SO BAD

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 じれったい愛 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN・明石昌夫 5thシングル 最高2位 売上68.4万枚
2 ガラスの刹那さ 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN・明石昌夫  
3 瑠璃色のため息 森友嵐士 織田哲郎 T-BOLAN・明石昌夫  
4 My Life is My way 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN・明石昌夫  
5 ためらいの真実 森友嵐士 五味孝氏 T-BOLAN・明石昌夫  
6 あこがれていた大人になりたくて 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN・明石昌夫  
7 壊れかけのHistory 森友嵐士 上野博文 T-BOLAN・明石昌夫  
8 BOY 森友嵐士・
青木和義
森友嵐士 T-BOLAN・明石昌夫  
9 SO BAD 森友嵐士 森友嵐士 T-BOLAN・明石昌夫  
10 サヨナラから始めよう 森友嵐士 織田哲郎 T-BOLAN・明石昌夫 4thシングル 最高13位 売上21.6万枚

リリースデータ

1992年11月11日
1993年4月2日
初登場3位 売上92.4万枚 Produced by 長戸大幸
Sound Produced by T-BOLAN&明石昌夫
ROCKIT RECORDS
ZAIN RECORDS

メンバー

Vocal 森友嵐士
Drums 青木和義
Guitar 五味孝氏
Bass 上野博文

T-BOLAN3rdアルバム。オリジナルアルバムでは最大のヒット作(96年の『SINGLES』が122万枚で最高ヒット)。初動30万を出しながらも初動ミリオンのドリカム、2週目も38万売ったチャゲアスに阻まれて3位だった。「じれったい愛」でようやくトップ10ヒットとなり、本格的に人気が定着。ここぞとばかりに前作から7ヶ月、その間に出したミニアルバム『夏の終わりに』からはわずか2ヶ月でのリリース。さらに1週間後には次のシングル「Bye For Now」をリリースするなど当初からハイスピードだったリリースラッシュはさらにスピードを増していた。今作から初回盤はBOX入り、別冊写真集ブックレット付となる。今作までの作品は翌年ZAINに移動した後で、ZAINから再発されている。

あまりに早いペースで出していたのでこれといった大きな変化は起きていないのだが、売れてきた勢いなのか、T-BOLANのパブリックイメージとしては今作と次回作でほぼ固まったと思う。特に打ち込み全開だったドラムの音色はだいぶ軽さが抜けてきた。どうにも機械的な感じは抜けてないけど、これだけでけっこう1st2ndとは印象が変わって聞こえる。それでもアップテンポ、ポップ系、バラード系とバランスもよく、急速に変化していった当時の売れ線のツボは押さえていてカッコいいだけに、もう少しバンド感を強く押し出した方がかっこよかったのではないかと思う部分もまだ多い。別にいらないようなところでアーリー90'sなキーボードやシンセが全開で鳴っていたりするし。ただ前作までは打ち込みっぽい音が目立ちすぎていて現代風にするなら再録音した方がいいレベルだったけど、今作に関してはミックス変更だけでだいぶ現代風に改善できそうな感じ。また前作の「Heart of Gold」もそうだったけど「My Life is My way」も後にライブ音源がリリースされており、ライブ音源の方が生のバンドの迫力が桁違いで断然ライブバージョンの方が良い。そちらを先に聞いて馴染んでいたのでちょっと違和感があった。

SO BAD

印象度★★★☆☆

戻る