the brilliant green

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
I'm In Heaven 川瀬智子 松井亮 the brilliant green  
冷たい花 川瀬智子 奥田俊作 the brilliant green 4thシングル 最高1位 売上39.3万枚
You&I 川瀬智子 奥田俊作 the brilliant green&笹路正徳 3rdシングルC/W
Always And Always 川瀬智子 奥田俊作 the brilliant green  
Stand by 川瀬智子 奥田俊作 the brilliant green  
MAGIC PLACE 川瀬智子 奥田俊作 the brilliant green&笹路正徳  
“I” 川瀬智子 松井亮 the brilliant green&笹路正徳  
Baby London Star 川瀬智子 松井亮 the brilliant green 4thシングルC/W
There will be love there-愛のある場所- 川瀬智子 奥田俊作 the brilliant green&笹路正徳 3rdシングル 最高1位 売上87.6万枚
10 Rock'n Roll 川瀬智子 奥田俊作 the brilliant green 後に5thシングル『そのスピードで』C/Wにライブバージョンで収録

リリースデータ

1998年9月19日 初登場2位 初動61.3万枚、売上142.2万枚 Produced by the brilliant green
the brilliant green&笹路正徳(3,6,7,9)
ソニー

メンバー

Vocal,Chorus 川瀬智子
Guitars 松井亮
Bass,Chorus 奥田俊作

the brillinat green1stアルバム。97年デビューで1st,2ndシングルは、共に全英語詞の4曲入りマキシ仕様でリリースしていたが全曲アルバム未収録となっている。全11回予定が平均一桁という視聴率低迷にあって9回に短縮打ち切りされた当時としては伝説的低視聴率ドラマ「ラブ・アゲイン」主題歌となった「There will be love there-愛のある場所-」。ほとんど無名の新人だったこともあり、初登場は14位と低視聴率を反映して大したヒットにはならないかに見えたが、翌週にはトップ10入り。その後、1位を獲得。続くシングルも1位を獲得して今作がリリースされた。最終的に140万枚を越える大ヒットとなった。最高位が2位なのは『B'z The Best“Treasure”』と同日発売だったため。初動は61.3万枚(B'zは250万)、2週目も33.8万枚(B'zは100万)、3週目でも17.8万枚(B'z34万、2位にはKiroro1stが33万で登場)と、まあ現在とは感覚が違うにしろ、それでも高い数字での推移を果たしていたのだが、上にいたのが桁違いすぎたため1位を獲得できなかった。

ほとんどイギリスのギターロック系の洋楽バンド。といってもOASISくらいしか知らないけど(ちなみにOASISの『Don't Go Away』が「ラブ・アゲイン」挿入歌)…。というのもシングル2曲と『MAGIC PLACE』、『“I”』の4曲以外、6曲が全英語詞である。まるで洋楽バンドのCDを聞いてるかのような気分になる。当時の日本のヒット曲ともどこか一線を画しており、これが140万枚も売れてしまったのもある意味凄い事だった気がする。後にLOVE PSYCHEDELICOなんかもほとんど英語詞の洋楽っぽい雰囲気でアルバムが大ヒットしたのでなんかそういう流れもたまにあるのかもしれないけど。曲の方は基本的にギターロック。そして1stアルバムに限っては非常に空気が乾いておりどこかひんやりとした雰囲気になっている。Tommyのボーカルがそういう系統のせいかもしれないけど、この温度の低さはけっこう特徴的。こっち系の音が好きなら普通に聞けると思うし、これを機会にUKロックに入っていくにもいいかもしれない。

the brilliant green

印象度★★★★☆

戻る