VIDEO CLIPS 2000

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 オープニング       オープニング映像
2 フラれて元気 和気優 神郡健 井上徳雄 11thシングル
3 Julia ジョー リノイエ ジョー リノイエ ジョー リノイエ、
鈴川真樹
12thシングル
4 この指とまれ! 和気優 和気優 佐久間正英 13thシングル 
5 Love&Peace 岡部真理子 樋口了一 佐久間正英 14thシングル
6 君を想うとき 渡辺なつみ 渡辺未来 そうる透、
吉村健太
15thシングル
7 忘れえぬ君へ… 清水昭男
岡部真理子
清水昭男 森俊之 17thシングル
8 愛の嵐 布袋寅泰 布袋寅泰 そうる透
鶴田海生
18thシングル

リリースデータ

2000年3月29日 売上不明 Sony Records

メンバー

ギター 城島茂
ベース 山口達也
キーボード 国分太一
ドラムス 松岡昌宏
ボーカル 長瀬智也

TOKIO2ndPV集映像作品。VHSとDVDでの発売。DVDとしては今作が1stとなる。96年の1stPV集VHS『TOKIO VIDEO CLIP SELECTION』の続編となっており、前作以降の7曲のPVが収録されている。なお前作である『TOKIO VIDEO CLIP SELECTION』はDVD化されていない。現在ソニーのサイトからも存在が抹消されている(ジャニーズ公式には掲載されている)。かろうじて「LOVE YOU ONLY」のみが2014年のベストアルバム『HEART』初回盤DVDに収録されたのみ。また今作でも収録範囲のシングル1曲目では「何度も夢の中で繰り返すラブソング」が未収録。さらにこの1年後に移籍したため、今作以降にソニーからリリースされた「みんなでワーッハッハ!」と「恋に気づいた夜」は商品化すらされていない。今作と同時発売で前年にVHS化されていたライブ映像作品『TOKIO 1999 LIVE IN 日本武道館〜君を想うとき〜』がDVD化されている。今作以降も旧作のDVD化が期待されたものの、ソニー時代のDVD発売は結局この時のみだった。

この時期はバンドとしてTOKIOを見せる気が全く無かったようで、楽器を持たないイメージ映像が大半を占めている。演奏シーンが出てくるのは「Love&Peace」、「忘れえぬ君へ…」、「愛の嵐」の3曲だけ。「フラれて元気」〜「この指とまれ!」までは固定カメラの前でメンバーがふざけまくっていたり、暗い倉庫みたいなところでかっこつけていたり、夜の屋上で馬鹿騒ぎしていたりと、特に内容らしい内容が無く、切り替えも早い忙しない映像になっていて曲にも合ってない。「君を想うとき」はストレートに演奏しているシーンで構成するだけで絵になる楽曲なのに何故か楽器を持たずにメンバー棒立ちで熱唱している始末。「Love&Peace」と「忘れえぬ君へ…」も演奏シーンはあるものの、メインでは扱われていない感じで、さすがにハードなロックサウンドに挑戦した「愛の嵐」になるとようやく演奏シーンがメインになっているかという程度。後追いで見ると改めてユニバーサル移籍以降のバンドTOKIOの飛躍が素晴らしいものだったと思えてくるが、それにしてもソニーは当時のTOKIOをどういう風に見せたかったのかよく分からない。ちょっとダラッとした不良っぽさみたいなのが漂っていて正統派のジャニーズアイドルっぽさは皆無なんだけど、親しみやすさもそんなに感じられないし…。バンドTOKIOのカッコよさはほとんど感じられないものの、これ以前の作品がVHSのまま放置されているため、若き日々のメンバーのやんちゃな姿が拝めるというだけでも貴重な1作という捉え方が今となってはベストだろうか。

ただ移籍の際に改めて総括したフルPV集をDVDとして残しておいてくれても良かったんじゃないかと思う。今作自体は直近のアルバム『Yesterday&Today』のジャケットデザインを流用した手抜き仕様でメンバー写真も一切使われていないし、おまけ映像的なものも無い。曲間でリミックスした音源がわずかに流れる程度。35分しかないのに当時の定価で4305円というのもかなり割高だ。

VIDEO CLIPS 2000 [DVD]DVD   VIDEO CLIPS 2000 [VHS]    

印象度★★★☆☆

戻る