T-BOLAN〜夏の終わりに BEST〜LOVE SONGS+1 & LIFE SONGS

DISC 1
LOVE SONGS+1
No タイトル 作詞 作曲 備考
1 ずっと君を 森友嵐士 森友嵐士 新曲
2 夏の終わりに 森友嵐士 五味孝氏 1stアコースティックアルバム『夏の終わりに〜Acoustic Version〜』収録曲
3 サヨナラから始めよう〜Acoustic Version〜 森友嵐士 織田哲郎 1stアコースティックアルバム『夏の終わりに〜Acoustic Version〜』収録Ver.
原曲は4thシングル
4 10 Years Love Story 森友嵐士 森友嵐士 14thシングルC/W
5 シャイなJealousy〜Acoustic Version〜 森友嵐士 森友嵐士 2ndアコースティックアルバム『夏の終わりにU〜Lookin'for the eighth color of the rainbow〜』収録曲
原曲は7thシングル『おさえきれないこの気持ち』C/W
6 すれ違いの純情〜Acoustic Version〜 森友嵐士 織田哲郎 2ndアコースティックアルバム『夏の終わりにU〜Lookin'for the eighth color of the rainbow〜』収録曲
原曲は8thシングル
7 Dear 森友嵐士 五味孝氏 5thアルバム『LOOZ』収録曲
8 BOY 森友嵐士・
青木和義
森友嵐士 3rdアルバム『SO BAD』収録曲
9 マリア〜Acoustic Version〜 森友嵐士 森友嵐士 2ndアコースティックアルバム『夏の終わりにU〜Lookin'for the eighth color of the rainbow〜』収録曲
12thシングル(別アレンジでシングルカット、初出がAcoustic Version)
10 遠い恋のリフレイン 森友嵐士 森友嵐士 1stアコースティックアルバム『夏の終わりに〜Acoustic Version〜』収録曲
11 離したくはない〜Acoustic Version〜 森友嵐士 森友嵐士 2ndアルバム『BABY BLUE』収録Ver.
原曲は1stアルバム『T-BOLAN』収録曲、2ndシングル(カット)
12 真夜中のLove Song 森友嵐士 森友嵐士 5thアルバム『LOOZ』収録曲
13 Lovin' you 森友嵐士 五味孝氏 2ndアルバム『BABY BLUE』収録曲

「ずっと君を」Music Produced by T-BOLAN、編曲:葉山たけし,T-BOLAN

DISC 2
LIFE SONGS
No タイトル 作詞 作曲 備考
1 HOW DO YOU FEEL? 森友嵐士 森友嵐士 13thシングル『SHAKE IT』C/W
2 悲しみが痛いよ〜Acoustic Version〜 川島だりあ 川島だりあ 2ndアコースティックアルバム『夏の終わりにU〜Lookin'for the eighth color of the rainbow〜』収録Ver.
原曲は1stシングル
3 あふれでる感情 森友嵐士 森友嵐士 1stアコースティックアルバム『夏の終わりに〜Acoustic Version〜』収録Ver.
原曲は2ndアルバム『BABY BLUE』収録曲
4 いじけた視線を君に語るより 光をみたい 森友嵐士 森友嵐士 10thシングル『わがままに抱き合えたなら』C/W
5 泥だらけのエピローグ〜Acoustic Version〜 森友嵐士 森友嵐士 2ndアコースティックアルバム『夏の終わりにU〜Lookin'for the eighth color of the rainbow〜』収録Ver.
原曲は5thアルバム『HEART OF STONE』収録曲
6 Teenage Blue〜Acoustic Version〜 森友嵐士 森友嵐士 1stアコースティックアルバム『夏の終わりに〜Acoustic Version〜』収録Ver.
原曲は3rdシングル『JUST ILLUSION』C/W
7 Lookin'for the eighth color of the rainbow
〜8番目の虹の色をさがしに〜
森友嵐士 森友嵐士 2ndアコースティックアルバム『夏の終わりにU〜Lookin'for the eighth color of the rainbow〜』収録曲
8 Friends 森友嵐士 森友嵐士 5thアルバム『HEART OF STONE』収録曲
9 Happiness 森友嵐士 森友嵐士 8thシングル『すれ違いの純情』C/W
10 あこがれていた大人になりたくて 森友嵐士 森友嵐士 2ndアルバム『BABY BLUE』収録曲
11 Shiny Days 森友嵐士 森友嵐士 5thアルバム『HEART OF STONE』収録曲
12 Heart of Gold〜Acoustic Version〜 森友嵐士 森友嵐士 1stアコースティックアルバム『夏の終わりに〜Acoustic Version〜』収録Ver.
原曲は2ndシングルC/W
13 愛のために 愛の中で 森友嵐士 森友嵐士 14thシングル

