TOKIO 1999 LIVE IN 日本武道館〜君を想うとき〜

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 OPENING〜やっと会えた 朝水彼方 青木秀樹 重見徹 2ndアルバム『Bad Boys Bound〜TOKIOU〜』収録曲 演奏なし
2 LOVE YOU ONLY 工藤哲雄 都志見隆 西脇辰弥 1stシングル
3 Love&Peace 岡部真理子 樋口了一 佐久間正英 14thシングル
4 Clean&Clean       未CD化インスト 国分と山口のモップダンス
5 Crazy Chase HIDEKI HIDEKI 難波弘之 5thアルバム『Graffiti』収録曲 城島(ギター)と長瀬のみ 途中で切り替え
6 十六乃嵐
〜STAND ME UP!
安藤芳彦 Y.MAKAINO Y.MAKAINO ドラムから入る未CD化のインスト
4thアルバム『WILD&MILD』収録曲
7 メドレー
〜時代をよろしく!
〜渡せないエンジェル

城島茂&山田ひろし
山田ひろし

西脇辰弥
青木秀樹

西脇辰弥
西脇辰弥

1stシングルC/W
2ndアルバム『Bad Boys Bound〜TOKIOU〜』収録曲
8 Oh!Heaven 井上ヨシマサ
藤林聖子
井上ヨシマサ 井上ヨシマサ 15thシングル両A面曲 ドラムなし1コーラス+ラストサビ
9 22才 大津あきら Y.MAKAINO Y.MAKAINO 4thアルバム『WILD&MILD』収録曲 松岡と国分のみ 1コーラス
10 Shadow Dance       ダンスコーナー
11 溢れる想い 渡辺なつみ 清水昭男 そうる透
鶴田海生
16thシングル両A面曲
12 Julia ジョー・リノイエ ジョー・リノイエ ジョー リノイエ
鈴川真樹
12thシングル
13 Zettai! 朝水彼方 西脇辰弥 西脇辰弥 3rdアルバム『BLOWING』収録曲
14 君を想うとき 渡辺なつみ 渡辺未来 そうる透
吉村健太
15thシングル
15 未来派センス 朝水彼方 西脇辰弥 西脇辰弥 2ndアルバム『Bad Boys Bound〜TOKIOU〜』収録曲

リリースデータ

2000年3月29日(DVD)
1999年10月6日(VHS)
順位・売上不明 ソニー

メンバー

Guitar 城島茂
Bass 山口達也
Keyboard 国分太一
Drums 松岡昌宏
Vocal 長瀬智也

TOKIO3rdライブ映像作品。前2作はVHSのみでDVD化されておらず、今作が1stライブDVD。1999年6月18日に日本武道館で行われたツアー「SPRING CONCERT'99 君を想うとき〜Heaven TOUR」最終日の模様を編集して収録。一部楽曲は完全にカットされ、3〜5の流れもインタビューを挟み短く編集されている。当初VHSのみの発売だったが、2ndPV集『VIDEO CLIP 2000」』のVHS&DVD発売と同時に半年後にDVD化された。ソニー時代のライブVHSは3作存在するが、今作しかDVD化されていない(よってこれが1stDVD)。またPV集も2作あるが前述の1作しかDVD化されておらず、これ以降にリリースされた2シングルを最後にソニーから移籍したため一部作品は商品化すらされていないままとなる。

ジャニーズアイドルのライブだ…。とにかく若い&かなりゴチャゴチャと色々な事をこなしているアイドルバンドTOKIOの姿がここにある。よく分からないがとりあえずアイドルっぽい感じのオープニング演出、やたら凝りまくった舞台装置、ザ・ジャニーズなアイドル衣装、演奏しない曲やダンスコーナーの存在、演奏しているバックで大量に踊っているジャニーズJr.…などなど全てこの5年後くらいには無くなっていったような派手な演出が続々と登場する。この踊っているジュニアの面々はしっかり映らないのでよく分からないが、デビュー直前だった嵐のメンバー、山下智久、風間俊介、生田斗真など80年代前半生まれ世代がジュニアのトップにいた頃で彼らが参加しているようだ。全部で1時間に満たず、楽曲がカットされている上に4〜7の流れはインタビューを挟んだり、途中で切ったり、メドレーだったりと慌ただしい。松岡がドラムを降りる「Oh!Heaven」では城島、国分、山口は楽器を持っているが、そもそも観客を煽るコーナーのBGMといった感じ。かなり熱唱が必要なキーの曲にも関わらず、全くブレが無い上にやる気のない口の動きをしており、音源自体が完全にテープを流しているだけの口パクっぽい。「Shadow Dance」は完全なダンスコーナー。当時かなり肥えていたルックスの山口が最も軽々しくバク転を披露したりと、激しいダンスを披露。少なくとも5人が揃いも揃ってこれだけのダンスを披露している映像はDVD化されている映像ではこれだけだったと思うので貴重だ(ダンス自体がDVDでは次回作まで)。その後はようやくバンドで曲を披露していくが、「Julia」では松岡以外がフライングギターソロを弾きながら飛んでいく城島リーダーに思わず笑みが…。シュールすぎる。

アイドルバンドTOKIOの多彩さが盛り込まれた時間の割に密度の濃い映像作品。正直詰め込み過ぎだし、色々やりすぎてカオスだったのが他のジャニーズに比べてTOKIOだけCDが売れてなかった原因なのかなと何となく納得してしまった。確かにこの頃は若さがあるんだけど、断然この後のTOKIOの方がカッコいい。これ以前はたぶんもっとアイドルっぽかったんじゃないかと思うけどこれが現存する最古のTOKIOのライブDVD。以降の作品では見られない演出の数々が見れるという意味では面白い1作ではあった。

1999 LIVE IN 日本武道館〜君を想うとき〜 [DVD]  

印象度★★★☆☆

戻る