Graffiti

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
IとYou気と 樋口了一 樋口了一 森俊之  
約束の場所〜Believe〜 山口達也、
樋口了一
山口達也、樋口了一 吉村健太 山口ソロ
Purple Rouge M.A.BO M.A.BO そうる透 松岡ソロ
オレンジ色の太陽 城島茂 城島茂 森俊之 城島ソロ
BAD NAMED SONG 長瀬智也、
馬場一嘉
長瀬智也、馬場一嘉 長瀬智也、
馬場一嘉
長瀬ソロ
いぶし銀 オレ オレfeaturingジャンボ オレ、ワシ 国分ソロ
Lesson 染谷俊 Stevie Salas Stevie Salas  
逢いたさはつのるだけ 石川華子 山崎まさよし 森俊之  
Crazy Chase HIDEKI HIDEKI 難波弘之  
10 明日は明日の風が吹く 岡部真理子 Anders Hellgren,
Peter Karlsson,
David Myhr
吉村龍太  
11 Julia(Album Version) ジョー・リノイエ ジョー・リノイエ 米光亮 12thシングル 最高10位 売上9.5万枚

リリースデータ

1998年4月1日 初登場9位 売上4.9万枚 ソニー

メンバー

Guitar,Vocal 城島茂
Bass,Vocal 山口達也
Keyboard,Vocal 国分太一
Drums,Vocal 松岡昌宏
Vocal,Guitar 長瀬智也

TOKIO5thアルバム。それまで2,3ヵ月のペースで連発していた中でシングル「Julia」から「この指とまれ!」までが10ヵ月近く開くなど過去最長のブランクがあったが、アルバム自体は1年1ヵ月ぶりとペースを守った。「Julia」は完全な別アレンジで収録され、1ヵ月前にリリースされていた「この指とまれ!」」は未収録。今作ではメンバーが初めて自作に挑戦しており、それぞれ自作した曲をソロで歌っている。アルバムプロデューサーのクレジットが無くなったが、各ソロ曲のプロデュースは各メンバーの名前になっている。長瀬のソロ曲では(通常ボーカル扱いだったためか)長瀬がギターを弾いている旨もクレジットされている。また「Lesson」はStevie Salasのプロデュース表記でスタジオミュージシャンの演奏クレジットになっている。そのため「Lesson」のみTOKIOが演奏していない

今作でも路線変更。前作でかっこつけすぎたのを反省したのか、今回も制作陣を一新してようやく普通というか90年代として違和感の無いロックバンドっぽくなってきた。かなりロック色を強めた曲もあれば、アコースティックでしっとり聞かせたり、国分ソロではかなりふざけたりと自然な感じでバラエティにも富んでいる。「Julia」はどちらかというと前作の路線にさわやか成分を加えたような曲で今作の流れには浮いていたためか、ラストに配置されているが、大幅にリアレンジしてアルバムの雰囲気に合わせているためボーナス扱いにはなっていない。メンバーが自作にチャレンジした辺りからもロックバンドTOKIOの始まりの芽吹きを感じるような1作だ。

Graffiti

印象度★★★☆☆

戻る