BLOWING

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
19時のニュース 朝水彼方 西脇辰弥 西脇辰弥  
Ballad For Pure Generation 並河祥太 KARA 西脇辰弥  
あの娘をさがして 工藤哲雄 都志見隆 白井良明  
好きさ〜Ticket To Love〜 工藤哲雄 都志見隆 白井良明 6thシングル 最高5位 売上16.9万枚
Good Bye Baby 工藤哲雄 青木秀樹 重実徹  
JUST YOU,TAKE YOU〜君の瞳に溶けていく〜 工藤哲雄 都志見隆 西脇辰弥 5thシングルC/W
サヨナラからとり戻せ 工藤哲雄 槁一郎 白井良明  
SoKoナシLOVE 工藤哲雄 都志見隆 白井良明 5thシングル 最高5位 売上19.2万枚
涙のウェディングベル 山田ひろし 槁一郎 白井良明 7thシングルC/W
10 じっと見つめて 朝水彼方 林哲司 西脇辰弥 8thシングル『MAGIC CHANNEL』C/W
11 Zettai! 朝水彼方 西脇辰弥 西脇辰弥  
12 風になって 工藤哲雄 白井良明 白井良明 7thシングル 最高5位 売上27.2万枚

リリースデータ

1996年3月25日 初登場7位 売上11.6万枚 Produced by Shun Miyazumi ソニー

メンバー

Vocal 長瀬智也
Guitar 城島茂
Bass 山口達也
Keyboards 国分太一
Drums 松岡昌宏

TOKIO3rdアルバム。前作から8ヵ月でのリリース。前作未収録だった「ハートを磨くっきゃない」はそのままスルーされ、以降の3シングルを収録。今回は1ヵ月前にリリースされていた「MAGIC CHANNEL」が未収録となったが、前作同様に最新シングルのC/Wだけ収録される形になっている。「好きさ」にC/Wが無かったためこの期間の4シングルのC/W全てが収録されたことになる。初期の制作陣で制作された最後のオリジナルアルバムで、この後のベスト盤を持って制作陣を一新する事となる。今回も初回盤はスリーブケース仕様だった模様。

いわばここまでが初期TOKIO。古臭い路線も今作で終了となるが、古臭さの中にも1作ごとに少しずつ現代への進化は果たしている。またボーカルもそれぞれの特徴が表れ始めているようにも思えるが、今作からリードボーカル表記が無くなってしまったのでイマイチ誰がどの声なのかの確信が持てない。売上ではこの頃までがダントツなのだが、この時期のTOKIOにはあまりなじみが無かったし、これ以降はどんどん好きになっていくのだがこの時期に関してはどうにもイマイチ。若い!古い!以外にはとりあえずバンドサウンドになっているだけのアイドルラブソングになっているが、この古さは懐かしさというよりも単純に時代遅れっぽい。そんな中で「Zettai!」はここまでの中では最高峰にアッパーで勢いある1曲で初のリスナー応援歌になっている。初期3作のアルバム曲では最も後期に至るまでライブで披露されていた曲でもあるのだが、「恋愛だけじゃ今の時代はつらいよ」とか歌っているのはラブソング一辺倒だったこれまでに限界を感じていてその後の路線変更を示唆しているかのよう。「風になって」もジャニーズ唯一の高校サッカーテーマ曲になった経緯もあり、応援歌になっている。淡々とした曲で派手さは無いが、変化への兆しが見えるラストである。

BLOWING

印象度★★★☆☆

戻る