10th anniversary LIVE 2004

DISC-1
No タイトル 備考
  タイトルバック
  オープニング
GREEN 26thシングル
LOVE YOU ONLY 1stシングル
好きさ〜Ticket To Love〜 6thシングル
時代をよろしく! 1stシングルC/W
風になって 7thシングル
メドレー
Everybody Can Do!
史上最大のクレイジー・ラヴ
恋のカリキュラマシーン
JULIET
約束の場所〜Believe〜
あの娘をさがして
彼女によろしく
ラブラブマンハッタン
DR
未来派センス

10thシングル
1stアルバム『TOKIO』収録曲
1stアルバム『TOKIO』収録曲
2ndアルバム『Bad Boys Bound〜TOKIOU〜』収録曲
5thアルバム『Graffiti』収録曲
3rdアルバム『BLOWING』収録曲
2ndアルバム『Bad Boys Bound〜TOKIOU〜』収録曲
29thシングル
24thシングル
2ndアルバム『Bad Boys Bound〜TOKIOU〜』収録曲
どいつもこいつも 21stシングル
10 AMBITIOUS JAPAN! 28thシングル
11 ding-dong 27thシングル
12 君を想うとき 15thシングル
13 Yesterday's 6thアルバム『YESTERDAY&TODAY』収録曲
14 メッセージ 22ndシングル
15 花唄 25thシングル
16 うわさのキッス 3rdシングル
17 JUMBO 6thアルバム『YESTERDAY&TODAY』収録曲
18 トランジスタGガール 30thシングル
19 LOVE YOU ONLY(「TOK10」ver.) カバーアルバム『TOK10』収録Ver.
20 Zettai! 3rdアルバム『BLOWING』収録曲

 

DISC-2 MULTI ANGLE
No タイトル 備考
GREEN 26thシングル
LOVE YOU ONLY 1stシングル
どいつもこいつも 21stシングル
AMBITIOUS JAPAN! 28thシングル
ding-dong 27thシングル
君を想うとき 15thシングル
花唄 25thシングル
JUMBO  
LOVE YOU ONLY(「TOK10」ver.) カバーアルバム『TOK10』収録Ver.

リリースデータ

2005年1月12日 総合DVDチャート初登場2位
音楽DVDチャート初登場1位
売上1.7万枚 Producer:JULLIE.K ユニバーサル

メンバー

E.Guitar,Vocals 城島茂
Bass,Vocals 山口達也
Keyboard,Vocals 国分太一
Drums,Vocals 松岡昌宏
Vocals,A.Guitar,E.Guitar 長瀬智也

TOKIO5thライブ映像作品。3rdライブDVD。通算では5作目、DVDでは3作目。またVHSで発売されたのは今作が最後。2004年9月18,19日に日本武道館で行われた10周年ライブの模様を収録している。全曲収録されているようだが、演奏シーンのみに編集されており、曲前の煽りを除くとMCはオールカット。今作からはバックダンサーではなく、総勢20名のストリングス隊、4名のホーン隊、コーラス2名、パーカッション1名など演奏サポートを入れるようになった。また本編ラストの『トランジスタGガール』ではギターとキーボード(JUMBO)のサポートミュージシャンも登場、彼らを紹介しているシーンも収録されているが何故かブックレットのサポートミュージシャンには表記されていない。DISC-2は5人のソロショットをマルチアングルで見れるというもの。下に小さく5画面が横並びで出ており、その中の1つを上に表示できるというシステムになっている。

前作(02年)に比べると、サポートも入れて生演奏にこだわり、よりバンド色が強くなっている。ステージの形が「10」をかたどった特殊な形になっているものの、特殊な形ゆえにステージ自体に前回のような派手に動く部分は無い。小型船のような1人乗りのミニステージに乗って、松岡以外の動けるメンバーが客席を移動するような仕掛けはあるものの、派手な演出に頼るのではなく、基本はバンド演奏を中心にしている。元よりこの頃の曲はバンド以外の装飾音が多かったのに、今まで同期だったホーンやストリングスが生になっているのも大きい。そして今作の目玉は10周年ということでソニー時代の初期楽曲が大量に披露されているところだ。ソニー時代の3本のライブ作品のうち最後の1本しかDVD化されていないだけにライブ映像として残っているのが今作だけ、とか今作が最後の映像化という曲が多くなっている。ただし、時は既に04年で長瀬の歌い方もかなり変わっている。しかも今作の長瀬は次回作以降の完成された歌声ではなく、やや乱暴ながなり声で歌っているので初期の楽曲でもかなりイメージが異なる。アイドル全開だったあの頃の曲がよりたくましく、かっこよく生まれ変わっているのは圧巻だが、もう少し丁寧に歌ってほしいなと感じる部分もあった。

本編ラストの「トランジスタGガール」では曲終了後にそのまま演奏を続けながら長いメンバー紹介(サポート含む)をするため、30分近い驚異的な演奏時間になっている。今作が125分に達しているのは主にこのせいなんだけど、この部分はさすがにくどすぎる。アンコール終了後にファンが「LOVE YOU ONLY」を大合唱し、思いがけない光景にメンバーが涙を見せながら去っていくというラストは感動的である。TOKIOの10年がにじみ出たこのライブは普段バラエティで見せる顔とは全く違うものとなっている。バラエティTOKIOしか知らない人はそのかっこよさに驚くと思う。

今回はダンス曲が無く、全部演奏曲のためか5人のうち松岡だけはCDでは歌っている曲でもボーカル用マイクを用意しておらず、ドラムに専念している。唯一「LOVE YOU ONLY(「TOK10」ver.)」のEDで「君が好きだよ〜♪」と1人ずつ歌う場面のみ後ろからマイクを取り出して歌っている。今作にMCは一切収録されていないため、松岡の声は今作においてこの「君が好きだよ〜♪」だけしか収録されていないという事に…。

TOKIO 10th anniversary LIVE 2004 [DVD]    TOKIO 10th anniversary LIVE 2004 [DVD]  ←J Strom移籍後に再発された現行盤

印象度★★★★☆

戻る