 

DVD
No タイトル 会場 備考
1 悲しみが痛いよ 2ndTOUR『BABY BLUE』1992/7/2 日本青年館 1stシングル
2 離したくはない 2ndTOUR『BABY BLUE』1992/7/2 日本青年館 2ndシングル(カット)、1stアルバム『T-BOLAN』収録Ver.
3 サヨナラから始めよう 3rdTOUR『SO BAD』1992/12/26 渋谷公会堂 4thシングル
4 じれったい愛 4thTOUR『LIVE HEAVEN 1993-HEART OF STONE-』1993/7/2 渋谷公会堂 5thシングル
5 Bye For Now 5thTOUR『LIVE HEAVEN '93-'94 -LOOZ-』1994/3/19 中野サンプラザ 6thシングル
6 傷だらけを抱きしめて 5thTOUR『LIVE HEAVEN '93-'94 -LOOZ-』1994/3/19 中野サンプラザ 9thシングル両A面曲
7 おさえきれない この気持ち 5thTOUR『LIVE HEAVEN '93-'94 -LOOZ-』1994/3/19 中野サンプラザ 7thシングル
8 BOY 5thTOUR『LIVE HEAVEN '93-'94 -LOOZ-』1994/3/19 中野サンプラザ 3rdアルバム『SO BAD』収録曲
9 マリア 6thTOUR『LIVE HEAVEN '94-'95』1995/2/5 NHKホール 12thシングル
10 My life is My Way 6thTOUR『LIVE HEAVEN '94-'95』1995/2/5 NHKホール 3rdアルバム『SO BAD』収録曲
11 Heart Of Gold 3rdTOUR『SO BAD』1992/12/26 渋谷公会堂 2ndシングルC/W

リリースデータ

2017年8月16日 初登場13位 売上0.7万枚 Being

メンバー

Vocal 森友嵐士
Drums 青木和義
Guitar 五味孝氏
Bass 上野博文

T-BOLAN7thベストアルバム。アコースティックアレンジを施したリメイクと新曲を織り交ぜた92年、94年のアコースティックミニアルバム『夏の終わりに』シリーズ2作を軸にした初のメンバー選曲コンセプトベストアルバム。メンバーが選曲に関与するのは"初"と銘打たれた。『夏の終わりに』2作全12曲に加えてコンセプトに沿った楽曲が選曲され、LOVE、LIFEのテーマでそれぞれ振り分けられた。「LOVE」は「+1」として新曲「ずっと君を」を収録。森友嵐士ソロでは新曲が発表されていたが、2012年の再結成から2014年の休止までT-BOLANとしての新曲は制作されずドキュメント映画の制作とライブを行ったのみだったため、T-BOLANとしては15thシングル「Be Myself」を基準にして21年ぶりの新曲とされた(未発表曲として後に発表された「Smile」「満月の夜」はノーカウント)。「10 Years Love Story」、「HOW DO YOU FEEL?」、「いじけた視線を君に語るより 光をみたい」はBOX以外でアルバム初収録

2014年の『T-BOLAN THE COMPLETE』は島田勝弘によるリマスタリングだったが、今作のリマスタリングは小泉由香が担当している。最初からDVD付1形態のみの発売で、DVDにはライブ映像11曲を収録。こちらはコンセプトとは関係ない代表曲を過去のライブから抜粋しての収録になっている。

2014年の活動休止のおおよそ1年後となる2015年3月に上野がくも膜下出血で倒れ、長期の寝たきりの状態から奇跡的に意識を取り戻した。上野のリハビリの一環として病気を公表し、2016年大晦日にT-BOLANとしてのライブを計画。これを目標に上野はリハビリに励み、当日のライブでステージ復帰を果たした。この際に森友がステージ上で活動再開を宣言し、5月になって正式に今作の発売と活動再開が発表された。上野は完全に回復したわけではなく、現在も高次機能障害で闘病中とされている。

 

