TERRA 2001

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
BYE! MY BOY! 川瀬智子 奥田俊作 the brilliant green 9thシングル(カット) 最高29位 売上1.7万枚
愛の愛の星 川瀬智子 奥田俊作 the brilliant green 7thシングル 最高9位 売上11.4万枚
Brownie the cat-魅惑の猫ルーム- 川瀬智子 奥田俊作 the brilliant green  
CALL MY NAME
(ENGLISH VERSION)
川瀬智子 奥田俊作 the brilliant green 8thシングル(カット)C/W 最高12位 売上3.5万枚
シングルは(JAPANESE VERSION)が1曲目
Maybe We Could Go Back To Then
(76 VERSION)
川瀬智子 奥田俊作 the brilliant green 6thシングルC/W アルバムVer.
SEPTEMBER RAIN 川瀬智子 松井亮 the brilliant green  
FUNNY GIRLFRIEND!! 川瀬智子 奥田俊作 the brilliant green 7thシングルC/W
Round and Round 川瀬智子 松井亮 the brilliant green  
そのスピードで 川瀬智子 奥田俊作 the brilliant green 5thシングル 最高1位 売上45.9万枚
10 CAN'T STOP CRYIN' 川瀬智子 奥田俊作 the brilliant green  
11 長いため息のように 川瀬智子 奥田俊作 the brilliant green 6thシングル 最高4位 売上14.1万枚

リリースデータ

1999年9月8日 初登場2位 初動36.9万枚、売上64.1万枚 Produced by the brilliant green ソニー

メンバー

Vocal,Chorus 川瀬智子
Guitar 松井亮
Bass 奥田俊作

the brilliant green2ndアルバム。月9「オーバータイム」主題歌として「そのスピードで」がヒット。しかし同ドラマ挿入歌としても使われた「長いため息のように」はあまりヒットせず、その後はやや低迷。アルバム売上も前作から一気に半減となった。それでも1位は取れるだけの力はまだあったのだがMr.Children『1/42』に阻まれた。2週間後に『CALL MY NAME』が日本語バージョンでシングルカット(今作収録の英語バージョンはC/W)、そして12月には『BYE! MY BOY!』もカットされ、最終的にシングル曲が最も多いアルバムとなった。

1,2,9,11というシングル化された4曲以外7曲が全英語詞。なのだが今作は全体的に雰囲気が明るくなり、UKギターロックっぽさは残しながら前作にあった圧倒的な温度低い感がなくなっている。かなりJ-POP寄りになりつつもスタイルは崩さないという、非常にバランスの良いアルバム。今作がミリオンヒットになるなら分かるが、実際に売れたのは前作というところがよく分からないところだ。メロディー含めてサウンドにしても今作の方がいいと思う。4枚のアルバムのうちどれが一番最初に聞くのに適しているかとといえばやはり今作だと思う。シングルはどれも名曲と呼べる出来に感じるが、『CALL MY NAME』だけはシングル曲とは一線を画しているというか、アルバムとしてはいいけどイメージ的にはシングルにしなくても良かったような気もする。

TERRA2001

印象度★★★★☆

戻る