TOKIO LIVE TOUR 2002 5AHEAD in 日本武道館

タイトル 作詞 作曲 編曲 備考・アングル
OPENING MOVIE
5 AHEAD LIVE
HEY! Mr.SAMPLING MAN 久保田光太郎 久保田光太郎 久保田光太郎 7thアルバム『5 AHEAD』収録曲
DR 久保田光太郎 久保田光太郎 久保田光太郎&KAM 24thシングル
うわさのキッス 工藤哲雄 都志見隆 白井良明 3rdシングル
どいつもこいつも 安部純 安部純 KaaTo 21stシングル
花唄 TAKESHI 鈴木秋則 島田昌典 25thシングル
あたってくだけろ! 岡部真理子 馬場一嘉 駒形弘之 12thシングル『Julia』C/W
Baby blue 城島茂 城島茂 吉岡たく 7thアルバム『5 AHEAD』収録曲 山口ボーカル、城島アコギ
Sugarless LOVE おちまさと 清水昭男 石塚知生 7thアルバム『5 AHEAD』収録曲 松岡ダンス&ボーカル曲
ひとりぼっちのハブラシ
(Acoustic Version)/桜庭裕一郎
つんく つんく 高橋諭一 7thアルバム『5 AHEAD』収録Ver. 長瀬ボーカル、国分ピアノ
COME ON ジョーリノイエ ジョーリノイエ ジョーリノイエ/鈴川真樹 4thアルバム『WILD&MILD』収録曲
メッセージ 久保田光太郎 久保田光太郎 KAM 22ndシングル
Only One Song TWUNE TWUNE 久保幹一郎 24thシングル両A面曲
T2 国分太一 国分太一 国分太一&KAM 7thアルバム『5 AHEAD』収録曲
カンパイ!!〜ベリーロック・バージョン〜 おちまさと
Bill Martin
Philip Coulter
阿瀬研一
Bill Martin
Philip Coulter
KAM 23rdシングル『カンパイ!!』C/W
Symphonic HIKARI HIKARI KAM 7thアルバム『5 AHEAD』収録曲
36℃ 城島茂 John Pappard&
Marwenna Diame
知野芳彦 7thアルバム『5 AHEAD』収録曲 演奏無しで全員ボーカル
JUMBO 鶴田海生 鶴田海生 Project T 6thアルバム『YESTERDAY&TODAY』収録曲
BACKSTAGE(7分22秒)
SPECIAL ANGLE&MULTI ANGLE
DR 久保田光太郎 久保田光太郎 久保田光太郎&KAM 城島・松岡
どいつもこいつも 安部純 安部純 KaaTo 長瀬
花唄 TAKESHI 鈴木秋則 島田昌典 長瀬
Sugarless LOVE おちまさと 清水昭男 石塚知生 松岡
ひとりぼっちのハブラシ
(Acoustic Version)/桜庭裕一郎
つんく つんく 高橋諭一 国分
メッセージ 久保田光太郎 久保田光太郎 KAM 山口
T2 国分太一 国分太一 国分太一&KAM 城島・国分・山口
カンパイ!!
〜ベリーロック・バージョン〜
おちまさと
Bill Martin
Philip Coulter
阿瀬研一
Bill Martin
Philip Coulter
KAM 城島・松岡・山口
Symphonic HIKARI HIKARI KAM 城島・国分・長瀬・松岡・山口・全員
36℃ 城島茂 John Pappard&
Marwenna Diame
知野芳彦 国分・長瀬

リリースデータ

2002年8月7日 順位・売上不明 Produced by JULIE.K ユニバーサル

メンバー

Guitar,Vocal 城島茂
Bass,Vocal 山口達也
Keyboard,Vocal 国分太一
Drums,Vocal 松岡昌宏
Vocal,Guitar 長瀬智也

TOKIO4thライブ映像作品。2ndライブDVD。通算4作目、DVDとしては2作目。ユニバーサル移籍後最初のライブ作品。移籍第1弾アルバム『5 AHEAD』をひっさげてのツアーの最終地、日本武道館でのライブの様子を収録。MCほぼカットの演奏シーンのみの収録になっている。アコースティックコーナーやダンスコーナー、また一部の楽曲は完全カットされているが、「Symphonic」の後にインストがかかり、その部分で映像のみがダイジェストで流れる。ファン向けに10曲分は各メンバーのマルチアングル映像を収録。舞台裏映像も7分ほど収録されている。

『5 AHEAD』で一気にロック路線に傾き、バンドTOKIOが強調されてきた時期だが、以前のジャニーズアイドルとしてのTOKIOの色も残ったライブとなっている。前作(99年)に比べるとほぼバンド演奏のみで構成されていてロックバンド色がだいぶ強くなっているものの、単に演奏しているだけではなく、動けないドラムやキーボードは動けないならセットごと稼働させてしまえばいいとばかりに動かして前に出したりと仕掛けが派手。衣装はジャニーズっぽいいかにもな"ザ・衣装"だったり、サポートが何故かダンス&コーラス担当の4人で、装飾音などは全て同期、ソロや数名でのコーナーではほぼカラオケを流すなどしている。松岡がソロボーカル曲「Sugarless LOVE」で歌いながら踊るというのは貴重だ。次回作以降では歌う場面はほとんど見られなくなる。ただし松岡は「Sugarless LOVE」と「36℃」以外ではドラムに専念して歌っていない。これ以外にもボーカルパートに変更があり、「うわさのキッス」も全部長瀬が歌っていたり、CDでは全員にソロがあった曲でもサポートの4人が「どいつもこいつも」のサビ前のパートを担当したり、「Only One Song」のラップを担当したりもしている。普通にバンド演奏しているとサポート4人は盛り上げ要員でしか無くなってしまうし、このサポート4人を随所で生かしているんだけどそこはバンドTOKIOとしてはほぼ不要な部分でもあり、その点がTOKIOとしては非常に過渡期なライブだったといえる。一方で「うわさのキッス」はサビ前のイエイイエイ以外のコーラスを排除してハードなロックバージョンになっていたり、「カンパイ!!」のDVD収録は今作だけだったりとバンドTOKIOの魅力も十分に入っている。今作の構成自体がアコースティックやダンスコーナーをカットしている事からもTOKIOをロックバンドとしてもっと押し出して行こうとする姿勢が感じられ、06年以降の視点になると過渡期に見えるが当時としてはかなり革命的だったと思う。

TOKIO LIVE TOUR 2002 5 AHEAD in 日本武道館 [DVD]      TOKIO LIVE TOUR 2002 5 AHEAD in 日本武道館 [DVD] (09年再発盤)

印象度★★★★☆

戻る