Bad Boys Bound〜TOKIOU〜

No タイトル 作詞 作曲 編曲 リードボーカル・備考
未来派センス 朝水彼方 西脇辰弥 西脇辰弥 長瀬・松岡
JULIET 芹沢類 青木秀樹 重実徹 長瀬
抱きしめたかった 山田ひろし 西脇辰弥 西脇辰弥 国分・松岡
うわさのキッス 工藤哲雄 都志見隆 白井良明 長瀬・山口 3rdシングル 最高2位 売上39.2万枚
Girl 山田ひろし 吉田憲右 西脇辰弥 城島
彼女によろしく 工藤哲雄 都志見隆 白井良明 山口
この夜を越えて 山田ひろし 林哲二 西脇辰弥 長瀬・山口・国分
哀しみのBeliever 工藤哲雄 都志見隆 白井良明 長瀬 3rdシングルC/W
ぼくの伯父さん〜My uncle is a nice guy〜 工藤哲雄 都志見隆 白井良明 松岡 4thシングル『ハートを磨くっきゃない』C/W
10 渡せないエンジェル 山田ひろし 青木秀樹 西脇辰弥 TOKIO
11 やっと会えた 朝水彼方 青木秀樹 重実徹 城島・長瀬・国分・松岡・山口

リリースデータ

1995年7月3日 初登場4位 売上13.9万枚 Produced G Directed by Shun Miyazumi ソニー

メンバー

Vocal 長瀬智也
Guitar 城島茂
Bass 山口達也
Keyboards 国分太一
Drums 松岡昌宏

TOKIO2ndアルバム。リミックス盤を挟んで1stから7ヵ月でのリリース。この頃はシングルがほぼ2ヶ月おきとやたらハイペースだったがオリジナルアルバムの間隔は1st→2ndが最も短い。1ヵ月前のリリースだった4thシングル「ハートを磨くっきゃない」が未収録になりこの曲は次回作にも収録されていないが、何故かC/Wは収録されている。前作から売上が下がり、100位以内に4週しかランクインしていないものの現在もオリジナルアルバムでは前作に続く2番目の売上を記録している。スリーブケース入り仕様だった模様。今作は現在もソニーのサイトに掲載されている。

冒頭の「未来派センス」辺りはポップなアイドルバンドという感じで95年当時としてはごく一般的なサウンドになっているのだが…2曲目以降は歌謡&80年代臭が強くなってしまうので、ごく普通のアイドルポップバンド路線の楽曲に「未来派」というタイトルをつけてしまう辺りにいかに当時のジャニーズスタッフのセンスが遅れていたかが見えるような気がする。それでも時代錯誤だった前作に対して時代遅れ程度にまではなったようなイメージ。相変わらずアイドルラブソングばかりでアルバムタイトルのバッドボーイズを体現しているのは笑わないジャケ写くらいなものだが、タイトル通りナイスガイな叔父のナイスガイっぷりを松岡が必死なシャウトで歌いまくる「ぼくの伯父さん〜My uncle is a nice guy〜」は歌詞の異色っぷりが目立つ。この辺りのワケの分からなさ、シュールさも80年代の怨念のようだ。メインボーカルは曲によって違うものの、コーラス等全員で歌っている曲も多く、声も若いのでやはりまだそれぞれの声がよく分からない。ただ後に全くといっていいほど歌わなくなる松岡が国分を差し置いて今作でも単独でリードボーカルを担当するなどかなりボーカル参加しているところは面白い。

Bad Boys Bound

印象度★★☆☆☆

戻る