TOKIO

No タイトル 作詞 作曲 編曲 リードボーカル・備考
LOVE YOU ONLY 工藤哲雄 都志見隆 西脇辰弥 長瀬・山口1stシングル 最高3位 売上52.0万枚
こんなに愛してるのに 工藤哲雄 都志見隆 白井良明 国分
恋のカリキュラマシーン ローリー寺西 ローリー寺西 白井良明 TOKIO
シェリー・アムール 日比野そら 青木秀樹 白井良明 城島・山口
明日の君を守りたい〜YAMATO 2520〜
(アルバム・ヴァージョン)
工藤哲雄 都志見隆 白井良明 TOKIO 2ndシングル(カット) 最高7位 売上16.8万枚
ロマンチストは傷つかない 唐珍化 青木秀樹 白井良明 松岡
素顔のままでアイ・ラヴ・ユー 工藤哲雄 都志見隆 西脇辰弥 TOKIO
史上最大のクレイジー・ラヴ 唐珍化 青木秀樹 白井良明 長瀬・山口
White X'mas Eve 工藤哲雄 都志見隆 白井良明 長瀬
10 TOKIO
時代をよろしく!
城島茂&
山田ひろし
西脇辰弥 西脇辰弥 長瀬 1stシングルC/W

リリースデータ

1994年11月21日 初登場8位 売上20.2万枚 Produced&Directed by Shun Miyazumi ソニー

メンバー

Vocal 長瀬智也
Guitar 城島茂
Bass 山口達也
Keyboards 国分太一
Drums 松岡昌宏

TOKIO1stアルバム。94年7月にCDデビュー発表を日本武道館で行い、その後にツアーを実施。94年9月にCDデビューを果たした。この年の紅白にも出場しデビューからの最短出場記録を打ち立てた。CDデビュー発表直前に小島啓が謎の脱退をしてしまい、サポートだった長瀬が正式メンバーに昇格。当時の年齢は長瀬が15歳(11月誕生日のため今作発売時16歳)で城島は23歳(11月誕生日のため今作発売時24歳)だった。シングル1枚のみでのアルバム発売だったが、「明日の君を守りたい〜YAMATO 2520〜」が1ヶ月後にシングルカットされている。既にシングルカットが決定していたためか最初からアルバムヴァージョンとして表記されている。現在においても1stシングルと今作がそれぞれシングルとアルバムでのTOKIO最大売上となっている。だが既にソニーのサイトからも今作の案内は消滅しており、廃盤となっている。ジャニーズ公式サイトでも今作と次のリミックスはジャケ写が掲載されていない。初回盤はスリーブケース入り仕様だった模様。

バンドテイストなアイドルソングが延々並んでおり、全曲が君が好き系の直球アイドルラブソングになっている。80年代までのキラキラアイドルのイメージを94年の時点でも引きずっており、また全体的に80年代歌謡みたいな要素を感じる曲が多く、渋谷系とかが台頭していたこの当時としては明らかに時代遅れどころか時代錯誤なサウンドだったと思われる。通常アイドルのアルバムで数曲入っている程度のバンドっぽい質感の曲のみで構成せざるを得ないという、最早バンドであることが足かせにしかなっていないようなアイドルとしてもバンドとしても微妙な作風である。メンバー表記では長瀬にしかボーカル表記が無いが、歌詞カードには1曲ごとに誰がリードボーカルなのか表記されている。ただ全員歌声がその後と違うので誰が誰だかさっぱり分からない。TOKIO表記以外の曲もそのメンバーしか歌っていないわけではなく、ソロで歌っている曲は無い。また先輩のSMAPが不自然な笑顔120%全開でジャケット、ブックレットを埋め尽くしていたのとは対照的に、笑顔皆無でにらみつけているかのような写真のみで構成されている。ロックバンドということを意識してのものだと思われるが実際の曲の内容が王子様系アイドルラブソングばかりでサウンドもとりあえずバンドサウンドという程度の80年代路線のため、見た目と内容が激しくかみ合っていない。そして何故に山口達也だけがプチV系入っているのだろうか…。00年代以降どころか、ドラマ出演等でメンバーの知名度が増していった97年以降のTOKIOが好きでも恐らく微妙なアルバムだと思う。

TOKIO

印象度★★☆☆☆

戻る