T-BOLAN

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 悲しみが痛いよ 川島だりあ 川島だりあ 西田昌史 1stシングル 最高46位 売上8.6万枚
2 気絶するほど愛してほしい 森友嵐士 森友嵐士 明石昌夫  
3 くちびるはNO KISS 森友嵐士 森友嵐士・五味孝氏 明石昌夫  
4 離したくはない 森友嵐士 森友嵐士 西田昌史 2ndシングル(カット) 最高15位 売上47.2万枚
5 DEAD END 森友嵐士 森友嵐士 明石昌夫  
6 Dreamin 森友嵐士 五味孝氏 明石昌夫  

リリースデータ

1991年11月21日
1993年4月2日
初登場71位、最高19位 売上50.3万枚 Produced by 長戸大幸
Sound Produced by 西田MARCY(EARTH SHAKER)、明石昌夫
ROCKIT RECORDS
ZAIN RECORDS

メンバー

Vocal 森友嵐士
Drums 青木和義
Guitar 五味孝氏
Bass 上野博文

T-BOLAN1stアルバム。バンド名ミニアルバムのデビュー盤は同時期のWANDSと全く同じ形式。メンバー表記でドラムの青木が2番手なのは元々森友と最初にバンドを組んだのが青木で、1度解散しながらもやはりお互いを必要として、再結成を決意。森友がその間に知り合っていた残りの2人を誘ってバンド結成に至ったからだと思われる。1ヵ月後にシングルカットされた「離したくはない」が1年近いトップ100チャートインを果たすロングヒットをしたため、今作も引っ張られるようにロングヒットを記録した。またシングルカットの際には1番Bメロの歌詞が丸々書き換えられており、後のベスト盤には全てシングルVer.が収録されている。よってオリジナルの歌詞はここでしか聞けない。93年にはZAIN RECORDSから再発売されている。

シングル2曲はバラード調で、時代を経て聞いても音が多少古かろうと関係ない色あせない名曲だが、アルバム曲はギラギラの打ち込み調ロック。一応1度完成したアルバムを自分たちの意志で全面的に作り直して今作が完成したとされているんだけど、それにしてはロックバンドっぽさがあまり無いのは何故なのだろう…。スパパ〜ンスパパ〜ンと響き渡るモロ打ち込み全開のサウンドは青木を必要としていたわりにはこんな打ち込みっぽいドラムでいいのだろうか?と疑問が湧いてくる(ライブも活発だったのでCDはCDで開き直っていたのかも)。キーボードや打ち込みの多用により、最後まで4人だけのバンドサウンドはあまりCD上では聞かれなかったT-BOLANだけど、今作は特に打ち込みっぽさ、商業ロックっぽさが強い。当時はこういう音が最先端だったんだろうけど、この後わずか数年でこういうのはアーリー90'sとして昔の音になってしまったので、今となっては古さばかりが際立つサウンドになってしまった。

T‐BOLAN

印象度★★★☆☆

戻る