクも制作されたという。さらにシンセ使用を極力減らして、生のホーンセクションやパーカッション、ストリングスを導入している。バンド自体の音も録音方法を変えたことで全体的に生音志向になった。T-BOLANの楽曲が古く聞こえてしまう最大の要因であるシンセが控えめになったことで、後追いで聞いても時代錯誤な感じはほぼしなくなった。またレゲエ調やモータウン調などこれまでにない曲調が出てきたりと、アレンジ面での挑戦が面白く今後の更なる進化が楽しみになってくるアルバム。しかもこれが過去最長のブランクを開けてとかではなく今までと同じスパンの半年でリリースされた、というのが何気に凄い。しかし実験的/試行錯誤的な音楽性の変化を見せるとそれが最後になってしまうのがビーイング(MANISH、FIELD OF VIEW、ZYYG、BAAD、PAMELAH…)。初期に酷使しすぎたことでの宿命なのか、バンドとしてもそうだったんだろうけど、特に森友には喉にもメンタルにも相当な疲労が溜まっていて完全に行き詰っていたようだ。まさかこれが最後のオリジナルアルバムだとは当時誰も思わなかっただろうし、あくまで過渡期に過ぎないアルバムという印象もあるだけにこの先が聞きたかった。王道としては前作なんだけど、5枚のオリジナルアルバムの中では今作が1番面白くて好き。

LOOZ

印象度★★★★☆

戻る