今作はべストアルバムというよりも『夏の終わりに』からは全曲選んでいるので、『夏の終わりに』シリーズの拡大版であり、同時に結果的に選曲が近いものになっているバラードベスト『BALLADS』の拡大版でもあるような企画作品。時代性の強いシンセやキーボードの連発やドラムの打ち込みっぽさが目立つT-BOLANだが、アコースティックサウンドを生かす事で結果的に生音重視の楽曲が並び、T-BOLANの楽曲の中で今聞いてもあまり色あせていないアレンジの曲が並んだのが『夏の終わりに』シリーズであり、今作もその延長にある作品になったと思う。新曲は声の感じに年季を感じるものの、小野塚晃のピアノ、葉山たけしとの共同アレンジなどほぼ当時のままなので、違和感はさほどなく王道のT-BOLANバラードといった印象。

アコースティックといってもピアノとアコースティックギターだけみたいな曲よりもバンドサウンドになっている曲がほとんどなので、シンプルすぎる事も無い。メロディーと軽やかなアコースティック主体のサウンド、そして歌唱の熱さに浸れる。風が涼しくなってきた時期には特に格別に響き、まさに夏の終わりにふさわしい1作だ。また『T-BOLAN THE COMPLETE』が予約限定生産だったため、実質的にアルバム初収録のC/Wがいくつかあることや、ほとんどの音源がベスト盤初収録でリマスターも初めてなのもポイント。

ただ森友の熱い歌唱スタイルはミニアルバムだからこそまとまっていたところはあるので、13曲の2枚組になるとボーカルの熱さゆえのくどさを段々感じてきてしまい消化不良に陥ってくるのと、何よりT-BOLANのロックが聞きたくなってくる…というところはある。

DVD
11曲を収録したライブDVD。11曲全てフル収録で、観客の歓声をクロスさせて1つのライブのように繋いで構成している。この構成は2012年のDVD『T-BOLAN BEST LIVE&CLIPS』を踏襲している。また曲自体は過去の映像作品にライブ映像が収録されたことのある曲ばかりだが、「じれったい愛」が『LEGEND of 90's J-ROCK BEST LIVE&CLIPS』と重複している以外は重複は無い模様(ただし『FINAL BEST LIVE HEAVEN〜LIVE&CLIPS〜』は持っていないので不明、映画『T-BOLAN THE MOVIE』で使用されていたライブ映像との被りも未確認)。映像は古いので仕方ないにしても音源はちゃんとマスタリングされているようで迫力がある。CDとは比べ物にならない生演奏によるライブにより、各楽曲はCDで感じる古臭さがほぼ無くなっていてひたすら熱い。と、まあ選曲自体はほとんど同じようなものなので『T-BOLAN BEST LIVE&CLIPS』とはほぼ同じ感想になる。

正直、今作のコンセプトとこの映像は全く無関係(アコースティックでの演奏は1つも無い)で、何で唐突にしれっと最初からこのライブDVDがついているのか地味に謎だが、本編とは異なる本来のロックバンドとしてのT-BOLANを堪能できるのは魅力だ。先述したようにバラード系統の楽曲を延々聞いた後はロックが聞きたくなっているのでその欲求にストレートに答えてくれる映像作品になっていると思う。

また『T-BOLAN BEST LIVE&CLIPS』は1st〜5thツアーまでから選曲されていて6thは収録されていなかった。そしてその前のリリースだった『LEGENDS』のDVDには6thの2月5日公演の「マリア」が収録されていたので6thの映像があることも判明していた。6thは95年3月26日のツアーFINALが結果的に最後のライブになり、このツアーでは森友は既に不調を感じていたと語られている。なので6thは不調ゆえに出来があまり良くないのかと思っていたら今作には6thの2月6日公演が2本収録されている。若干何か違う感じがしなくもないが、明らかな不調という感じはしない

しかし1st〜6thの全ツアーの東京公演はどうも全部しっかり映像収録していて現存する(しかも1公演ではなく複数公演ならその分だけ)っぽく、こんだけ続々と同曲別日のライブ映像が小出しにされるならいっそ、ライブ1本丸々の映像化でBOX化とかそのうちあるのでは…。

T-BOLAN ~夏の終わりに BEST~ LOVE SONGS+1 & LIFE SONGS (DVD付)  

印象度★★★★☆

2017.10.1更新

戻る